2017 6月 28日

やっと!

一週間ぶりに日差しを感じています。

やっとお天気回復です。気が付けばもう6月もあと2日しかありません。
遅れていた牧草収穫も再開。
一気に終了まで行きたいのに、週間予報にはまたもや雨マークがポツリ入っている。
消えるように願って、進めるしかないですね。

 


作業の合間に、さくらバラの剪定。
これをしないと、新しく伸長した枝に小さい花が隠れて見えなくなってしまうのです。
もうじき満開の時期を迎えるのでその前に。

剪定した枝をかき集めていると、メイがやってきた。

子ヤギが貰われて行ってからは、日中は放し飼い。一日中好きなところへ行って、草を食べたり、牛の餌を食べたり、自由に歩き回っています。
結構、庭の果樹の葉とかも食べられてしまうのですが、寛大にイイことにしています。

メイはこの剪定した柔らかいバラの葉が大好き。モシャモシャ美味しそうにお腹パンパンになるまで食べる。
そして、寝る (笑)

 

そうそう、ご近所で牛舎の事務所に泥棒が入ったそうです。

倉庫、車庫、事務所 鍵の掛けられるところは施錠しておいた方が良いようです。
施錠していても、窓割られたら同じですが。。。
貴重品は置かないようにだけはしておかなくてはね。

皆さん ご注意を!

2017 6月 26日

送別会

昨日夜、北見にて送別会

2年前、たった1年限りだったけれど所属していたオホーツク女性協
その事務局に携わっていた若き女性担当者が転職をするということで、その送別会に私にもお声が掛かった。
たった一年だったのに、お誘い頂きとても嬉しかった。
ただ、牧草収穫時期真っ最中ということで、雨が降ったらという条件付きの出席だった。
雨で収穫作業が進まないのは手痛いことだけど、この日ばかりは雨とあって、心置きなく出席することが出来た。

私が所属した年は、彼女は事務局担当2年目、若いのに、仕事の情報集や手配など、それはテキパキと素晴らしい仕事ぶりに正直、感動していた。
私の末息子たちと同じ年だから、親御さんもきっと私と同じ年ごろかと思うと、こんな娘がいたら自慢の娘に違いないと思いながら見ていた。

彼女は仕事が出来るばかりではなく、気遣いが半端ない。
役員会がある時は、「道中気を付けて来てください」と当日の朝、メールを入れてくれたり、手作りのお菓子を作ってくれたり、ひとを喜ばせることを知っている女性。

そんな彼女が転職するということは、組織としてはとても手痛いところですが、新しいことへ今だから出来ることに準備を重ね、転職に踏み切ることにしたそう。
転職先は、人への気配りと人を喜ばせるという彼女の素晴らしいところを生かせる職業だと聞いて、これから新たな彼女らしい輝きを放てることでしょう。

そんな新しい彼女の姿を見る機会があるかどうか私にはわかりませんが、またこのメンバーで同窓会しよう!って解散に至ったので、その時が楽しみでなりません。


現役員さんのひとりから私へのプレゼント
私に?ってびっくりしてしまった。
その節はお世話になりましたと・・・役員さん全員分、それぞれのひとのイメージでアレンジフラワーを作ってくれたようです。嬉しいっ!
淡いピンクとオレンジ・・・これが私のイメージなんですね♪ ありがとうございます!

正直、何もわからずに一年こなした女性協の役員。
大変だったけれど、大変さ以上に役員さんや事務局さんたちの温かさに触れ、本当に楽しかったし、引退後もこうして連絡をくれることは何よりも嬉しいことです。

女性部の役員拒絶はまだまださらに根強いですが、飛び込んでしまえば、得るものも多いし人生も豊かになります。
この歳になっても、ひとの温かみを感じ、まだまだ新しい出会いも、絆も創っていけるものだと、ほっこりとさせられた送別会でした。

自分にとって嫌なこと避けたいことの向こう側にあるもの・・・それはきっと大切なこと それはきっと尊いこと

それを知れば、、、

2017 6月 24日

珈琲ぜんざい

「珈琲ぜんざい」って知ってますか?

コーヒー(ホット・アイス)の中に甘いゆであずきが入っている飲み物。
ちょっとびっくり。
でも、コレ美味しいのだとか・・・
発祥は京都の清水寺辺りにある甘味処らしいです。

羊羹をコーヒーを飲みながら頂くのが、一番美味しいと思っている私ですから、とても興味があります。

まだまだ寒い北海道ですが、一応季節は「夏」
珈琲ゼリーとぜんざいを組み合わせて作ってみた♪


普通のコーヒーゼリーではもう物足りなさを感じるほど美味しいですよ。
コーヒーとぜんざいのナイスなコンビネーション。

この夏は、このスィーツが定番になりそうです。

2017 6月 24日

お天気崩れ

牧草収穫も中盤を迎えている
けれど二日前からお天気、ダダ崩れ・・・
週明け月曜日まで雨が残りそうです。
一度崩れると長い。

悪いのはお天気だけで済んでいない。


1週間前に分娩した3頭の牛
死産2頭、双子と分娩異常が続き、母牛の体調が酷く重症。
3頭とも後産停滞、泌乳なし、熱が下がらない。

ということで連日、点滴。

3頭も乳を出荷できていないのに、今日は4頭も乾乳にしなくてはならない牛たちがいる。

生産乳量もダダ下がりです。
産後の体調不調は何よりも、母牛にとっても生産にとっても大きく影響する重大疾病。

多くの生きものを飼っていれば、少なからずとも何らかの病気と向き合っていかなくてはならない。
でも、いっぺんにまとめて発症するとなると、大変な事態。

早く峠を超えられますように。
しばらく 気温も低めなので暑熱による2次的なことは避けられそう。涼しい内に体調復活してくれればと思う。

 

2017 6月 21日

ジェリーの家

皆さん良くご存知のアメリカのアニメ「トム&ジェリー」
私も大好き。良く見ました。

最近の我が家のトム的存在の「キジマル」がもう1か月以上帰ってこない。
どこへ旅に出てしまったのか?野良猫人生を謳歌しているのでしょうか?
可愛がっていたはずなのに。野生の血が騒ぐままに家出してしまっている。
たまに 顔見せに帰って来てほしい。

牛舎飼い猫の存在がなくなると、俄然 勢力を強めるジェリー達。


パーラー室と待機室の境目の壁面。


その左側の隅・・・
最近、何だか白い小さなゴミがあるとは思っていたけれど・・・
何と!ジェリーの家でした。


しかも、出入り口が2か所 結構大きな穴です。壁幅は10cmもないかと思う狭小スペース。

だ・誰の許可を取ってここを住居としているのか?

ここは市街化調整区域! 家を作ってはいかんのです!

 

穴が二つということは、二世帯住宅なんでしょうか?大家族?
毎日、出入り口のゴミをかたずけても、翌日にはまた壁のなかの断熱材が細かくゴミとして、穴の外に排出されている。
まだ、住居内を改装真っ最中なんでしょうか?

だから、ここは市街化調整区域ですから! ダメなの!

今夜は強硬手段、ジェリーの家の出入り口に、「ペッタンコ」置くからね。