2016 7月 30日

螺(ら)線の神秘

ひまわり
寒かった北海道の7月。
いよいよ短い夏が始まったかのよう。
ちょっと北海道の爽やかな暑さにはほど遠く、まるで本州の湿度がまとわり付くような蒸し暑さの今日この頃。乾かない汗に、心も身体もけだるさだけが覆い被さってきます。

元気印の様なひまわりの花。夏の顔です。

 

「フィボナッチ数」ってご存じでしょうか? 理数系の方なら知っていらっしゃるでしょう。
1.1.2.3.5.8.13.21.34.55.89.144.・・・・・
と、前の項の数字を足した数列を言います。

実はこのフィボナッチに現れてくる数字が自然界と密接な関係があることを、私 つい最近知りました。
そして、この数字が美しいということ。されに調和がとれているということを。
数字が美しいということはどういうこと?と疑問に思われるでしょうね。

自然界にはこのフィボナッチ数が多く存在しています。
そう、このひまわり♪
ひまわりの種の配列 二つの螺線が組み合わさって作られています。

フィボナッチ ひまわり
左画像の種の右螺線34本 そして同じひまわりの種の左螺線は21本
どちらもフィボナッチ数の中の数。
これはロマネスコというカリフラワーみたいな野菜の螺線も同じ

フィボナッチ ロマネスコ
このロマネスコは左螺線は13本 右は・・・8本です。

このほかにも松ぼっくりやパイナップルの表面の螺線の数もフィボナッチ数なんですって。ちょっと驚きですね。

私たちがバランスがイイと感じる長方形(写真サイズもこの比率に極近)もこのフィボナッチが関係しているそうなんです。
フィボナッチ 黄金比
フィボナッチが作り出す螺線。
植物のゼンマイの螺線や巻き貝の螺線も、人が美しいと感じる螺線はこのフィボナッチの黄金比が作り出す螺線なんだそう。

フィボナッチ 巻き貝
写真の巻き貝も規則正しい螺線を描いて成長している。

そして、音も螺線が元になっていて波形を作り出す。小さい螺線は高音になり、大きな螺線は低音。音階もまた螺線上に規則正しく配置されいるらしい。
詳しい事は私も説明できないので、「音階の螺線」などで気になる方は検索してみて下さい。美しい音楽はこの美しい数字で表せる螺線上に出来ている事になります。

そして、もっと壮大な螺線
銀河系の螺線、惑星の軌道や衛星の軌道の螺線、台風の螺線、そして私たちの身体の設計図にあたる遺伝子(DNA)の配列も二つの規則正しい螺線で構成されていること。

何だかとても不思議。

宇宙や音楽が数学的に繋がっている事。そして自分の中にもDNAという宇宙が広がっている事。

美しいと感じる感性は、壮大な宇宙空間に営まわれている螺線と体内の螺線が協調し合うことにより、きっと引きつけられているのかも知れません。それは人のみならず、植物も動物も同じなのかもしれませんね。美しい調和「ハルモニア」。

銀河系

この夏、ちょっとゾクッとするような感動を螺線の神秘で出会えた。

 

 

 

2016 7月 29日

ブルーベリー摘み

今週初め、友人と一年ぶりの再会。
落ち合ったのは名寄市。

いつも食事をして一日をおしゃべりで過ごしてしまうのだけれど、
今回は短時間に沢山、名寄を満喫しようと調べて出かけた。

昼食は、やはりはずせない「食工房 おると」さん
なかなかディナーの時間には行けないので、ランチにディナーメニューをムリに予約お願いして頂く。ディナーメニューでも¥1,600!
デザートだけでもこのお値段の価値あり!というほど、非常にリーズナブル、しかも美味しいし、野菜の種類が豊富なのが嬉しいのです。

昼食を済ませた後、この日、偶然に今年の開園が始まったばかりという、
ブルーベリー農園の「サンベリーむらおか」さんへ。

サンベリーむらおか
おるとさんから車でわずかに5分ほど。
国道40号線沿いに この赤いステキな倉庫が見える。

入園料¥500、時間無制限で食べ放題です。お持ち帰りは100g¥200♪
開園は早朝6時!から夕方6時まで
9月いっぱいぐらいまで楽しめるとの事です。

サンベリーむらおか3
園内はバークチップが敷かれ、綺麗に整備されていて、
品種も7~8種類 粒の大きさも小さいものから巨大粒のものまで様々。

早速 小さなかごを持って摘み取りながら食べ歩き♪ 初体験です。

サンベリーむらおか2
まるで葡萄の房のように大粒のブルーベリーが鈴なり♪ 我が家の木とは大違い。
ワクワクしてしまいます。
味も同じ品種でも木によって多少酸味に差があったりして、もう、食べるのも摘み取るのも友人ともにもう会話もせずに必死 笑

大きい粒のばかり摘み取るとすぐにかごがいっぱいになってしまうので、小さい粒のも。
大粒のはなんと親指の第一関節ぐらいのもあるの。もうブルーベリーという可愛いもんじゃない感じよ。

ブルーベリー園の回りにはぐるりと色とりどりの花壇も整備され、花の観賞も同時に出来るのがイイです。
この日名寄は30℃近くまで気温が上がっていて 暑っいこと!
汗だくだくになりながら、果実を頬張る私たちは無我夢中。倉庫に戻ると冷たい麦茶をご馳走してくれました。
美味しくて楽しくて大満足。

さて次は名寄天文台へプラネタリウムを見に。
小学校以来のプラネタリウム

星座の説明ばかりでは無くて、今は天文に関するステキなストーリーが上映されるんですね。もうビックリ。
知人教えてもらった天体アプリも早速ダウンロードして夜空を眺めてみると、今まで只の一等星?ぐらいにしか思って見ていなかった星が、金星だったり土星だったりしてることが分かって、これまたさらにビックリ。私って天文に関して何も知らないで過ごしていた事に、損していた気分になりました。

