2016 11月 21日

Kabamaru

私の好きな水墨作家 岡本 肇

彼の描く 猫の「Kabamaru」の絵と猫語録が好き

牛舎の事務所にも、絵手ぬぐいの掛け軸が、もう何年も前から飾ってある。
とてもお気に入りで掛け替えられずに・・・・

先日、カレンダー売り場に、岡本肇の猫語録の万年カレンダーが2種類売っていた
しばし、どちらを買おうか迷って、結局 2種類とも購入してしまった。

なかなかクスッと笑える語録がいっぱい

%e5%b2%a1%e6%9c%ac%e8%82%87 %e5%b2%a1%e6%9c%ac%e8%82%87%ef%bc%92
猫的発想の面白いカレンダーです。

この猫「Kabamaru」が岡本肇さんによってこの世にデビューしたのが、今から20年前だそう。
何故にKabamaruという名前なのか?不明ですが。
本人曰く、「水墨ポップアート」と称し、地味な水墨画を身近に表現しています。

彼の作品は本当に和み、癒やされます。

万年カレンダーは買ったその日から使えるのがイイですね。
毎日めくっては 一日の活力になりそう♪

キジまる キジマルの歯
我が家のキジマルにちょっと似てるかな? 笑

%e7%8c%ab%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3
そして、衝動買いのネコクッション
やっぱりどちらかを選択出来ずに2つとも・・・・ 笑

お昼寝用の抱き枕 2匹まとめて抱いて寝る!

 

 

 

2016 11月 19日

ちょっとショック・・・

先日、携帯の会社から・・・・

私的にはかなりショックな案内が届いた。

田村 純子 様

「新しいかんたんケータイへのお取り替えのご案内」 

見やすく

聞きやすく

押しやすく

安心快適な使い心地

だと・・・・

私・・・・過去に一度もかんたんケータイなんて使ったことないのに・・・・
現在は一応スマホ使用しております!

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b
LINEもFacebookもしていないから、決して使いこなしているとは言えないけれど、
今更、かんたんケータイへの移行はないでしょ!?

 

私が54歳になったからでしょうか?

 

ちょっとショック

いや、かなりショック

携帯会社は私にかんたんケータイを勧めている
あ~ 動悸が。。。目眩が。。。

 

なんで? かんたんケータイを私に薦める? その真意がわかりません!

 

はぁ~~~ ショック!

 

 

 

 

2016 11月 18日

中頓別4H&宗谷普及センター

大雪に見舞われた中、バイトさんの応援も頂きながら、畑起こしもやっと終わり安堵の一息。
雪もやっと大半は溶けて消えましたが、11月初めの大雪は根雪になってしまう結果に。私の記憶の中で一番早い記録になった気がします。

ブログも随分と長い間手を付けられずに・・・・

昨年は女性部の役員をしていたこともあって出て歩く事が多かったのですが、今年は外に出歩くより俄然牧場への来客が多い1年になっています。
週初めは年に2度の牛舎の管理共励会で大掃除に連日明け暮れ、(自宅の大掃除でもこんなにやらないというのに・・・笑)

そして、昨日は中頓別町の4Hクラブの青年5名と普及員4名の視察の受入。
確か春にも中頓別の若い酪農女性が視察に来られていました。

未婚の酪農後継者3名、酪農ヘルパー1名、JA授精師1名の計5名で活動しているそうです。
皆さん23~30歳までの若い!青年達ばかり。
普及員さんも今年採用になった新人普及員2名も含まれるというフレッシュな一団でしたね。

私たちが結婚したのが24歳になる年だったので、30年の時代の流れが逆戻りする。
その頃、これからどうしよう?どんな経営をしていこう?なんて日々の生活苦に追われ、考えることもなっかたように思える。
あれから30年。ちょうど自分達の息子と同じ世代の青年達を目の前に、昔の貧困経営(現在もだけれど!)の話から18年前にフリーストールへの規模拡大に至った経緯、たむら牧場の色々な経験や思いなど3時間に渡り食事をしながら話した。
しゃちょーは経営者としての歩みや思い、それに関わってきた沢山の人たちとのネットワークを、私は好きではない職業に嫁ぎ、さらに貧困経営での中での嫁の立場としての自立とささやかな酪農をする上での楽しみ方など、これから伴侶を迎える青年に伝えた。 つもり!

