2016 2月 17日

仕事と作業

酪農に携わって・・・はや30年・・・
しゃちょーと一緒にやはり30年・・・
長かったような、短かったような・・・あと何年酪農という職業を続けるのだろう?と漠然と考える。

右も左も分からない、悪いイメージしかなかった酪農という職業
なんだか分からないながらも、やるしかないという一心で続けてきた。生活するために。

分からないから、勉強しているうちに色々な人達と出会い、多くの人達に刺激をもらいながら、やる気が萎えないように続けてきた。
どうすれば、嫌いな職業を一生の仕事として続けて行くにはと考えた。
牛が好きで、酪農が好きで・・・という人が羨ましく思えたというより、不思議だった。ずっと面白い振り、楽しんでいる振りをしながら今日まで来たような気がする。

明日、酪農を止める。と宣言されたら・・・

「そう。」と、未練もなく答える自分がいると想像できる。そんな自分ってどうよ?って自問自答してしまう。

仕事と作業(WorkとJob)
この違いってなんでしょう?
とある本を読んだ。

酪農での作業(Job)は搾乳・掃除・餌作り等々多種多様にある。その作業を時間内にたとえば労働時間8時間ならその時間内に終わられる事が出来るし、ある意味 作業は誰でも出来ると言っても過言ではない。

しかし、仕事(Work)は作業とは全く違った面を持つ。仕事は創造的なものであって、想像力を駆使して行うことなのだそう。だから時間や場所を選ばず、仕事に対していつもどうやったら?と考えること。たとえば、お風呂に入っている時や友人と遊んでいる時、車に乗っている時などなど24時間いつでも仕事に対するアイディアとかのひらめきがある生活環境を持っているかという事が大切なんだとか。

牛1207

酪農は常に牛に対する観察と想像を駆使することが、良い仕事につながるということです。仕事が出来れば作業はもっと意味のあることに繋がるということです。

人を使う時にでも、仕事が出来る人間か作業しか出来ない人間か見極める事で、大きく経営に影響するということです。

 

私自身はどうなんだろう?
家族経営だと仕事はもちろんのこと、作業もひと通りこなさなくてはならない。
仕事と作業の割合は、ほとんど一日を作業に費やす場合がほとんどなのが現実。観察と想像の時間はなかなか取れない。

だから、そこをフォローする人達がいるんですよね。
普及員だったり、酪農コンサルタントだったり、各酪農技術者達は先だって牛の事を観察考察してくれる、毎日見ているようで見ていない、気づかないことってたくさんあり、それを教えてくれる。

「なるほど!」が私たちにとって、気づきである。

本当ならば現場にいる畜主が一番分かっていなければならないのに、作業に翻弄されているとこうなっちゃう。

仕事=想像力

牛1350

残り少ない酪農人生、ちょっと想像力を養って、面白くやってみたいですね。

 

2016 2月 10日

お菓子作り

昨日は支部女性部の今年度最後の行事、お菓子作りを行った。

とは言え、、、支部長の私、まさかの土壇場欠席。

8日の夕方から、再び熱が急上昇
咳も酷く、夜も寝られないほど。
いよいよインフルエンザなのかと思い、行事を欠席して病院へ
検査結果、陰性ということでインフルエンザではなく、扁桃腺の炎症とのこと。カルテを見せて貰ったら、前回病院にかかったのは平成20年、そのときも扁桃腺で受診していたのでした。
なんと8年振り・・・  ほんと病院に縁のない私でした。

流石に病院から出された薬・・・効きますね 笑
今日はかなり咳も減り楽になりました。

 

支部長欠席の中、夕方 出来上がったお菓子を届けてくれました。

シュークリーム3
シュークリーム♪
なかなか 良い感じに焼けているシューです。

シュークリーム
カスタードクリームも多少粉っぽさが残るものの、なめらかに出来ていて上出来です。

他にもパウンドケーキ2種類とカップのレアチーズケーキと
お持ち帰りの多さに、自分で企画しておきながらビックリ。

人数の少ない中、時間の限られている中、こんなに沢山のお菓子を作ってくれた部員の皆さんや講師の方に感謝です。

 

そして・・・・

暫く入院していた私のカメラ、修理されて無事に戻ってきました♪

退院後初めてカメラを使ってみたら・・・外観は新品同様に綺麗になっているし、ファインダーを覗いたら、とってもクリアで自分のカメラではないみたいに綺麗で・・・・今までどんなに汚かったのか???笑

何だか無性に嬉しくなりました。

時々故障しなくても、オーバーホールに出すのも長く愛用するには必要なことなのかもしれませんね。

 

