2016 6月 05日

輝く女性スタッフ

昨日雨の中、我が牧場を訪ねてくれた女性がひとり。

近く出来る育成牧場のスタッフとして働く女性。
現在、哺乳・育成に関して猛勉強中とかで、名だたる育成牧場を見学したり、研修に入ったりしているというとても意欲的な方だった。

彼女の口から、たむら牧場のブログは一日3回チェックしてます。大好きなんです!と・・・
一日3回も?そんな熱烈な読者が目の前にいるなんて・・・。私、緊張~するわ~。たむら牧場のことはもう丸わかりね 笑
哺乳や育成に関しては結構ブログにアップしているので、もう説明するほどでもない感じ、本当に熟読してくれているので、現場を見に行っても「あっ!これがブログに書いてあったことなんですね!」とか、反応が早いっ!

すでに哺乳育成技術に関して、勉強も研修もしているので、そんじゃそこらの酪農家よりもずっとレベルの高い知識や経験を積んでいるので、もう何も教えてあげることなんてなかった。

でも、彼女の今までの体験や経験から感じている事に、私の話に同感していくれる様子が感じ取れ、スゴく嬉しく思えた♪

 

彼女のバイタリティー溢れる仕事への情熱。なんたって体育会系!もと実業団で働いていた経験もあることから、会話能力や行動力にすぐれ、きっと強力な牧場スタッフとして磨かれていき、良い育成牛を育ていけそうです。とても頼もしい。こんなスタッフなら、我が家でも欲しいっ!

ヘッドハンティングされないように、しっかりオーナーは彼女を見守って欲しいわ。

ラズベリー石けん
彼女がお土産に持ってきてくれた、石けん。

牛の顔が掘られているの、可愛い♪ ありがとう!

これからきっとまだまだ色々な事に遭遇し、紆余曲折はあるでしょうが、自分が育てる!自分以外にこの牛の命を支える人はないんだという責任さえ、しっかり持っていればきっと乗り越えていけます。頑張ってね。そして、楽しむことも忘れずにね。

久しぶりに輝く女性と出逢い、私もやる気出た。