2014 11月 29日

生き方

本日、52回目の生まれた日。
ここのところずっと慌ただしく、次から次へと仕事・雑用・行事などをこなす事だけに気を取られ自分のことなど振り返ることもなかった。
友人からの贈り物が届いて、誕生日だったんだ・・・と我に返った。

贈りもの

小さなカードには短いけれど嬉しい言葉で溢れていた。
友人とはほとんど普段はメールすらあまり交わさない。
でも、ブログを通して、見守ってくれているのだと・・・贈りものの中をみて感じた。

酷くうれしさが込み上げてきた。

料理本・・・それもパーティスタイルのもの、ビストロまがいのことをやっていることを察して・・・
そして、たくさんのドライフルーツ。私がドライフルーツいっぱいのパンを焼いている事を知っているから・・・ そんな事は一言もメッセージに書かれていない。

一年に一度会えれば多い方なのに・・・

こんなステキな気遣いに胸が熱くなる。

 

自分の生き方について向き合うことなんて、、、あまりない。
学生時代なんて生き方なんていうことに関心さえ無かった。毎日退屈な授業を過ごすだけに、大した目的も夢もなく通ってたような学生時代(高校時代まで)。結婚して全くの他人の大家族との同居、経験のない酪農と子育て、経営不振のまっただ中で毎日、何年ももがいている中、自分の生き方なんて考える暇さえなかった。

やっと子育ても終わり、仕送りも終わった時には50歳を過ぎ・・・
これからの生き方について関心を持つようになった。 人の生き方や姿勢に触れる度に自分は何がしたいのだろう、これからどんな生き方をしたいのだろう?と自問してみる。人の生き方をとやかく言うの簡単。

最近、ある友人のネット上に載せられた一枚の写真を目にした。

見た瞬間 思わず涙がつたう。
決して涙が溢れるような写真じゃなかったのに。。。。
その一枚の写真に彼女の陰の努力の賜を見た感じがして。。。もう還暦も遠うに過ぎているのに、彼女はまだひたすらに努力している姿がそこにあった。

私の生き方の見本のような彼女。

心に焼き付いた一枚の写真。52歳の最高の誕生日の贈りものだと思った瞬間だった。

 

かざぐるま
たくさんの知人・友人・親戚・・
何年も何十年も顔を合わせていない人のほうがはるかに多い。

でも 時々脳裏にふと思い出す事がある。
どうしているだろうか?と・・・空を見上げる。

でも、いつもそれで終わってしまう。
思い切って電話やメールしてみようか?と手にするものの・・・また手にしたペンや携帯を置いてしまう。

 

かざぐるま・・・風を吹きかけないと回らない・・・

息吹きかけてみたら きっと回るはずなのに・・・
脳裏の中だけでは、風は・・・吹かないから・・・

 

でも、いつも「思い」だけはあるの。