と言う事で、風邪も回復傾向 カメラも復帰して、新しい春にむいていこうと思います。

 

2016 2月 08日

鬼の撹乱

網走出張から帰宅後、数日間風邪でダウン・・・
奇しくも、2月3日節分の日

節分

しゃちょー曰く 鬼の撹乱だと・・・私を笑う

もうここ10年近く風邪らしきものを引いたことがない。
インフルエンザのワクチンさえ過去に一度も打った記憶が無い。
私って風邪には無敵だわ♪と思っていたのに・・・・

今回は網走出張の時も300名程の人数が集まるということだったので、事前に風邪対策として、エアーマスクを首に掛けたり、部屋も乾燥しているので濡れたバスタオルを枕元に置いたり、マメに温泉に入ったり、水分補給は常時と随分と気を付けていたのにも関わらず、、、加齢のせいか・・・今回は実行員だったのもあって精神的な疲れもあってなのか・・・風邪の侵入を許す結果に。38℃の熱が2日間ほど続き、喉の痛みと咳。
ダウンと言っても、一日中寝込んでいられない因果なこの職業。
朝夕の最低限の仕事をやり終え、取りあえず事務所で薬を飲みながら横になる。
家には103歳を筆頭に年寄り2人がいるので、万が一風邪をうつしては大変なことになるので
極力自宅には寄り付かないよう、顔を合わせないように配慮。
夜も2人が寝る頃を見計らって帰宅し就寝。
そんな数日が続いていた。

やっと昨日からは平熱に戻り、仕事も普段どおり難なくやる気いっぱい。
まだ 温度差で咳は出るものの、一安心。

インフルエンザだったか?定かではないですが、市販の喉の痛み止めで何とかなったのですから、インフルエンザじゃなかったのかもしれません。

 

立春が過ぎ・・・
寒さは今日は和らいでいます。
まだまだ春は遠いけれど、夜明けが早くなりつつ、日暮れも随分と遅くなって来ていて、明るい時間帯が長くなっていることに気づきます。

すずめのさえずりも 心なしかいつもより穏やかに耳を打つように思える。

 

健康度合いとやる気スイッチは、本当に相乗関係。

ここ数日は全てシャットダウンしていたけれど、ドンドンスイッチONして
行かなくては、スケジュールは待ってくれないわ。

 

 

 

 

 

2016 2月 03日

第35回オホーツクJA女性部研修大会・家の光大会

サロマ湖2016.1
2月1日から1泊2日でホテル網走湖荘に於いて、参加者300名を超える参加者のもと、オホーツクJA女性協議会のメインイベントであるこの大会。
昨年までは一部員としての参加者のひとりだったけれど、今年度は運営委員として準備にあたった。準備のため前日に網走入り。
途中 目の前に広がるサロマ湖。流氷じゃないですよ。
湖面が凍り始めています。一部ではワカサギ釣りが出来るほど凍っている。いよいよ連日厳しい寒さが続き、オホーツク、冬本番を迎えたようです。

管内JA女性大会5

大会一日目、北海道農協青年部協議会 参与 黒田栄継氏による「私が思う農業者の責任」と題してご講演を頂く。
黒田氏は前年度、全国農協青年組織協議会の会長も歴任された、バリバリの頼もしい39歳。十勝・JAめむろの畑作農家
「JAめむろ」と聞き、私は一気に親近が急上昇。そうです、私の実家の両親が営農していたときはJAめむろの組合員だったからです。
しかも、地区もすぐとなり♪ 私が結婚する前、芽室町の青年会に所属していた頃の同期の知人達もその地区で今も頑張っている。

私たちの一廻りも下の青年がこうして、全国的に活躍している姿はなんとも頼もしく輝いて目に映ったのは、私ばかりではない。息子の後継者を持っているお母さん方や同じ年ぐらいの旦那を持つ参加者達は、それはそれはどんな農業に対する考え方や意思、志を持っているのか、熱い視線が終始注がれていた。

黒田氏の講演は、その期待を裏切る事無く、農業女性の私たちにわかりやすく農業を取り巻く世界内外の農政に関する事から、自分の農業に対する思いを熱く語り、そして生産者と消費者をつなぐ関わり方、そこにおける農業者としての守らなくてはならない責任など様々に伝えてくれました。
その取り組みの一つ、「農村ホームスティin十勝」は、何故かこころ熱くなる想いが込み上げてくるひとも多かったことでしょう。

管内JA女性大会6
農業をみつめる小さな瞳を育てる役割を担う私たち農業者。そして、この国のすべてのひとを食を通して守る責任。大きな役割だけれど、私たち農業者なくしては成り立たない重要な責任。

