2016 7月 19日

分娩ラッシュ

まだまだ涼しすぎる夏・・・続いていますね・・・
この連休も今ひとつでした。

涼しい分、庭の花は長持ちして綺麗です。
雑草退治も忙しいのですが、体力を消耗せずに快適な作業ができます。

さて今月7月は今年一番分娩が集中して最も多い月。
なのに、さーっぱりバルクの乳量が増えてこないこの現実。
昨年のサイレージが極悪のせいでしょうか?乳房炎多いです 泣

 

現在、わずかに14基しかないハッチは定員オーバー。

ムリなペア飼い
これから数日間の分娩は、シングルハウスに無理矢理シェアしてもらう他ありません。
このシェアハウスは生後10日の初生トクと2日前に生まれた初産牛の極小の♀。
やはりかなり狭そうです。

体格も生まれてからの日数も違うので、哺乳時、ミルクの呑みの早さも大きく違うので、オスの方には首にロープで縛って、隣の仔牛のミルクを奪わないように配慮。

早く・・・・♂出荷してしまいたいけれど、何せ、♂双子が2組がいるのですぐに出荷出来ないというこの辛い現実。

最初のペア飼いの一組、離乳になりました。が まだ数日間はそのままハッチ飼い。
早く育成舎に移動したいものです。
ペア飼いをして 今までと大きく違う点は
哺乳量や減乳ペースなど従来と全く同じなのですが、スターターや乾草の食べはじめが格段に早いこと。だから離乳時にはかなりお腹が出来ていると思います。

なかなかペア飼い、良さげです。
ハッチを被っているハウスも天井が高いこともあって、寝わらの交換もシングルハッチより楽ちん。
それでも・・・離乳後 離乳されたストレス?で同居牛の尻尾を吸ったりしていますね・・・・
離乳の仕方をもっと改善すべきなのでしょうかね・・・