2016 5月 20日

モレーナ

かねてから友人と約束していたディナーへ♪

久しぶりの夜のお出かけです。
地元と東京からの友人をお誘いして、下川町にある「モレーナ」へ。

もう10年振りぐらいの来店です。

モレーナ5
町外れの牧草地の傍らにある古い古民家。 10年前に比べる益々朽ちて、夕方の薄暗い時間でしたので妖しい雰囲気が否めません。店内も10年前のままかなり古いです。
ここは以前、海外旅行好きの老夫婦がインドカレーやエスニック料理を提供していたお店。
時は流れ、奥様が亡くなりご主人も病気がちとなり現在は営業しているのか定かではなかったけれど、この4月にココでフレンチを食べたという友人の情報を得て、何がどうなってあのお店でフランス料理が提供されているのか?それもスゴく美味しいとのこと。友人曰くここは「アタリ」です!と太鼓判。好奇心がそそられ、早速 予約を取り、友人を誘って行ってみる事になったのです。

日中はモレーナのオーナーさんが以前と変わりなくエスニック料理を提供。
夜6時からは田中則昭シェフによるフレランス料理(要予約)

正直 驚きました。

山の中の小さな町でこれほどの食材を集めて、コスパの高い料理と品数。

モレーナ
下川の椎茸と共にフリカッセ仕立て

モレーナ2
帆立・蛍烏賊・グリーンアスパラの春のリゾット

モレーナ3
網走のキンキ 魚のムースを詰めてのロースト

モレーナ4
デザート ヌガーグラッセ 苺のエクラゼを添えて

この他に
タラバガニとアボガドのアンサンブル
ホワイトアスパラのスープ仕立て
シャラン産鴨胸肉をロースとしてタイム風味のジュで
口直しのグレープフルーツのシャーベット
矢内さんの低温熟成バゲットと自家製ホカッチャ
フレッシュカモミールティと小菓子4種      以上

どれも驚くほど美味しい。
都会なら¥8000~のお値段かと思うほど。
調理から配膳まですべてシェフひとりで。
古民家そのもののような調理場、立派な調理器具が有るわけでも無く・・・

食事後 シェフとお話することが出来た・・・
一流のシェフとして都会でのレストランの仕事に疲れ体調を崩し、退職
そのころ自転車旅行をして、モレーナへふらりと立ち寄りオーナーさんと知り合ったのがご縁だったとか。
詳細はココを読んでね。
立派なレストランで働いてるときの料理と変わらないメニューのクオリティ
来客も少ないなかで このモチベーションを維持できるシェフに秘めている思いは何なのでしょうか?

トックブランシュを被るシェフの姿とは一変して、バンダナに着古したエプロン姿にシェフの温かさを感じました。

とても美味しくて大満足のフレンチ。
こんな田舎で素晴らしい料理を提供してくれるお店、これからもモレーナの灯が消えないように応援したくなりました。

 

 

2016 5月 19日

赤い太陽

赤い太陽
午前4時 日の出
あまりにも異様に赤く見える太陽。更に太陽の黒点も見え、眩しくもなく唯々赤いだけ まるで満月の月の出を見ているかのような夜明け

遠い国で起こっている森林火災などの煙の影響でこんな現象があると聞いた事があるけれど、そうなのでしょうか?それともお隣の国の大気汚染の影響でしょうか?

こんな日の出が数日続いた。
それと同じくして 全国一気温が高くなったオホーツク
それも3~4日間連続とはね 驚きました。

全国一気温が高くなる日が5月にあることが多いけれど、連日というのは記憶に無いわ。

つい3週間前には大雪降ったのにね。真冬から一気に真夏!この気温差に驚きます。

デントコーンの播種作業も我が家は14日に終了。
共同チーム全体も雨も降らず順調に本日全て終了し、一段落。
一番草収穫まで、気分的にはゴールデンウィークです♪

 

2016 5月 13日

洗浄機

フリーストール牛舎を新築してから、パーラーの掃除のために購入して使っていた洗浄機。はや18年間ほぼ毎日使用してきた。
ここ数年は洗浄機のボイラーも壊れ、修理してもすぐに壊れ、以来ずっと水洗いのみで使ってきていた。
いつの間にか水圧もマックスで使用していても老朽化が否めなくて、すっかり汚れも落ちないほど水圧低下、時間を掛けて洗ってもスッキリ綺麗にならい状態だった。

そこでやっと!新しい洗浄機に買い換えることに。

洗浄機
機械の展示会にしゃちょーが見に行った先で特価セール中だったとかで、「欲しい?」との連絡が入り、私、二つ返事で、「いる!」と。
そういう事で突然の買い換え♪

納品になって使ってみると・・・・
今まで諦めていた汚れが落ちる!落ちる~♪

黄ばんでいたパーラーのアルミ板の壁やパーラーの床に敷いてあるプラスチックマットなどカビなどで黒ずんでいたのがスッキリ綺麗に落ちるではありませんか!
水圧がこんなに違うなんて、更にお湯で洗えるので洗浄効果は抜群だし、今までの半分の時間もかからずに綺麗に洗える。

もう 新しい洗浄機で掃除するのが面白くて楽しくてたまらなくなっちゃいました。

機械の性能でこんなに綺麗にしかも時短!

