2015 5月 13日

農家研修

昨日から研修生が入っている。
新人職員の研修の一環で農家に滞在して実際に農家の生活や作業を体験し、今後農家経営や農家生活における実践的知識や技術のスキルアップに繋げる目的として、我が家で2週間受け入れることになった。

昨年道内の大学を卒業し就職。昨年一年間先輩職員に付きながら農家周りその他の研修を重ねてきている。

畜産担当として配属されている。大学時代、搾乳のアルバイトなどもした経験があるため牛は怖がらないので、初日からそこそこ働けている。

昨日は午後、我が家入りして、すぐにバンカーの洗浄作業に取りかかって貰った。

研修生
すぐに終わるかのように見えるこの作業・・・・
バンカーの底面のコンクリートが劣化しているため、サイレージが食い込みなかなかすぐには綺麗にならない。少し洗浄してはサイレージやコンクリートの小石や砂をスコップですくっては排除しながら、また洗浄するというくりかえしの根気のいる作業です。床面がつるつるの新しいバンカーの洗浄なら時間もかからずすぐにきれいになるのだけど、年々劣化が進むほどに洗浄にも時間がかかってしまう。

それでもこの洗浄作業は欠かせない。

人でいうなら、食事のための器ですものね。
汚いお皿に食べ物は置けないですから。

研修生2

ということで、Nちゃんにも頑張って頂きました。
すでに洗浄ガンを握る手が筋肉痛になったとか 笑

濡れた小石混じりのサイレージのゴミをスコップですくい上げる作業も腰に来ます。

初日から重労働だったかしら?

その後はすぐに搾乳。

取りあえず初日無事終了。

2週間のたむら牧場での研修、さてさて・・・何が起こり、何を得られるのか
楽しみですね。
あと13日、頑張ってね!