2015 12月 06日

仔牛の糞便

雪が降って根雪になっているけれど、例年に比べ気温は高めに推移して居るみたい。寒さに敏感な私の足にしもやけがまだ出来ていないもの。

暖かい冬は仔牛にとっては少しは快適。

ダイヤモンド君
でも、冬季間の仔牛の体調不良は、急激に悪化させてしまう。
寒いというだけで、体力が消耗が激しいのに、ミルクからの栄養は通年同じ量や濃度だったりする酪農家が多い。
ミルクの量を増やすと「下痢」をするという概念が頭から離れない。
寒さによるカロリー不足から体調を崩し、下痢をすることもあることを理解していない農家さんが多いかも知れない。
冬だからこそ!考えなければならないミルクの品質や、やらねばならない哺乳の基本や工夫が必要ですよね。
この個体販売の高い時に、体調を崩したまま二束三文で取引されるなんて、経営的に大きく影響することは間違いない。

先日のJAの地区別懇談会資料に営農課がまとめた興味深いデーターがあった。
仔牛育成のへい死率と初生トク販売単価の相関を表すJA全戸の分布図。

へい死率0から上はなんと50%という農家さんがいる驚愕の事実。
初生トク(ホル)の販売価格もJA平均で4.3万円。これもあまりにも低い驚愕の事実。
健康に出荷すれば、この倍の平均価格になり得るのに。
不幸な仔牛が多すぎる現状ということがこのデーターから読み取れる。
♂だからだとは限らないでしょう。♀もきっと過酷なほ乳期を乗り切って、成牛になり牛乳を生産するようになっている。言い換えれば耐え抜いたエリート?といえるのかしらね?
だから、個体乳量も9000kg近くまでJA平均でいくのですね。
反対に言えば、どんなほ乳や育成技術でもあってもここまではいくのだと・・・・結果オーライですか?
でも動物福祉を考えると???ですよね。。。畜主のクオリティとかも考えたいですよね。

下痢をすると、ミルクを切って、電解質と投薬のみで治療しようとする。
夏場はそれで乗り切り治癒することもあるけれど、冬はエネルギーを切ってしまうと益々体力消耗してしまい、死と背中合わせになってしまう。
昔は本当に冬場は下痢による死亡が多かった。
知識がない、理屈が分かっていないことから、誤った哺乳や治療や片手落ちの仔牛の環境だったりしていた。

下痢は様々な要因が複雑に重なり合って起こる。
毎回 哺乳前に仔牛の糞便チェックは本当に一喜一憂する。
仔牛の便
ぷりっとしたウンチは 思わずにんまり。
もうちょっと哺乳量を増やしても大丈夫かな?なんて思うし、
反対に色が悪かったり、水溶性の便だったり、悪臭がハッチ内にこもっていたりすると・・・顔が青ざめる。
速効 30年の(笑)知識と経験を生かして? どんな治療や投薬をするのか考えるという、すべて自己判断。仔牛共済に加入していないので独自治療。責任重大です。生かすのも殺すのも私の腕次第という事になります。仔牛も不安だよね~笑 過去に随分と死なせてきただけに、もう不幸な仔牛にはさせないという強い信念の元に日々格闘しています。
下痢がないわけではないです。 早期発見と対処が生死を分けると思うから。特に冬は神経をとがらせないと、めったくそになってしまうもの。下痢をしても必ず私が治してあげる!とこころに誓うのです。
獣医を頼るのは外科的な治療が必要な時ぐらい。
下痢って薬や獣医の治療だけでは治りません。冬場は特に飼養管理がものをいうと思う。
仔牛の居場所を綺麗に掃除するだけでも治りが早くなるし、暖かくしてあげるのは一番の栄養剤かも知れません。