我慢していないでもっと早く買い換えれば良かったと思ったわ。

綺麗なパーラーでの搾乳作業のモチベーションもあがり最高です♪

でも・・・・洗浄機ってかなりお高いんですよね(>_<)

 

2016 5月 11日

廃プラ

5月も10日を過ぎました。
やっと9日、紋別でも桜の開花宣言が出ました。
近年になく遅い開花。

時を同じくして、デントコーンの播種作業も始まりました。
我が家も5ha程播種。残り20ha・・・
そして今日は冷たい雨降りの一日。

春は何かにつけて忙しいのです。
雪が溶けて地面が見えだすと、雪に埋もれてたバンカーの重しにしていた古タイヤやビニールシートの端切れなど結構散乱しているものです。

そんなゴミ拾いだけでもひと仕事。 歩き疲れます 笑

バンカーの餌を被っていた大量のビニールシートやブルーシートは「廃プラ」として業者さんが年2回回収しに来てくれます。
肥料が入っていたフレコンバッグに廃プラを詰めるのですが、その作業はかなり大変。なるべくギューギュー詰めにしなくてはならず、いっぱいになったら上に上がって全身の体重を掛けて踏みつけては、また入れるという作業を繰り返し。

廃プラ
フレコンにあがったり降りたりするのが、歳を取ってくると大変なんです。フレコンの吊り紐に脚を引っ掛けたりして、上からまくれ落ちる事もしばしば・・・ホント重労働です。ほぼ毎日出る廃プラ・・・フレコン詰めをサボって溜めてしまうと、廃プラの山に見ただけでもゲンナリため息しかでないので、マメに溜めないように袋詰め。

だーれもこんな作業はしてくれません。
私の仕事。

半年分だと約フレコン30個近くにもなります。

こういう廃プラが処分されずに牛舎の周りに野積みだったり、ビニールがあっちこっちに散らかっていたり、木に引っかかっていたりするのは本当に見るに堪えかねません。

廃プラを処分するにもお金はかかりますが、引き取りに来てくれるのですから、ありがたいことです。

気持ちよく一年作業が出来るように、あっちこっち環境整備には結構時間を掛けてます。

 

 

 

2016 5月 10日

磁石予防

小さい赤ちゃんは、なんでも口にして、異物を誤飲してしまうことがありますね。牛も実は結構いろんなもの誤飲・誤食しています。
ロールのトワイン(梱包のナイロン糸)なんて日常茶飯事だったりするのではないでしょうか? 特に育成牛なんかはロールをそのまま1個を置いたりするので結構取り忘れがあり、草と一緒に食べてしまう。
これが大量になると、胃の中でトワインが団子状になり消化不良はもとよりお腹を壊してしまうケースが多い。少量なら糞と一緒にそのうち出てくるのでしょうが、畜主がいつもトワインがあっても余り気にせずにいると、大変なことになります。本当に牛って、ひもをかじるのが好き?なのか、退屈しのぎなのかよく分かりませんが、あればかじっています。
だから、牛の居る場所で何かを紐で縛っておくということは、極力避けたいものです。

厄介なのが、金属類を餌と一緒に食べてしまう事。牛は反芻をするくせに、食べる時ははき出す事が苦手な動物。
だから取りあえず飲み込んでしまうのですね。

針金、古釘、機械から劣化して落ちたボルトなど金属製の異物。
牛はこれらを餌と一緒に結構飲み込んでいるようです。

古い木造の牛舎やバラ線を張られたパドックなどが有るところはその頻度率が高いようです。
あと草地に投げられた空き缶などの破片や作業機械から落ちた様々な部品等々、どこにでも金属は落ちているもの。

今の牧草収穫機械には金属探知機という装置が付いていて、切り込みされる前に金属を探知すると機械が止まるとう仕組みになっているそうで、かなり餌に混ざる事は少なくなってきています。

餌を混ぜるミキサーにも餌の吐出口にも大きな磁石が埋め込まれています。
ここでも金属をキャッチ!
磁石2
たまに良く見てみると・・・結構 色々な金属付いています。

磁石4
機械のカッターの欠けたようなものだったり、ちいさなボルトやワッシャーなどなど・・・
磁石3

まだこんな小さな先の尖っていないものならまだしも、釘や針金など先の尖ったものが胃の中に入ってしまうと、胃壁を貫通したり、心臓に突き刺さってしまってりして最悪は死に至る事も。

これを予防するのに、あらかじめ磁石を飲ませておくのです。

磁石
獣医療用磁石(パーネット)太さ1センチ、長さ8センチ、かなり強力な磁石です。口に40~50センチほどのパイプを差し込んでそのパイプの中に磁石を落とし込んで胃に入れます。

胃の中でこの磁石に金属がくっついて、胃壁に刺さったりしないそうなのですが、、、

ここで疑問。磁石にくっついた金属は取り出さないのか?
いままで、取り出したことがない。
ものの本によれば、さらに強力な磁石を用いて取り出すと書いてあった。
でも、過去に一度もそんなことをしたことがない。

たとへ磁石にくっついてもやはりチクチクはするでしょう!と想像してしまうのですが、、、牛的にはどうなんでしょう?

牛の中に入った磁石、いったいどれたけの金属がくっついているのか一度見てみたいものです。

 

ここ数年は この磁石すら飲ませていません。
昔は心内膜炎と診断されたときはこの金物が刺さって炎症を起こしている事が疑われていたため必ず全頭飲ませていたけれど、最近はそんな疾病もほとんどない。これもハーベスターの金属探知機の性能が良くなったり、古い木造牛舎や木柵やバラ線のパドックとかが無くなってきたせいでしょうかね。

 

でも、やっぱり飲ませておいた方がいいのかも知れません。