2016 8月 23日

台風9号

1週間で3つの台風が北海道上陸。
かつてこんなこと無かった。

ここ紋別は7号の影響はさほどではなかったけれど、11号の局地的な大雨が酷く、我が地区でも避難勧告が発令したほど。雨水も引かないうちに今回の台風。再び避難勧告発令。
早朝4時頃からいきなり降り出した雨。わずか4~5時間ほどの短時間の大雨でしたが、その雨量は半端なく、牛舎の周りも過去最高の湖状態。

台風9号

台風9号2台風9号3
牛舎の入り口からも雨水が流れ込み、牛舎の汚水槽も溢れ、パーラーの洗浄水の排水もできなくなりパーラーの床も浸水状態。勿論 牛舎のトイレも使用不可能。

でも牛舎自体は浸水はしていませんが、飼槽は天井のオープンリッジから降り注ぐ雨で洪水状態。

あ”~ぁ どうしようもないです。

我が家の目の前の国道もあっちこっちで通行止め状態、けれど程なく解除。本日の集乳日、無事に集乳出来て問題なしでした。良かったぁ~

あんなに局地的に降った大雨。お昼前には台風一過の晴れた良いお天気に。朝の大雨が嘘のようです。

台風9号4

台風9号5

お昼過ぎには牛舎の周りの水も引き始め、洗浄できなかったミルカーやバルクの洗浄、パーラーの掃除、カーフハッチの敷料の取替えと大忙し。

ブログもすぐに更新していなかったせいなのでしょうか、沢山の方々からご心配の連絡を頂きました。

皆さん、本当にお気遣いありがとうございました。

たむら牧場、特別な被害もなく無事でした。

それでも 近くの牧場では牛舎や畑が冠水したりしているところがあります。
立地条件の良さに救われている我が家です。

まだ、8月。

昨年の10月の大きな台風が来た事を考えると、まだまだこの先どうなるかわかりません。今回は雨だけの影響で風を伴わなかったのが幸いでした。

週間予報を見るとお天気も続かず、ずーっと月末まで更に雨予報が連なっています。2番草・・・・いつ収穫出来るのでしょ???

キジマルの歯
豪雨の中、バルククーラーの冷却室で呑気に寝ているキジマル。

まだ2歳なのに、すきっ歯だし、抜けているし、おまけにもう一本も抜けそうだし、歯槽膿漏なのでしょうか?
なんとも情けない若年寄です 笑

 

 

2016 8月 20日

生き返った♪

17日のこと。

生後5日目のオス仔牛。
いつも通り元気に3リットル飲み干して、体調良好と思っていた。

夕方 哺乳前の便チェックにハッチを見て回っていたところ、

朝の哺乳時は元気だったでしょ!!!、どーしたことでしょう?
自分の目を疑いました。

4つ足投げ出して・・・・私の声かけにも全く無反応、まさに虫の息・・・・白い身体にはハエがたくさんたかっていた。
体調が悪い牛には何故か、ハエがたかるのです。

下痢もしている様子も無し、何が起こったのか?腸閉塞?

私、すぐに諦めました。治療しても無駄だと・・・・
この状態では、明日朝には死んでしまっていると確信。

 

早朝、当然死んでしまっていると思い込んで確認もせずに獣医師に、へい獣処理業者に出すための、死亡獣畜の指示書を書いて貰えるようFAXで依頼。

FAXを送信したのち、他の仔牛達の哺乳にミルクを運んでいった。

死んでしまっているよね?当然・・・・と思っていた仔牛のハッチを恐る恐る覗いてみると・・・

な・なんと!立ってミルクを待ってました!!

生き返り仔牛2

 

驚いた!!!慌てて、獣医師に「生き返りました!」と、指示書のキャンセルFAXを送信

 

他の子のミルクを後回しにして、この子のミルクを作って給与。ついでに抗生剤の注射も。

流石に半分のミルクしかその日は飲めなかったけれど、翌日からは通常の量を飲み干すまでに回復。

初産の子だけれど12万ぐらいにはなるかと思っていただけに、何とか収入になりそうです♪

 

それにしても、私、諦め早すぎました 笑
きっと急な発熱でダウンしていたのでしょうね。

 

ホント、良かった♪ 良かった♪

生き返り仔牛

 

簡単に牛の命とて、諦めるな! ですね。

 