北海道の星空はどこで見ても綺麗。
星座にまつわる色々な伝説を知りつつ、見上げる星空は格別でしょうね。
是非に夜に国内で公開されている中で2番目に大きいという、名寄天台の望遠鏡を覗いて見たいものです。

天体望遠鏡ピリカ
天体望遠鏡ピリカ
北海道大学の所有の望遠鏡なんだそうです。何だかよく分からないけれど、スゴく大きい。望遠鏡って筒状になっているのかと思いきや、これは違うようです。

北大が名寄の天文台で天体研究をしていて、週末の夜、一般にも公開し、覗いて見る事が出来るそうですよ。

是非、星空に目を向けてみたいこの夏です。

 

 

2016 7月 24日

ありがとうございました

爽やかな夏のオホーツクです。
ここ紋別も夏のお祭りである「もんべつ港祭り」の期間の真っ最中。
お天気に恵まれ きっと賑やかなお祭りだった事でしょう。

そんな中、2012年8月に現在のこのブログに移転してから5年
ちょうど5年で10万人の訪問者に達成することとなり、急な思いつきでしたが
プレゼント企画を実施。

お陰様で、100,000  100,101番をゲットされた2名の方から連絡を頂きました♪

本当におめでとうございました。そしてありがとうございます。

たむら牧場が現在のフリーストール牛舎(H12年)したのち平成15年(2003年)に立ち上げたホームページに始まり、その後ブログ形式に以降、その後再度現在のブログに移行。
そのたびにカウント「0」からスタート。通算だとどれぐらいの訪問者なのかわかりませんが、本当に感謝に尽きません。

酪農が嫌いだった自分が、こうして酪農に従事して30年。
今ではブログは自分の酪農人生の歴史でもあります。

お陰様でたくさんの人と出会い、支えられ学び・・・いつしか酪農を何かのかたちで伝えたいとう気持ちへ・・・
ブログが自分に出来る、たむら牧場と関わり合ってくれた方々への感謝とお礼だと思っています。

仔牛下痢3

 

毎年少しずつ一日の訪問者数が増え、こんなに沢山の方が毎日、目を通してくれていることに責任さえ感じます。

 

今回はたった2名に方へのプレゼント企画でしたが、訪問して下さってくれている皆さんに本当に感謝です。本当にありがとうございます。
今後も恩返し出来るように心しながら、続けていきたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

 

2016 7月 22日

プレゼント♪

月日が流れ、たむら牧場のこのブログも最新版になって5年ぐらい
お陰様で気がつけば、訪問者数10万人がもう目前になっていることに気づきました。
本当に毎日訪問してしてくださっている方、偶然このブログに出会った方等々、目を通して頂きありがとうございます。

プレゼント

本当に久しぶりの企画になりますが、
訪問者10万人目の方にささやかですが、記念品をプレゼントしたいと思います。

余りにも急な企画ですので

カウンターの「100,000」 と 無理矢理に「100,101」に偶然巡り会った2名の方、
カウンターを写して添付の上、お名前・住所・電話番号を明記のうえ、下記のアドレスまで送信して下さいね。

今日かな?明日かな?というほど迫っています。

tmrtoshi@poppy.ocn.ne.jp

急な企画で申し訳ないのですが、心よりお待ちしております。

たむら牧場

 

★追伸★

同日にお一人の方が数回アクセスしても、カウンターは「ひとつ」しか上がりませんのでご了承下さいね。又、海外発送はできませんので、国内の在住の方に限らせて頂きます。ごめんなさい。

2016 7月 21日

冬毛

今日は久しぶりの朝から日差しいっぱい。
とは言え、20~22℃ぐらいでしょうか?
ずっと涼しかったので、これぐらいの気温でもかなり暑くさえ思えます。
本州の人々には贅沢な自然冷房ですね。

冬毛・・・の牛が気になりました。

冬毛
昨年1月に育成牧場に入牧
今年2月に1年ぶりに妊娠して下牧し、4月中旬に分娩。
それから約3ヶ月。
未だにお腹周りの冬毛が抜け落ちていません。

通年舎飼いされている牛は、冬毛夏毛の区別が付かないぐらいの状態です。

預託先の育成牛に関しては、入牧されている間は寝るところ以外は外の環境下で飼育されてるので、もろに外気環境の影響を受けるので、体温保持のために冬毛と称して、被毛が増え、毛並みも長くなります。
そうそう お腹が常時冷える様な濡れた寝床の環境下ではお腹の下の毛もモサモサになるんだとか・・・そんな環境下ではモサモサというより、糞の鎧でガッチリ着固めているので、毛がモサモサになっているかどうかだなんて判断出来ないのが現実です 笑
あくまでも糞の鎧では保温に役目は果たしません。鎧を着た育成牛を見ると悲しくなります。

 

暖かくなってくると冬毛から夏毛に生え替わるのですが、育成期間の栄養状態が悪い(喰い負け)と分娩後のストレス等でなかなかこの冬毛がすんなりと落ちてくれないようです。

冬毛4
とは言え、同じ時期に入牧して下牧してきた上の写真の初産牛。
この牛はきっと、預託期間中もきっと沢山の牛の中でも、喰い負けもせずに育ってきたのでしょう。分娩後もよく食べられているので代謝も良く、冬毛とうに抜け落ち、艶やか。

やはり、食える牛は強いです。

とは言え たくさんいる中ですから、弱い牛もいます。
早く逞しくなって欲しいものです。

冬毛2
でないと・・・抜け落ちないうちにまたすぐに冬が着て・・・一年中毛づやの悪いコートの着重ねになってしまう?