2014 10月 30日

ステンドグラス講習会

JA女性部の支部でステンドグラスの講習会が行われた。

今月13日のブログ「ガラスの向こう側」で書いた、藤木五月先生をお迎えして・・・
いよいよ山々の紅葉も散り、寒々とした山々の山頂には白い羽衣をまとった姿が見える。
一山越えた、西興部村「森夢(りむ)」というホテルや公民館を併設した立派な建物がある。
そこの一室を借りて開いた。

ステンドグラス講習会2
参加者6名。パーキンソン病でありながらも、明るく冗談を飛ばしながら楽しく会話が弾む中、初めて体験する作業にみんな真剣。

ステンドグラス講習会
2週間前、下準備で用意したリースのガラス。
緑のガラスの色合がとっても綺麗。このガラスの周りに銅線のテープを巻く作業を最初に取りかかる。この銅線の上に半田コテで鉛を溶かしながら繋げていくとの事。

ステンドグラス講習会3
藤木先生、おしゃれもお化粧もきちんとする私たちと同年代。
ご主人を始め家族の事や同じパーキンソン病の友達のことなど、なんでも楽しく話して聞かせてくれた。ステンドグラスをするほかにも、お菓子を作ったり、お客さんを自宅に招いてお料理をふるまったり、ネットで友達とチャットをしたりカラオケも大好きなのだそう。スゴイです。
先生のはめている指輪・・・ご主人が作ってたもの!そんなおのろけも頂戴しているウチに・・・・

時間が無くなってしまい、完成できずに帰宅時間 汗

結局 先生から道具をお借りして、あとは自力で完成させることとなってしまった。

ステンドグラス講習会4
とりあえず半田コテでパーツをつなぎ合わせたまで、これからまだ小さな赤いビー玉を付けたり、仕上げ作業が残っている。一応やり方は見て聞いてきたのですが、果たして完成できるのかしら?
このままでも、私的には充分だわ♪

慌てて片付けをして帰って来てしまったので、藤木先生とみんなで記念撮影することも出来ずに残念。

でも、楽しい一日が流れた。