2015 10月 08日

虎屋の羊羹

5日、東京からお客様がみえ、お土産にととても高価な「虎屋の羊羹」を頂きました。
私の大好きなとらや♪ あまりにも高価過ぎて自分では買えないので、頂きものときしか食べられないので凄く嬉しい。

ひと昔前は羊羹なんて・・・・と思うほど好むお菓子ではなかったけれど、
加齢のせいでしょうか? 生クリームの洋菓子より俄然、羊羹などの和菓子に目がいってしまう。

北海道なら中標津羊羹や五勝手屋羊羹が好き。

その虎屋の羊羹の中に、今までに食べた事のない羊羹が1本入っていた。

とらや羊羹
「空の旅」という名前の羊羹
何をイメージしてのネーミングなんだろうと、外箱の裏側を見てみた。

15代店主の黒川武雄氏が、飛行機の窓から見える夕焼け空の美しさに感銘を受け、昭和26年に考案されたものと記されていた。
紅色の練り羊羹に希少な白小豆を散らし、夕焼け空に浮かぶ雲を表したものだと。そんな但し書きに思わず心奪われてしまいました。

とらや羊羹2
本当に夕焼け空のような紅色。綺麗。

作り主の想いや感性が込められている逸品です。

心奪われた但し書き・・・
他にどんな商品があるのだろうと思い、とらやのHPを初めて開いてみた。
ふと目に留まった赤坂本店の休業のお知らせ・・・
3年後の完成を目指し本店建て替えのため、17代店主からの休業ご挨拶だったのですが、その内容が心に染み渡った。老舗店主ならではのお客様と思い出とともに顧客への丁寧な向き合い方、想いが綴られていたように思えて、とらやの店主の心の深さ温かさを感じました。
是非に一度読んでみてはいかがでしょうか? こちらから

益々、とらやファンになってしまうわ。

本日、1週間開けずに爆弾低気圧に続き台風23号上陸。
まだ倒れたデントコーン収穫出来ないでいる農家さんがあるのに・・・
今回は風のみではなく、暴風雨です。雨の量も半端ない。
何も出来ずに、羊羹ともにコーヒーを外の様子を眺めながら・・・
気づけば一本・・・すでに なし。 食べ過ぎ・・・