どんな苦しい時にでも必ずある幸せ。それを感じ取れる目と感性が自分にあることを忘れないで欲しい。

人と比べて・・・どうかと判断するより、オリジナリティー(そこに想像力と自分の楽しさや面白さを投入)した思いを持って、日々酪農に向き合って欲しいと思います。

 

普及員さんに対しても、経営年数が長ければそれだけの波瀾万丈な経験がその牧場ごとにあります。しっかり土台から農家さんと向きあえる姿勢が大切。それを補う対話能力必須だと思うのです。

 

%e4%b8%ad%e9%a0%93%e5%88%a5%ef%bc%94%ef%bd%88

いや~私たちもよくぞ30年もの長い間、酪農してこれたものです。我ながらビックリするわ。

牛、好きじゃないけれど、酪農という職業は「面白い!」と思います。
だから今日までやってこれたのかな?とも思う。

 

なんだか、今回の視察で30年という自分史を振り返る良い機会になり、改めて酪農を営むということを自分自身再認識できた気がします。

 

あ~楽しかった! ありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

2016 11月 06日

蕎麦のパンナコッタ

昨年は蕎麦粉を使ったクレープがマイブームだった。

今年は・・・ 春に札幌のイタリアンで食べた蕎麦粉のパンナコッタが印象的だったのを思い出して、真似て作ってみた。
蕎麦粉は知人のこだわり自家栽培、体力根気勝負での自力石臼挽きのもの♪ 今年も密かに待ってます♪

%e8%95%8e%e9%ba%a6%e3%81%ae%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%82%b3%e3%83%83%e3%82%bf
出来上がり・・・ゼラチンが少なかったのか、余りにもゆるすぎて原型をとどめない事から、凍らしてから写真撮影 笑
廻りのソースはアングレーソース
オシャレな名前ですが、要は牛乳・砂糖・卵黄を混ぜて煮詰めただけのカスタードソースです。
赤い花びらはハマナスのドライフラワー ハマナスの花は紋別市の市の花に制定されているのですよ。

蕎麦粉のパンナコッタ意外な美味しさです。

2016 11月 06日

大雪と里芋

%e5%a4%a7%e9%9b%aa2016-11
まだ、11月6日です。 雪が舞う日があっても不思議じゃないですが、いきなりこんなに大雪!
先日帯広方面で20センチの雪が降ったとは聞いていたけれど、まるで他人事のようにお気の毒・・・と
思っていたら、昨日から今朝までにおよそ30センチ。
スキットローダーはスリックタイヤのまま、チェーンかけてもすぐ外れるので、そのままで除雪。
時間のかかること・・・・

まだ、畑起こしも終わっていません。
庭の冬囲いもまだまだ・・・・ もう何もかも雪の下。
あきらめようにも諦められない複雑な気持ち。

%e5%a4%a7%e9%9b%aa2016-11-2

一度溶けてくれると助かるのですが・・・・明日も最高気温0℃。
もうはや・・・この雪、根雪になるのでしょうか?

憂鬱な気分の日曜日。

 

先日、里芋を友人からお裾分け頂きました。
正直、困りました。

お正月の煮しめにいれるのも里芋ではなく、我が家は北海道ですからじゃがいも!
わざわざ里芋を買う事すらないほど、馴染みのない食材。

さて、、、どうしたものか?

里芋の煮付けでは、しゃちょーは絶対に食べないし・・・・私も正直作ってまで、食べたいとも思わないので、
色々と里芋料理を調べていたら・・・・これはイケるかもと思ったのが「揚げだし」

%e9%87%8c%e8%8a%8b%e3%81%ae%e6%8f%9a%e3%81%92%e3%81%a0%e3%81%97
メチャ簡単で、ヤバイほど美味しい!
里芋のイメージ急上昇! ジャガイモじゃ絶対にこの美味しさにはならない、里芋じゃなくっちゃ!
というほどの美味しさです。
しゃちょーも旨い!と絶賛~♪ 合格~♪

寒い日に、ねっとり熱々の里芋の揚げだし。これだけでお腹いっぱいになります。

揚げた里芋に塩をふって食べても いいおつまみに♪

里芋旨し! 里芋は買ってでも食べたい食材になったわ!

好きではない食材を大好きにしてくれた、きっかけを与えてくれた友人に感謝♪