2016 11月 23日

思いやり

極寒です。
日本海側の道北方面は暴風雪。すでに70㎝を超える積雪の上、強風
まだ11月です。1月や2月でもあるまいし。早すぎる真冬の大荒れ天気。
今年もまた長い冬になりそうです。

ココ紋別も、雪はさほどではありませんが、とにかく風が冷たい!
路面はテカテカ。流石に車の運転は緊張さが覗えるほどノロノロ運転。
外に出たくありません。

寒いと言えば 懐も寒いですね。

そんな畜主の気持ちを察してかどうかはわかりませんが、とにかくオスばかり生まれます。
オスは1週間から2週間で出荷されてしまい居なくなるため、カーフハッチは現在、閑口鳥が啼いています。

%e5%88%9d%e7%94%9f%e3%83%88%e3%82%af
今、メスで哺乳しているのはたったの3頭。
それと、もうじき出荷予定のオスが2頭のみ。今月のメスは1頭だけしかまだ生まれてません。

畜主の懐を気にしてくれているんでしょう、年末の収入に貢献してくれてるかのようです。
分娩牛の思いやりですね。ありがたいことです。

カーフジャケット、裏にフリースを足して付けていましたが、今年はもう一枚重ねて3重構造のカーフジャケットにバージョンアップ!

温かいでしょ?

 

私も仔牛への思いやりです。