2015 6月 14日

じぃーじとばぁーばになった日

昨晩、待ちに待った連絡が届いた。
次男夫婦に待望の赤ちゃん誕生の知らせ♪

私たちにとっては初孫になります。

6月13日、じぃーじとばぁーばになった日です。

初孫

2550gの小さいけれど元気な男の子♪
小さなお嫁チャンだけに心配でしたが、初産とは思えないほどの安産だったとのこと、良かったぁ~

すぐには逢いに行く事は出来ないけれど、一番草が終わる7月始めまで我慢、我慢。

送られてきた写真の赤ちゃんの手は思いのほか大きい♪きっと器用な子になるわ~♪

さっ、私たちもやっと孫ばかの仲間入りです♪

2015 6月 14日

大脱走&捜索劇

ハプニングは突然起こるもので・・・
先週金曜日午前中の事。
親戚の家族が遊びに来ていた。
仔牛を見せて下さいとのことで、どうぞ見ていって~と私は別の場所で作業をしていた。
まもなく、小さい子供の母親が血相を変えて、「仔牛が逃げちゃったぁ~」と走ってきた。

脱走
よほど何かに驚いたのか、飛び出し防止のために切れにくいハウスバンドを張ってあったけれど、ぶち切って飛び出したもよう。

仔牛がハッチから脱走することは良くある事で(笑)、大げさに思っていなかった私。大丈夫!大丈夫!すぐに私が行けば捕まるから~と言ったものの、
すでにそこらへんに姿が見えない。
どっちへ行ったか聞いてみると 「あっち!」と・・・

すでに牧場の敷地を脱出し、国道を渡り、お隣の牧場のデントコーン畑を横切り牧草畑を黙々と走っている後ろ姿を発見!その距離300m程、走って追いかけても追いつくものじゃない。 その先には小さな川が流れる堤防を駆け上がってしまい姿を見失ってしまった。
どうも、川を渡って川沿いに山に向かっている足跡があり、ご近所の酪農家さんも総出で捜索に当たってくれた。

いくつもの沢を渡り、とうとう家から2kmも離れた山中に逃げ込んでしまった様子。笹をかき分けながら登った事もない崖同然の山肌を登り、探す事3時間、一度山の中で姿を見つけたものの、更に上に駆け上がって逃げてしまい、人間の方が体力的にも無理、山中で迷子になってしまうということで、捜索を断念した。

生後1ヶ月、ずーっとハッチの中で過ごしてきたのに、こんな山中を逃げ回る体力がどこに有るんだろう!って驚いたし、こんなに無謀な行動にでる仔牛は今までに経験がない。

熊に食われちゃうだろうか? 野生牛になってしまうだろうか? こんな山の中に入ってしまっては戻ってくる事も不可能かもと・・・諦めようと思った。
月曜日、警察に行って紛失物届けを出さなくてはと思っていた。(牛が行方不明になったら警察に紛失物届けを出さなくてはいけないのですよ、行方不明牛は落とし物扱いなんです 笑)
翌日も、しゃちょーが裾野に仔牛が降りてきていないか何度か見に行っていたけれど見つけれずにいた。

そして今日早朝、2日前一緒に捜索してくれた農家さんが仔牛が近くの畑にいると連絡をくれたんです! その農家さん、搾乳の時間にも関わらず総出で手伝ってくれ、丸二日の逃走を経て見事に御用となりました!
もう奇跡でした。 諦めていた雌仔牛だけに凄く嬉しい♪

脱走2脱走3

丸二日、山中を徘徊していただけに、目の周りや耳にはダニがびっちり食いつき、涙目になっていました。
やれやれ・・・・本当に手のかかる事!

でも、捜索を手伝ってくれたI牧場さん、S牧場さん本当に忙しい中ありがとうございました。深謝です。

ほらね、ハッチの中は極楽でしょ?
まだ、名前も付けていなかったから、網走監獄の有名な脱獄囚「白鳥由栄」をもじって付けようかしら?
たむら牧場の歴史に残る迷牛だわ!