2015 8月 10日

十勝かけ巡り その1

週末、1泊で実家のお墓参りにひとり帯広へ

途中、上士幌町で開催中の北海道バルーンフェスティバル会場に寄り道。
プログラムでは朝7時より競技開始となっていたけれど、十勝のお天気は霧雨で酷く寒くて、やっていなさそうな感じ・・・
8時現地に到着、駐車場のお兄さんに今日は競技出来るのかしら?と尋ねたら、これからお天気が回復とのことなので回復次第開始します!とのことだった。
会場では熱気球の試乗会だけが行われていて長蛇の列。
一度乗ってみたいと思ったけれど、この長蛇の列では今日のスケジュールがこなせないと断念。
十勝の各地区のおいしいもののお店がたくさん立ち並んでいて、朝8時からでも7割ほどのお店が営業して賑わっていた。
バルーンフェス3
気球焼
コレ、上士幌名物「熱気球焼き」なんだそうよ。
バルーンの形をしているの。あんとクリームの2種 どちらも食べたけれど美味しい♪お焼きを食べつつ待っていると、いよいよ競技開始の様子。

上士幌高校熱気球部が準備を始めた。さすが、開催の地元高校!熱気球部なんて存在するのね。スゴイ!
7~8名ほどでバルーンに最初は風を吹き込み膨らまし、その後バーナーで空気を暖め空に浮き上がらす様子をひと通り見られて、感動。

バルーンフェス6 バルーンフェス7

バルーンフェスバルーンフェス2
生憎の曇り空だったけれど、初めて目にする熱気球の大きさと熱気球に魅せられている競技者のロマンを感じることができた。
一時間ほどの滞在後、しゃちょーが大学時代実習でお世話になった帯広市川西にある牧場を訪問。もう数年ぶり。アポ無しの突撃訪問だったけれど、昔と変わらぬ親方夫婦の笑顔がそこにあって、30数年の時の流れの中での昔話や現況など、話は尽きなかった。現在はすっかり引退し若夫婦だけで作業している様子。牧場が継承されていく尊さを感じた。

やっと実家へたどり着き、両親と共に3カ所のお墓参り巡り。
その足で新得町の「十勝千年の森」まで足をのばし、山羊のチーズを購入。

千年の森
千年の森4千年の森3
広い森の中にガーデンと山羊や羊の牧場があって、そこで生産された山羊ミルクで作られたチーズが数種類販売されている。
私のイチオシ、「雪むし」
雪むし
モッツアレラの中にブラックペッパー入りのクリームチーズが2層になっている優しい味の山羊チーズ。 とっても美味しい♪
十勝ナチュラルチーズコンテストの創作部門で優勝したチーズなんですよ。
ネーミングはすでに初冬を思わせるけれど、皆さんも是非に!パッケージも可愛いです。

千年の森5
売店で売っていたアイス。
コレ、実は私たち夫婦の大学時代の同級生の牧場アイスなんです。
やっと食べることが出来ました 嬉しい♪
十勝アルプス牧場はブラウンスイス主体の放牧酪農を極めているところ。昔からこだわりの強い性格のひとだったけれど とにかくユニークさは人一倍の彼。そんな彼がミルクジャムやアイスの販売も手がけていると聞いていた。

早速食べてみると、濃厚なアイスかと思いきや、以外にあっさり軽く仕上がっていて私好み。美味しいです♪

この他にも実家の父の自慢のスイカ畑見学とうんちくを聞く 笑
しゃちょーの妹夫婦宅訪問で馬鹿話。
帯広市場で十勝物産の物色などと盛りだくさんの一日終了。

翌日も駆け巡りました!

 

2015 8月 07日

笑いの日

暑い、暑いと昨日まで言っていたのに、今日は涼しいを通り超して寒い!
今日の最高気温19℃。
何をやっても汗もかかず、快適♪ 生き返った一日でした。

日本には面白い団体が存在するんですね。
笑いの文化的発展を目指す日本笑い学会北海道支部「北海道笑ってもいいんでない会」が笑い声のハッハァ~にかけて、明日8月8日を「北海道笑いの日」とすることを目指しているらしい。この会は今年2月に北海道知事に「笑いあふれる健康な地域づくりのきっかけにしたい」と北海道笑いの日制定を道に申し入れたとの事。 北海道知事も4月の知事選公約に健康延伸策の一環として「道民笑いの日」制定構想を盛り込んだそうです。