キジまる
猫はいいよね~ 暖かい居場所を探して移動出来るものね。

仔牛は与えられた環境でしかいられない。
たとへこそがどんな極悪な環境であっても、そこで生き残るしかない。
何とかするのが畜主。

この冬も何とか乗り切らなくっちゃ。

とりあえず、来週 ダイヤモンド(F1♀)ちゃんと諭吉(ホル)君を市場に出荷予定。前日に下痢しないように気をつけなくては。
どーいうワケか出荷前日に下痢すること多いと思うのは気のせい?
出荷されたくないっていうこと?笑  そんなことないし!
自分の腕の悪さを棚にあげるな!ってことですね。

 

2015 12月 05日

美味しいもの

いつの間にか、まだ早すぎると思っていた11月の思いも寄らない大雪。
雨が一日降って溶けて無くなるかと思いきや、これぐらいの雨では溶けるまでにはほど遠く、やはり根雪になってしまったみたい。

いたずらに降った雨でどこもかしこもツルツル。 危険極まりない。
事故も多発しているようです。

足もとと目の前の行事に慌ただしくしていれば、いつしか師走に突入していましたね。今日は、はや5日。
まだまだ、出かけなくてはならない用事多数。出かけるための仕事のやりくりと出かけたために溜まる仕事の消化と・・・ ため息つく暇もないかな?

五勝手屋羊羹
そんな私を知ってか、知人が少しでも疲れが取れますように・・・と
五勝手屋羊羹を贈ってくれた♪ Mさんありがとう!
私は無類の羊羹好き♪ しゃちょーは食べないので一人勝ち♪ 幸せぇ~。
30年以上前に私の大学時代の友人が「羊羹は五勝手屋!」と太鼓判を押して薦めてくれたのを期に、私の好きな羊羹の5本の指に入る逸品。
羊羹の容器もこの筒状になっているのはいいね~。
食べやすく、一応好きな厚さに切って食べられるように、糸がついているけれど、私にはそんなのは必要ないです。丸かじり♪
コーヒーに良く合います。

誰か知人が言ってた、ぜんざいにコーヒーを入れて食べるのか?コーヒーにぜんざいを入れて飲むのか?そうすると美味しいんだとか、どこかの地域ではこうして食べる?飲む?ところが実在するそうなんですよ。
食べてみたいかも♪ ♪ ♪

ブルーベリーチーズパイ
来週末、お客様が見えるので、ブルーベリーをトッピングしたクリームチーズパイを試作してみた。
綺麗にまっすぐにパイが上に向かって膨れ上がらず、傾いちゃった (汗
少し豪華に見えるようにと飴細工のトッピングにも挑戦してみたけれど、
これまた、ふわふわの糸がドーム状になるようにイメージしていたのに・・・相成らず・・・針金みたい・・・チーン
パテシエには、なかなかならんわ 笑

こんなことしてないで、さっさと仕事せい!って 陰の声が聞こえて来そうです。

 

 

2015 12月 03日

オホーツクJA女性部長・副部長・事務局合同会議

11月30日午後から2泊3日で網走に向けて走った。

サロマ湖白鳥
途中、サロマ湖で白鳥が羽を休めていた。
しっかりお休み白鳥は首を身体にぴったり寄せて寝るんですね。

合同会議は1日から1泊2日で網走湖荘にて開催。
私たち女性協役員は前日入りをして、事前打ち合わせや30日から同場所で開催されているフレッシュミズさんの研修会並びに懇親会に参加。私は懇親会のみでしたが。フレミズさんの懇親会には農ガールズファッションショーが盛り込まれていて、明るく華やかしかも機能的に作られた農作業服を身にまとって、舞台から懇親会のテーブルの間をぬって、モデルしぐさを振りまきながらのウォーキングを披露。盛り上がっていました♪ その後もフレミズさんの役員さんと一緒に2次会!