夜は懇親会♪
参加者全員が大きな会場に集う。そして繰り広げられる農家のかあちゃんの激しく偉大なパフォーマンスの数々。
とてつもない力と底抜けに明るい笑顔。どんな芸人にも負けぬと劣らないオリジナリティと表現力。それを見守り盛り上げる会場のお母さん達の応援振り♪
最高です。

管内JA女性大会4
最初はおとなしく?圧巻の表情で着席してみていたゲストも、思わずステージの前に写真を撮りに行っちゃうほど。

管内JA女性大会3
そのうち出演者から、有無も言わさず壇上に引きずり込まれ、さらにカツラまで被らされ踊らされる始末。楽しく一緒に踊るゲストに、会場は一層大盛り上がり!
ステージの前は写真撮影やおひねりを投げるひとの海。おひねりも最高潮!
2時間のあっという間の懇親会。こんなに心底笑うアトラクション、この先1年先まで見られないかと思うと、大きな寂しさえ覚えてしまう。
今回参加された皆さんは、きっと来年もコレが見たいばかりにリピ決定ですね。

大会2日目
「簡単ダイエット&デトックス」
エイトロープ代表 大塚寬恵さんの講演

 

ダイエットは永遠のテーマ。
何をやっても上手く行かない、リバウンドしてしまうという経験は誰でも持っているはず。
今回は、なぜに上手くいかないのか?その理由がよく理解できる内容だった。
その大きな要因が加齢とともに激減していく代謝酵素というもの。
それを補うために消化酵素を増やせば、必然と腸内環境が良くなり健康的なダイエットが出来るというもの。
その消化酵素を増やすためには何をすべきか?
それが「ファステイング」要は「断食」。

断食といっても何日も何も飲まず食わずというのではなくて、
一日に16時間~18時間、連続して摂らない時間を作るということ。
そうする事によって腸内の解毒作用が促され腸内環境が整い消化酵素が充分に補給されるというもの。
寝るまで一日中ダラダラと食べ物を口にする事が一番身体(消化機能)に負担を掛け、特に血管年齢を老化させることになるんだとか。

それでも農業女性にとってそんな長時間な断食は、農作業を考えるとかなり難しい。
講師はお腹がどうしても空いた時は、酵素が多く含んでいる生野菜やくだものなどを軽く摂るということで問題ないとのこと。要は朝だから昼だからといって大してお腹も空いてないのに、時間だからといって食べる必要はないと。とにかく腸を長く休めることが一番大切なのだそうです。

管内JA女性大会2
写真は、マグネシウム不足かどうか簡単に診断する方法を実践している様子

親指と人差し指を広げて、目をつぶって左右の人差し指がくっつけることが出来れば、ミネラル(マグネシウム)が充足していると判断
マグネシウム不足になると身体のバランスに支障を来たし、目の下のぴくぴくという痙攣や、段差を正確に捉えられなくて、段差に足をぶつけたり、つまずいたりという症状になるんだそう。

食事の基本は「マ・ゴ・ワ・ヤ・サ・シ・イ(孫はやさしい)」
マは豆類、ゴは胡麻、ワはわかめなどの海藻類、ヤは野菜、サは魚、シは椎茸などのキノコ類、イはイモ類

コレを一日のうちに全部摂取する努力をすることで 体内酵素の働きを充分に活性化させる。「孫は優しい」の最強のお料理は「鮭のあら汁」だそうですよ。

酵素を沢山取り入れる事の出来る飲物
玄米の甘酒。 玄米と米麹と水のみで作った甘く美味しい玄米甘酒の試飲もあり、その呑みやすさに驚きました。
会場からの反響もとても大きかったです。
管内JA女性大会7
公演後も講師の廻りには黒だかり。大勢のひとがこの健康法に興味を持ったようです。
来年この大会で再会した時は、健康的にステキにダイエットできた多くの参加者の姿を見ることが出来るかしらね~ 笑

こうして、無事に全日程を終え、役員で反省会。
集められてたアンケート用紙を全部に目を通して、参加者の率直な感想や意見、これからの大会継続に向けて様々な参考ポイントを得ることができた。

アンケートの感想欄に「役員さんのみなさん、本当にご苦労様でした、ありがとう」と労いのお言葉は、本当に嬉しかった。
今まで参加する側だったので、参加者の回答が、いろいろな意味でこんなに重いものだということを実感。
アンケート回答は、これからはもっとしっかり回答しなくてはという心構えに気づかせてくれました。

何もかも初めての体験の運営委員。落ち度もたくさんあったけれど、本当に良い経験でした。

また、来年も皆さんとこの大会で会いましょう!