笑いの日の定着をめざしPR活動もこの団体では活動を進めていくらしく、

午前8時8分に88秒間ほほえむ。

山羊のほほえみ
とっておきの笑顔を8人以上のひとに届ける

笑う牛
8年後の自分に幸あれと願い、笑顔でぐっすり休む・・・
爆睡ネコ

などなど道民笑生活8ヶ条も提笑するとのこと。

と・・・こんな記事が以前新聞に載っていました。なるほどね~

笑えることが幸せであり、笑うことで健康になれたり、さらに幸せを呼び集める魔法だったりする。

そうだ!笑えるように ゆっくりしっかり寝よう!!! 笑

 
農業塾2015 (276)
農業塾、一日を通して一番笑顔だった二人の女の子♪
なーんでもよく食べて笑ったね。
来年もこの笑顔に会いたい♪

 

2015 8月 03日

農業塾2015

快晴のお天気!
もう何回目なんだろう?今年も夏の一大イベント「もんべつ農業塾」が開催された。
今年の当番牧場は紋別市藻別地区の高橋牧場さん
農業塾1
前回初めて当番牧場として実施してから2度目、以前にもまして牛舎環境整備にとても力が入っていて、ご夫婦のその実力・行動振りには目を見張ってしまう、素晴らしい牧場です。

回を重ねるごとに、常連の参加者も増え、今年は過去最多の参加者。古くからの参加者の子供達も高校生に成長し、いつの間にかスタッフとして巻き込まれてしまっている 笑
農業塾4
もう高校生のふたり。今回は「バター&ミルク」のコンビ名でバター作りの説明をしてくれた。スゴイでしょ。参加者もとても親近感が沸きます。
そして、酪農家の子供達も裏方スタッフとしてしっかりジャガイモの皮むき(ムッキー隊)など手伝ってくれ、頼もしいの♪
農業塾3
なーんか、こういう姿ってとても嬉しくなってしまう。
大人主体のイベントじゃなくて、子供達もスタッフとして自然と参加しているなんてステキなことです。

農業塾13
農業塾12
牛舎見学や哺乳体験。毎年初参加の子供達や大人達の表情が見ていて楽しい♪
農業塾5
スタッフに進められて仔牛に自分の手を舐めさせて見ることにチャレンジ。
初体験する事子供達の勇気の表情が思わず、クスッとしてしまう。

農業塾14
いつもおきまりの昼食の地元産の小麦で焼いたパンと、地元の農家さんで収穫されたジャガイモ。シンプルだけど、自分で作ったバターと外で大勢でわいわい外で食べるのが美味しくて、笑顔が溢れる。

農業塾8
搾乳体験、楽しそうです。
農業塾9
怖々の小さな子の表情、良いね~。きっと来年は「ボク、やったことあるもん!怖くないもん!」って言いそうです。
農業塾6農業塾7
獣医さん体験。
獣医師の指導でまずは自分の心臓の音を聞いてみる。
初めて聞く自分の心臓の音・・・不思議な顔
そして、人の10倍もある牛の心臓の音と聞き比べてみる。新しい世界の音ですね。生きているっていうことを音で感じる瞬間です。

農業塾10
そして、今年も盛会のうちに農業塾修了することが出来た。
最後、集合写真は塾長のかけ声に合わせて「写真は爆発だぁ~!!!」って
大声で全員 笑 (写真をクリックして、出た画像を再度クリックして大画面で見てね)

スタッフも参加者も楽しい充実した一日でした。
また、来年も開催します。 是非、また 会いましょう~!!

当番牧場のご家族、そしてスタッフ関係者本当にお疲れさまでした。
そして、協賛して下さった各社から頂いた品々は、参加者全員にクイズの賞品として、参加賞として配り、みんな中を開けてみて笑顔いっぱいで持ち帰りました。ありがとうございました。

写真を見てお気づきでしょうか?みんな同じ麦わら帽子かぶっているでしょ?
これも協賛してくれたところから頂いたものなのですが、これが以外にも大人気! みんな喜んで被ってくれたんです。良く似合うの!
来年もコレを被って参加してきてくれると感激しちゃうな!

