2017 6月 11日

お花見

1番牧草収穫前に、もうひと遊び!

上湧別町のチューリップも滝上町の芝桜も見に行けなかったので、遠軽町丸瀬布の藤園へ、数年ぶりに行ってみた。


9日、ふと時間が空いた?というより、今日見に行かないと、たぶん今年も見に行けないと思ったのでした。
1日、帯広から見に来た人がまだ5分咲きだったといっていたので、多分いい頃かと・・・

お天気快晴。風が少し強くて写真を撮るには難儀でしたが、初めて見る満開でした。
藤園で出店を出しているご主人も、今日が一番見頃だと話してくれた。

山間の狭い傾斜地にある平和公園につながる道路沿いに2段に作られた藤棚は百数十メートルはあるのではないかと思うぐらい。
道路沿いのほかにも公園内に小さな藤棚がいたるところに。

この平和公園とすぐ隣にある弘政寺にも大きな藤棚がありそこも自由に見られるのです。
藤の花の色はこの紫一色です。
たった1本だけ、まだ幼木ですが真っ白な藤もありました。

 

園内は、藤の香りが吹く風に乗って、身体に吸い込まれてくる感じ。
平日とあって、人は少なくて落ち着いて見られ良かった。


公園に向かう上り坂。
20名ほどの保育園児のお散歩に遭遇。先頭を歩くのは男性の保育士さん。
私もすぐ後を歩きながら、保育士さんと園児の会話を楽しんだ。
「せんせ~ まだぁ~?」
「お昼ご飯まで、あと何分?」
「楽しいところあるのぉ~?」とか、そんな質問に丁寧に答える保育士さん。

突然、やまびこのことを説明し始めた。

そうすると、園児たち一斉に「ヤッホー!ヤッホー!」と大声で叫び始めた。
とてもやまびこが返ってくる暇もないぐらいのヤッホーの連続で思わず噴き出してしまったわ。

可愛いっ!

 

北海道の藤は本州の藤に比べ、花房が短いけれど本当に見事。

本日、雨が降る酷く寒いのですが、会場では「藤まつり」が開催されているようです。