2017 5月 12日

ヤンチャ姫 ダニー

2年前の夏、生後1か月の仔牛がハッチから脱走して、
山中に2~3日行方不明になって、ダニだらけになって見つかった
愛称「ダニー」ちゃんが、一週間前、無事に分娩し母牛となりました。

 
昨日、初の乳検。
分娩後7日目、夜検定で32.6kg
あらぁ~ なかなか稼ぎます!
まだ乳房に硬さは残っている感じですが・・・


GMSのお陰で乳頭配置もばっちり、ヤンチャ姫だっとは思えないほど
搾乳も大人しくて、期待の乳牛になりそう♪

ほんと、帰ってきて良かった。
こんないい牛、クマに食べられていては大損害だった。

私が牛群で固体番号と名前と牛の顔が一致できる牛は数少ない (笑)

こうして、とにかく印象的な出来事があった牛とか、必ず近寄ってくるしつこい牛は
すぐに覚えられるけれど、まったく印象のない牛の方が多い。

そんな牛は、人との距離もある程度あり、何の健康障害もなく、乳量も平均的、顔つきも性格も平凡な牛なのです。
要は人の手を煩わせない、扱い易い牛なんですね。

このダニーちゃん、目の周りがダニだらけになっていて、しばらく涙目でいたけれど、
やっぱり、いつも涙目になっていて、涙筋があって汚れている。
写真はちょっと、見やすくきれいにしてあげています(笑)

2月の酪農セミナーで乾乳牛、初妊牛のタンパクレベルを上げるべきという話から
乾乳前期グループから後期グループまで全般において上げてから、ちょっと調子イイとしゃちょー。

現在搾乳牛の42%が初産牛、非常に牛群が若返っている現状。
来年以降の2産目のスランプがなければ・・・楽しみな感じなのですが・・・
と・・・いつも 同じことを思っているけど、そうはならないのが現実なんだな・・・・

すべてにおいて「絶好調」って思える時期は経験したことがないわ。

それでもGMSのお陰で 随分と搾乳しやすくなった。
搾乳に難儀する牛がかなり減ってきた。 あともう少し!