 

2015 8月 01日

夏のおやつ♪

明日は農業塾、朝からずーっと立ちっぱなしのスタッフ。昼食時でも、スタッフ席なんてないため立ったまま食べるんです。
農業塾が閉会したあと、後片付けなどを済ませると、すぐに家に戻って夕方の搾乳に突入。正直、本当にくたくた疲れ果てます。
だんだん歳もとり、疲労感で重たい足を引きずり搾乳するのも堪えると言う事で、昨年から酪農ヘルパーさんを頼んで楽させて頂いています。ヘルパーさんが来てくれると思うだけでスタッフ業にも力が入るというものです。

明日のヘルパーさんは、2ヶ月ほど前にこの地区の専任ヘルパーに就任してくれた若い女性の方が派遣されるとのこと。我が家に来て仕事をしてくれるのは初めて。
そんな彼女のために搾乳前のおやつを用意してあげようと、2種類作っておく事に。

ラズベリーのヨーグルトムース
勝手に倉庫にしているD型ハウスの際にわっさりと自生しているラズベリー、今年も実っているので毎日のように少しずつ収穫して、コツコツとソースや実をそのまま冷凍してストックしているので、それを使ってラズベリーのヨーグルトムース。
爽やかな酸味に出来上がっています♪ 我ながらクオリティー高し!
と思ったけれど、いかんせん酸味に弱いしゃちょー、許容範囲から外れるらしい。 あらっ ダメでしたか?

バジルとパインのヨーグルトフローズン
以前行ったレストランでデザートにバジルとパイナップルのソルベが出され、驚くほど新しい美味しさに感動。真似て作ってみた。
ヨーグルトを使ってアレンジ。
パイナップルとバジルのヨーグルトフローズン♪みたいなぁ~
レストランほどではないけれど、バジルの風味がさっぱり爽やかで、美味しい。自画自賛。
アイスクリームメーカーがあると何でもすぐにチャレンジ出来て楽し!
けれど・・・しゃちょー、バジルでなくていい・・・と一言。

酸っぱいのダメ、 薬草臭いのダメ・・・ 不評の2作。

まっ しゃちょーに食べさせるのに作った訳では無いので~ 良しです。

 

 

2015 8月 01日

デントコーン2015

ここ数日ずーっと雨の落ちない日がなく、蒸し暑い。
まるで本州の梅雨みたい。
昨日夕方からは、まとまった雨が断続的に降り続いている。
気がつけば7月も駆け足で通り過ぎてしまいました。自分もいつになく駆け足で走った思いでしたね。

「8月」・・・って、何だかすでに今年も夏が終わってしまうという思いが募り寂しい季節です。世の中は夏休みで行楽を楽しむ最中なのに何故か、寂しく思う。お盆を過ぎれば北海道はすでに秋風を感じるからでしょうね。

昨年のデントコーンは播種後の豪雨に見舞われ、散々な発芽率で反当たりの株数は本当に少なかったものの、平年並みの収穫量が得られホッと胸をなで下ろした記憶も新しい。今年の播種時期は気象的に何の問題もなく播種作業を終えた様に思えたが・・・何故か我が家のデントコーンだけ発芽も悪く、生育もかなり遅れていた。はて、何故?

地域のデントコーン播種作業は整地から播種、鎮圧まで一手に共同作業でこなしている。播種機(プランター)は1台しかないので毎年、しゃちょーが一人で担当している。
が・・・何故か我が家のだけ、プランターの調子が悪かったのか?数本に1列だけ酷く発芽が悪い畝があったりするわけで・・・何だかなぁ~です。
今年は昨年のことがあって株数を減らした方が子実量も増え結果的には例年以上の収穫を得られたことがわかり、今年はあえて播種量を減らしたのに、更に発芽悪く最悪~ 何てことでしょう、世の中上手く行きませんね 笑

デントコーンは積算気温で生育が進んでいくので、今年の様に発芽後ずっと低温に見舞われ発育は酷く遅れていた。
でも、やっと梅雨の様な高温と雨の影響で、毎日驚くほどの成長ぶり!

デントコーン2015、2
やっと私の身長を数日前に追い抜いて、現在は2m弱まで伸びている感じでしょうか?雄穂も最後の止め葉にくるまっていて、出穂ももうすぐです。
もう少し伸びるまで待って欲しい感じです。全体的に生育は1本1本まばらで発芽の悪さと発芽が一斉に揃わなかったのがあとを引いています。

他の農家さんのは全然良いのにね。しゃちょーも自分が播種しただけに、不満のやり場がないようです 笑
土壌の条件なんでしょうか?
9月の収穫直前の収量調査の結果が待たれるところです。

明日はいよいよ、過去最多の参加者を迎えての「もんべつ農業塾」の開催日!
お天気も回復しそうだし、スタッフ全員気合いを入れて笑顔でお迎えします。