2017 3月 02日

弥生月のお節句

今日も暖かな穏やかな一日でした。
圧雪された雪道もすっかりしばれが緩み、ざくざく状態。
ひとも猫も足の運び先に戸惑う。

明日は桃の節句

娘もいないし、孫にも女の子がいないので、自分のためのお節句
節句は季節に見合った供物を神に捧げ、人々が共にその供物を頂くことで、邪気を払い、人々の繋がりを深める機会なのだかとか。
頂きもの中から春らしいものを作って,頂いた方々に感謝をしつつ、季節の節目を感じ新たな季節に向かい鋭気を養うことに。

 

高級な酒粕を頂いたので、お菓子に。


旭川にある酒造メーカー「男山」の酒粕です。
甘酒にはしないで、チーズケーキにしてみることに。


パッケージの帯には、ちょっといいメッセージが。
きっと美味しいレアチーズケーキになりそうな予感をさせてくれます。


いい香り。

頂きものばかりですが、こちらは「十勝晴れ」というお酒の酒粕で作られた甘酒♡
桃の節句にちなんで、淡い桃色。とても綺麗。味わいも桃色にふさわしく、とてもすっきりと優しい甘さ。


ここのところ、巷では酒粕がちょっとしたブームですものね。

 


桜の塩漬けをあしらって、出来た酒粕レアチーズケーキ。

自画自賛、美味しい♪

やはり、いい酒粕はいい仕事をします。

55回目の弥生の節句。
ちょっと贅沢した気分になれました。

どんな季節が巡ってくるのでしょう? 暖かさも相まって心弾みます。