2015 3月 24日

やけくそな感じ

ぼーっとしていたわけではありません。
何かだ、気持ちが激動の一週間でした。

年度末、様々な総会やなんやらかんやらで慌ただしくしていたところに、更に追い打ちを掛けるような、ま・まさかの・・・私にとっては重い役職を強いられ・・・酷く気を落とす事態に。

驚き牛

そんな事態を知った知人が「おめでとう!」って、大げさにケーキを持ってお祝いに駆けつけてくれた。
めでたくなんてないんですけれど!って思うけれど、ありがたいですね。
その彼女も以前に同じ役職を酪農業でありながら2年もこなして来た方ですから・・・ありがたいって思える。

考えただけでも、この一年どんな忙しさが巡ってくるのだろうと思うと恐ろしや~です。
組織の役員になると、あれもこれもと他の組織から付いてくる当職。
へっ!?そんな会議にも出なくっちゃならないの?って、、、知識の乏しい私に何が出来るんでしょう?

とてもやけくそな気持ち、強く断ることの出来ない自分を恨めしく思いながらも、全うしなくてはなりません。大人ですからと・・・自分で自分を慰めつつ、やるしか無いでしょ言い聞かせながら開き直り。 それでもまだまだ複雑な気持ちにはかわりません。

 

と・・・そこへ、思わぬ方から、来週北海道へ行くのでお邪魔したいというお話が突然舞い込んできて、これまたビックリ!

次男の結婚式以来ですから3年振りの再会です。
何だか 急な話でしたけれどとても楽しみです♪

ちょっと気重なことばかりだったので、楽しい予定が入ってHappyな気分です。

 

昨日からお彼岸のぼたん雪が降ってます。

畑が見え始めるのはあとどのくらい先のことなのか・・・まだ予想もつかないほどの雪原が広がっています。

 

2015 3月 18日

家畜市場調査へ

昨日、佐呂間にあるホクレンの北見地区総合家畜市場へ足を運んだ。

市場を見に行くのはもう10年振りのことだと思う。

ここのところ、日本の輸入牛肉の買い負け?による牛肉の輸入が大変厳しい状態にあるらしい。
従って国産牛肉の価格も上がっているように思える。
従って、私たち酪農家から出荷される、産乳量が下がったり、繁殖が悪かったりする牛は食肉へと回す廃用肉の単価がここの所 随分と高くなっている。併せて、将来食肉となる初生トクの値段も上っがってる状況にある。

先日 とある農家さんから、市場に出すと8万~10万で良い初生トクは買い取られるし、F1のオスも20万近い値が付くと・・・更に初生メスホルも生後一ヶ月でも20万近いのだとか・・・

この状況を聞いて驚いた。

我が家は、市場に出す事はなくて、ずーっと庭先集荷でトクや初生のメスホルも売っているけれど、最近でも、どんなに良くたってこんな値段は付かない。

この値段のギャップを感じて、今回思い切って市場の現状調査と銘打って足を運んでみた。

市場

およそ500頭のホルオス、F1、黒毛和種、ホルメスなどの生後1ヶ月以内の仔牛が管内各地から集められていた。その頭数に圧巻。

午前10時半、ホルオスから競り開始。畜産関係者が牛を見定めて競り落とされていく。

市場5 市場6

上の写真の中央あたり、ピンク色の金枠を背中に乗せられているのが、競り最中の仔牛。
下の写真の右側の電光掲示板にその仔牛の個体識別番号、生年月日、所属農協、仔牛の健康状況などが掲示され、左の掲示板には、仔牛の体重と競り落とした購買者番号、そして税抜きの落し価格が掲示される。

繫留されている500頭もの仔牛達
それはそれは千差万別、扱いの善し悪しが一目瞭然。
こんな酷い状態でも市場に持ってこれるの?と驚愕するような仔牛も多々。

市場4
下痢をしている牛も多く、 長期下痢をしていたんでしょうね、おしりの毛が無かったり、痩せてコケコケだったり、怪我をしている牛だったり、多いのは臍の状態の悪い牛。芯があったり化膿していたりとう健康特記がある牛。 後は先天性の足の奇形。

市場3

この写真のように良く管理されてきた仔牛達は きっとカーフジャケットも着せて貰って居たのだろうと推測がつくほど身体はぴかぴかで毛も短く、見るからに健康的。やはりこういう仔牛は高値がつく。

健康状態の特記欄に下痢・へそ芯とかが明記されていても、毛づやが良く一見健康そうな牛は割と高値が付いたりする。庭先取引だとまず、集荷さえしてもらえない。
競りの様子を見ていると、なかなか面白い。

市場開場には当JA職員さんや知り合いの馬喰(ばくろう)さんもいて、少し話を聞く事が出来た。

開催時期、購買者の多さや、そのときの国内食肉状況によっても価格は上下するけれど、今回は割と高値だったとか・・・

中には買い手が付かない牛も数頭居たけれど、それでも500頭の内、20頭ほど。結構、悲惨な牛でも買い手がいるんだと思った。

ちなみに今回のホルオスの最高値は115,560円(税込) 最低値2,160円(税込)、平均57,000円

庭先だとこの平均値ぐらいにしかならないな・・・・

 

次回は市場に出してみようと思う。 自分のウチのホルオスがどのくらいの値が付くのかちょっと興味がある。

市場2

こうして市場に出向いてみると、自分の哺育のレベルが認識できるし、買い手の動向も理解できる。

なんでも、百聞は一見にしかずですね。

有意義な市場見学になり、一緒に同行してくれた皆さんにも感謝です。

 

