2016 4月 08日

フルーツまたたび

昨日、置戸に住む友人と2人、気ままに食べ歩きDay!と称して北見で待ち合わせ、一路網走に向けて走った。

途中、女満別の町を通過中、天使のパン屋「ブランジェアンジュ」さん発見!
あれもこれも美味しそうと、買い求める。
お店を出ようとした時、お店に貼られた一枚のポスターが、私たちを呼び止めた。
フルーツまたたび
私たち・・・「フルーツまたたび」って何? 知ってる?猫がメロメロになる実だよね・・・またたび自体食べた事ないよね。ということで、また店内に戻り、店主に聞いてみた。
網走で栽培されているこのフルーツまたたびは、最北限の栽培地域とあって
地元のパン屋さんやお菓子屋さんが一丸となって、オリジナルなお菓子やパンを作って地元を盛り上げているそう。
でも、一般消費者にはなかなか、これ自体の商品として販売はあまりされていないそうで、入手が難しいかもとの事でしたが、網走市役所の地下売店なら置いているかもという店主さんの情報を貰い、行ってみることに。

フルーツまたたびを求めて、私たち市役所へ向かう。
売店のおばちゃん、ココには置いていないけれど、ちょっと待ってて!
今、農政課に聞いてあげますから・・・と・・・・
電話口で、何やら農政課の冷蔵庫にあるとのこと。そこへ行ってみて下さいと伝えられた。
別棟の庁舎へ歩いて移動。 農政課を恐る恐る尋ねたところ、職員さんが本当に事務所の普通の冷蔵庫から持ってきてくれた。
ドライフルーツになったものとピューレ状になったものの2種類。
試食は出来なかったけれど、物珍しさから即購入決定。
さすが農政課、納品書・請求書・領収書の3本立ての書類をその場で作成し事務手続き、やっとお会計。
フルーツまたたび4
フルーツまたたび3
早速、ヨーグルトムースにまたたびソースで作ってみる
名付けて「にゃんこのムース♪」

ドライフルーツは濃厚で噛むと種のプチプチ感と最後に苦みのようなちょっと刺激感が尾を引き面白い。パンやタルトなどの焼き菓子にぴったり。
ピューレ状になったものはフレッシュ感の中に舌にわずかに残る刺激感が不思議。変わっていて美味しいです。

またたびは、キウィフルーツと同じマタタビ科のつる性植物。
昔、長旅に疲れた旅人がまたたびの実を食べると、元気になって「また、旅が出来る」ということから「またたび」という名前の由来があるそうですよ。
納得ですね。

今回はパン屋さん、市役所を巡り、
食堂カフェmanma 
はぜや珈琲
ケーキ&カフェ風花

北見へ戻って・・・
和香思
イルドーノ

今回の食べ歩きフィニッシュで夕食で選んだのがイルドーノ。
私たちには大当たりのステキな店内に美味しい料理のお店。

イルドーノ
少年の様な顔立ちのシェフもホールスタッフの女性も笑顔も接客も気持ちが良くて、3時間半も根が生えてしまいました。ココはワインショップも併設しているので美味しそうなワインも沢山。結構リーズナブルな珍しいイタリアワインが並んでいます。
次回はワインを頂きながら是非食事がしたい。

50過ぎ60過ぎのオバサン達、よくぞこんなに食べられたこと~ 笑