2016 8月 18日

台風7号

昨日、台風7号が北海道上陸し通過していった。
ココ紋別も夕方から短時間に大雨が降りましたが、長時間降る事はなく、ホッとしていました。
夜、9時には雨も小降りになりやれやれ大したことがなかったと・・・
私は深い眠りについて朝まで爆睡。

早朝から台風一過の好天気

牛舎へ出勤中 途中に三本植えてある小林檎の木(クラブアップル)のウチの一本が根元から倒れていました。

はて・・・・・? 夜中にそんなに強い風が吹いたのだろうか?と全く気づかずに寝ていた私。

どうやら、短時間に突風が吹いたとのこと。

台風7号
回りを見回しても、安易なカーフハッチも大丈夫だったし、デントコーン畑も倒伏していなさそうと思っていたら、一部倒れているとの事。
呑気すぎな私。

皆さんの所は被害は無かったでしょうか?

足寄で川が氾濫して町内の一部が床上浸水とのニュースを見て、友人の住所を調べ、まさか・・・と思いつつ連絡を取ったところ、まさにその状況下にあるとのこと。
現在も水が引いていなく自宅に戻れないでいるそうです。

局地的な集中豪雨 道内各地でその被害も大きかったようです。
秋の収穫時期を目前に、農作物の影響も大きいはず。

気を持ち直して、現状に対処していきましょう!

 

台風・・・・もう 来なくていいですから! 雨も風も充分頂きました!

 

2016 8月 17日

台風

蒸し暑さが続いていた8月。
お盆期間中も、来客も多くて慌ただしい毎日でした。

台風6号。
通常は本州から縦断するようにやってくる台風。
しかし6号はいきなり北海道に向かってくるという珍しいパターン。
でも上陸するまえに温帯低気圧に変わったようで、なんの影響もなくホッ。

雫 アナベル

続けてやって来ている台風7号
通常コースを辿ってくる、短期集中型の局地的な集中豪雨をもたらすような台風みたいです。
紋別は今日午後から夜にかけて、1時間に24mmという大雨予報
風はあまり無いようです。

風が伴なわないのはありがたい。
昨年の台風のようにデントコーンが総倒れするようなことはなさそうです。ちょっと安心。それでなくても、今年のデントコーン、発芽からの生育にとてもばらつきが多くて、収量があまり見込めなそう。でも今年は黒穂病は出ていません。

2番牧草収穫はまだこれからの我が家。
この台風が去ったら もう秋ですね。

雫 クレマチス

雫 スモークツリー
庭の花も流石に暑さで疲れ果てているけれど、
雨の雫で違った輝きを見せてくれている。 綺麗♪

 

 

2016 8月 11日

未来の酪農女子

昨日、隣町から3人の酪農女子の方々が視察に見えた。
ご実家の酪農後継者として戻られたばかり、酪農家に本州から嫁いで2年(現在妊娠8ヶ月♡)、そして近く新規就農を控えている方とこれから酪農女子として輝きを増す方々ばかり。

普段から哺育を担当し、これから就農にあたり哺育を勉強したいということでしたので、我が家の哺育育成のやり方、その他牛舎全般や、ついでに私の庭なんかもご披露。

目的を持ってこられる少人数の訪問者の対応は、実はとても楽しい♪

全員の方とお話出来るし、顔と名前をなかなか覚えられない私でも覚えられる範囲ですから(笑)

熱心に質問やメモを取られ・・・・私、ちゃんと説明出来ているのかしら?と後で思ったりします。

お昼ランチを食べながら雑談
それぞれの就農のきっかけなどそれぞれ聞きながら、こちらも紆余曲折の「たむら牧場ヒストリー」を披露。
これからの長い酪農人生、皆さん、どんなヒストリーを作り上げていくのでしょうね。
どんなヒストリーになるのかは自分の思いがどこにあるかで、様々な道が広がっていきます。 小さな事からとにかく自ら動きながら歩んでいって欲しいと思います。

 

嬉しいお土産いっぱい♪

リコッタチーズパイ
アドナイチーズ工房のリコッタチーズパイ

玄米ご飯パン
手作りの玄米ご飯を練り込んだ食パン
コレ、新食感でとっても美味しいの!

その他にもソーセージ♪

本当にありがとうございました。

酪農女子
楽しい事ばかりではないけれど、きっと実りある酪農人生が歩める方々ばかりとおもいました。チャレンジすることを楽しみながら頑張ってくださいね!

また お会いできる日を楽しみにしています!