2015 3月 16日

血液型

今日は4ヶ月ぶりに献血をしてきた。

なかなか健康診断にも行けないので、せめて献血をして、送られてくる血液検査結果だけを頼りにしているので、マメに献血に行く事にしている。

けれど、時々比重不足で出来ない事もある。
今日は大丈夫でした。 後は血液検査結果を待つのみ。

 

血液型による性格診断って、皆 何故か大好きですよね。
血液型を聞いて人を判断してしまう人も多くて、少々困りものだったりもする。
だけど、最近は本当に良く血液型による性格判断が分析されていて、結構、ある!ある!って納得できることもかなり多いですね。

私は、初対面や付き合いの浅い人には、A型かO型?って聞かれることが多い。
猫かぶりの術のせいなんでしょうね 笑
B型なんです・・・と話すと・・・引かれる。
でも、仕方が無いです。持って生まれた血液型ですし、B型は少数派ですから、矢面に立たされるのは仕方が無いです。

 

さて、牛にも血液型は明確にあるのか?ちょっと気になって調べてみた。

人はA・B・O・ABの4種類と、 Rh(+)・Rh(-)2種類の血液型因子がある。

牛はA・B・C・Fv・J・L・M・N・Su・Z・R’s’・F型の12種類 更に血液型因子は80種類以上もあるそうです。でもB型が圧倒的に多いそうですよ。もちろん 人のB型とは違うそうで、牛は人より少し弱いB型だそうです。少し弱いってどういうことなのか、ちょっと分かりません。この少し弱いB型の動物は他にもウサギ、イヌ、ネコ、ブタ、カンガルーなんかが入るそうです。

牛1071 

 

ちなみに、人間のB型に近いのはオラウータンやカメ、カエルが入り、

チンパンジーはA型とO型
ゴリラはA型・B型・AB型 だそうよ。

でもほとんどの動物はB型が多いらしくて・・・・

と・・・いうことは、やはり人のB型は 野性的っていうのでしょうか・・・動物的っていうんでしょうか・・・・
なーんか やはりイメージ良くないのかな?

ロッシー

アメリカやオーストラリアでB型は非常に少なくて、反対に中央アジアのインド・イラン・アフガニスタン・パキスタンでは圧倒的にB型が多いらしいです。

国によって、かなり違うみたいです。

 

いずれにせよ、献血は人の命を救うために人にしか出来ない善意ですから、これからも健康な限り献血に行こうと思います。

 

2015 3月 14日

子やぎ誕生♪

こやぎ5

昨日、母やぎのメイちゃんが4回目の出産。

今回はメスが2匹でした。

山羊はいつも安産です。
今回はバースコントロールをしっかりして3月に生まれるようにしていた。昨年は1月の大寒の日に生まれてしまったので、耳が凍傷になってしまったりと可愛そうだったので、今回はしっかりとね。さすがに3月も中になると暖かくて、全く心配がない。

過去3年3回出産した子ヤギたちも、みんな貰われていって、どこかで可愛がられているらしい。
昨年生まれた、メスの寒ちゃんは一年地元の酪農家さんで飼われていたけれど、この春どうやら茨城だか千葉で是非に欲しいと貰われていってしまったとか・・・ 旅に出る前に偶然、寒ちゃんに会いに行っていて良かった♪ 我が家の子ヤギ 本州まで進出しているのね。

こやぎ2

子ヤギの姿は本当に可愛くて和むわ~。啼き声も可愛い♪

こやぎ3

今回の2匹は一匹はちょっとしゃくれ顔。やんちゃそうです。

毎日触って抱いて撫でて・・・人慣れさせておかなくっちゃ。

この2匹はどこへ貰われていくのかしらね~?

ご用命はお早めに!

こやぎ 

 

 

2015 3月 10日

まーぴーずの付箋

 

本日、帯広からのお客様から頂いたプレゼント。

すごくイイ~♪ 驚きと感動です。

まーぴーず付箋

この付箋、手彫りのうえに、この付箋紙に一枚一枚手押しなんです。
付箋一束95枚を一枚一枚めくって手彫りのゴム判を押していくという純手作業。
一枚でも押しミスしてしまうと廃棄なんですって・・・・

そんな心のこもった、しかも酪農シリーズですよ♪
中央の付箋は防寒対策のカーフジャケットを着ている仔牛! なーんてレアな作品なんでしょう。

酪農家ならいつも使いたくなる、そんな楽しい付箋。

メモ書きが楽しくなります。

まーぴーず付箋4

パンフレットを見るとこのほかにも40種類近くもの酪農シリーズがあって、面白いところでは、牛の汚れ落としの「金ブラシ」、「バケットミルカー」、「牛の爪跡」等々どれもこれも、手彫りならでは温かく、クスッとするような作品ばかりです。

まーぴーず付箋2

この「まーぴーず」というショップは、
北海道総合福祉研究センターの「傾聴の手引き」を手がけているイラストレーターの「ましまましこ」さんの手彫りのゴム判の作品を付箋にしたもので、この収益金は北海道共同募金に寄付し北海道の福祉に役立てられているそうです。

付箋が入っていた、まーぴーずの袋も綴じシールも、もちろん、ましまましこさんのゴム判です。

ネットで購入できる見たいです。
酪農シリーズはネットには載っていませんが、問い合わせて見たらいかがでしょう。犬・猫などのシリーズもありますよ。

http://merpies.shop-pro.jp/

 

ステキな温かいプレゼントありがとうございました。
きっと使い切ったら、必ず注文しちゃうと思う!

 

今日も夕方遅くから暴風雪予報とかで・・・・
ドッサドッサと雪が降り始めています。

 

どうか、酷くなりませんように・・・・