さて、翌日午後から、いよいよ私たち女性部の合同会議及び研修会
オホーツク管内14JAの女性部長・副部長・事務局総勢70名が集まって開催されました。

合同研修会合同研修会2
年々右肩下がりで減る一方の女性部会員。
その存続が危うくなってきている現状があります。
女性部の目的とは?意味とは?必要性はあるのか?JAにとっての女性部って何?等と毎回のように話題になるが、解決の糸が見えない堂々巡りのうちに歳月が経って来ている。

もはや女性部単独ではどうしようもない現実がある。

そんな中、JAこしみずがJAを挙げて女性部改革に踏み切り、「女性部全戸当然加入」へチャレンジし、組合員全戸の女性が女性部に加入という偉業を成し遂げたJAこしみず営農部 部長 上野 隆氏のお話を聴く機会を得た。

女性部部員の減少に歯止めをかけるべく、JAの内部組織でもある女性部。
JAの中期3カ年計画案骨子にも女性部当然加入制の組み入れることからスタート。
JA営農部が女性部の主力実働部隊として改革に乗り出した。役員の選出のために上野氏自ら戸別に訪問してあるき、支部制を廃し、加入・未加入をなくし全戸当然加入制の導入するに至る。
JAは女性部活動の本来あるべき姿とは、農業女性が農業そのものを知り、経営パートナーとして活躍することにより、組合員個々の経営強化に繋がっていかなくてはならない。
女性部の問題は女性部だけが悩むべき事では無く、JAの体質強化としてもJAが主体的に悩むべきと上野氏は考えたそうなんです。

この考えに基づき営農に関する情報提供や学習の場をJAが対応する。また全組合員から女性部活動協賛金として戸当たり負担(女性がいる組合員)も実現したそうです。

JAの地区別懇談会においても、組合員へ女性部活動の重要性を話し理解を求める活動をされたそうです。

確かに全戸加入は実現出来たけれど、今まで地道に支部活動を行ってきた支部を潰す結果となってしまった。まだまだ女性自身が自覚・自立しながら歩み始めるのには時間がかかり、まだスタートを切ったばかりという現状だということも講演されていました。

こんな熱いJA職員がいることに、更に女性部問題はJAの問題と認識していることに酷く驚き、嬉しささえ覚えました。
他の各JAにとっては耳の痛い話ですね。
そんなJAが存在することは、将来の農業を支える確かな歩みなのかも知れません。

この講演の後、すぐに7名づつほど10班に分かれて、「今の女性部に求められている事」と題して井戸端サミット開始。
自己紹介のあと、単組ごとの取り組みなどから今後どうしていくべきか?女性部に求められる事はいったどう言った事なのか?という壮大なテーマで2時間半に渡って討議。討議後は各班から話し合いの内容を発表しあった。
各班それぞれ個性的な発表があり、それを聴く上では、まだまだ大丈夫!みんな問題を抱えつつも元気だ!と思った。

夜は全員での懇親会
元気な人たちの集まりだもの 賑やかに決まっています!
合同研修会4
各女性部が持ち寄り特産品が景品のビンゴ大会
閉会の挨拶が始まるかと思いきや 会長のカラオケや副会長コンビのカラオケが飛び入り♪ 会場は一層大盛り上がり。
何だか、本当にフレンドリーな明るい女性協の役員さん達です。私は地味で申し訳ないわ。

翌日は 事業報告やこれからの各種行事などについての合同会議を挟んで、
フラダンスの講習会♪

合同研修会5
講師は遠軽町在住、フラスタジオUEDAを営む上田純子さん。
お弟子さん3名と共に講習会開始。
私はフラダンスは初めての体験。

足と手を別々に動かし、更に音楽に合わせるのは非常に不得意 笑

先生の痛快なお話しに笑わせてもらいながらのレッスン。
基本のステップと手話がもとの手の動き・・・
花や月を表現しながら・・・

激しい動きではないのに1時間も冷や汗かきながら踊る?のではなく
身体を動かしているだけで身体が温まって、心地よい疲労感に満ちます。

合同研修会6
70人で踊る姿、腰つきもおぼつかず、何だか凄まじささえ覚えます 笑

4パターンほどの動きを繰り返しながら1曲踊り終えました。

とても賑やかな楽しい研修となった2日間。
参加者のみなさん、本当にお疲れ様でした。