2017 7月 28日

牧場民泊体験

先日、意外なところで昔の話が・・・

いつもカニを地方発送しているところへ、支払いに行った時のこと。
以前の担当者とは変わっていた。
今回窓口で対応してくれた女性の方から話が持ち出された。

「田村さんって・・・もう10数年前に、牧場体験の民泊で受け入れた牧場の方ですよね?」と聞かれた。

今の「もんべつ農業塾」の形をとる前、たった1回だけ市内の小学生を1泊2日の牧場体験で受け入れたことがあった。
なんと、その時この方の息子さんが我が家に泊まったそうなんです。
「いつか、お礼が言いたかった」と・・・・
実はその息子さん、そのお母さんと同じカニの会社でカニを茹でる作業に現在従事しているとか。

もう、顔も覚えていないけれど、偶然にこんなところで、こんなお話が出るなんて!
懐かしくて嬉しくて、驚きました。

そのお母さん、注文を受けたときに、息子さんに「あの田村牧場さんから注文が入ったよ!美味しく茹でてね」って
伝えてくれたそうです。

たった1度だけ、小学生の男の子3人を受け入れた。
私も初めてで、しかも当日は雨降り。もうてんやわんやで何をどう体験させたのか覚えていないぐらい、私もてんぱっていた。
それでも雨の中、牛舎の前にテントを張って焼肉したっけ。
賑やかだったことが、思い出された。
もう当時の小学生は立派な社会人になっていたのね。

そして、

当時のことをずっと思っていてくれた親子に感謝です。

ありがとう。嬉しいっ。

また、カニ注文するからね。
送り先からはいつも美味しくて楽しみにしているのって連絡が来るの。
何だか、今まで以上に心がこもった温かいカニ送れそうです。

夏の花。タイマツ花(モナルダ)
タイマツの様に赤く燃える花。打ち上げ花火にも似てる。

紋別の夏祭りも今夜からか開催。

雨 大丈夫そうです。

 

 

2017 7月 26日

Iam a Monkey

やっと爽やかな北海道らしい夏の気候になりました。
23℃ぐらいがちょうどイイ。

でも週末4日間ほど雨予報
紋別は港まつりの期間中です。花火・・・大丈夫でしょうか?
もう、花火大会は随分と見ていないです。

 

さて、今日の本題。

「おサルのお尻はなぜ赤い?」なんて言いますよね。

何故なんでしょうね?知っていますか?

ふと、気が付けば、我が家にもおサルさんいました(汗
もう、ビックリしちゃった。

まるで、おサルさんのお尻のようです。
酪農家さんなら、何故、こんなになっちゃうのかわかりますよね?
へっ?わからない?
それは、素晴らしい哺育している方です。

長期的に下痢をさせると、お尻に下痢の糞で濡れ被毛が剥げてしまうのです。
健康な便は弱酸性、下痢便は強アルカリ性になっているので肌に触れると刺激が大き過ぎて剥げちゃう。
ほら、人も下痢をするとお尻がヒリヒリするのと同じなのです。

今はすっかり下痢も治り元気になっているのですが、まさかこんなことになっているとは全然気が付きませんでした。
いつも前から哺乳しているので、なかなか真後ろを見る機会がなかったんですね。
ホント、可哀そうなことしました。

確かに、生まれ落ちが小さく、弱く、加えこの猛暑で体調を崩し、治療はしていたものの暑さで、完治に時間が掛かってしまったのです。
この牛 ♂。 売りもの。
見栄え悪し・・・・
毛が生えそろうまでは時間が掛かるし、このまま出荷に・・・
でも、元気なんですよ!

それなりで、いいので買って下さい!

Iam a Calf !   

 

 

2017 7月 24日

ヒンメリ展

7月も下旬
そろそろ小麦の収穫もまじか。


すっかり色づいた麦穂が畑一面になびく様は、何とも美しく懐かしく秋始まりの光景。

先週末、遠軽町の「ふぁーらいと」で最終日となった「ヒンメリ・フレンドシップ2017 in えんがる」に足を運んだ

 

「ヒンメリ」麦わらでつくるフィンランドの伝統的な飾り
麦に糸を通して作るモビール

 

光を受けて輝く麦の多面体アート 素朴ながらにも麦の美しさと農を慈しむ心が感じられる。


和の部屋


フィンランド工芸に和のティスト


広い会場には天井から様々なヒンメリ作品が吊るされていた。


遠軽町白滝に「えづらファーム」さんがある
7年前に東京から脱サラで新規就農したご夫妻
その奥様、陽子さんがこのヒンメリと出会い、ヒンメリを遠軽町の特産物にしたいと思い立ったことから、
ヒンメリの会「アウリンコ」を立ち上げたことに始まる。
アウリンコはフィンランド語で「太陽」という意味
陽子さんの名前とピッタリ。
現在は10名ほどの会員で麦作りからヒンメリの作成・販売まで、そして、遠軽町を拠点とする音楽ユニット「ホラネロ」ともコラボレーション
ヒンメリと音楽で町おこしを担っている素晴らしい活動をされている。

今ではすっかり遠軽町の顔となったヒンメリ。
遠軽町役場の町長室にも飾られているそうです。

 

会場の一角でヒンメリの制作講習会も開かれていた。


クッキーやパンの販売も。
地元のブルベリーとラズベリー、フィンランドのコケモモを使ったベリーソーダー♪
一緒に頂きました。
江面さんが作ったヒンメリクッキーが、とっても美味しいの!
ヒンメリをイメージしたスクエア型の中にべっ甲飴。透かして見るとべっ甲飴の
僅かな色づきの違いが綺麗で、宝石のよう。
もっとたくさん買ってこれば良かったと後悔。

代表の江面陽子さん、畑をこなしながら、ヒンメリ活動のほか、冬にはファームインもなされ、公私ともに忙しい方だけれど、
新規就農以来、数年で町おこしまで手掛けられ、農業人の中でひと際輝く存在の女性。

農と地域を結ぶ活動。簡単に言うけれど容易いものではない。

彼女の農業と地域に対する熱い思いと行動力、とても魅力的。

 

 

 

2017 7月 22日

ビアガーデンたむら

昨晩は本当に暑くって、夜の牛舎作業終了後、事務所前庭にてビール
名付けて、「ビアガーデンたむら」(笑)

暑いけれど、風もあって虫に刺されることもなく非常に快適


偶然 お中元にエビスが届いていたので、これは呑むでしょ!と冷やしておいた。
もちろん、グラスも!
トマトとチーズのカプレーゼ、浅草の金山寺味噌でのもろきゅう、たらこと大葉の冷製カッペリーニ
10分3品のおつまみ

夏には夏らしい場所と雰囲気を楽しむ晩酌♪
憧れていました。

こんな日、あと何日あるかな?

 

昨晩遅くに雨。凄い雨になる予報だったけれど、それほどでもなかった。
でも、道南はすごかったようです。

この雨でやっと気温が下がり 寝苦しさから解放。

そして、今日はまた20℃以下の涼しさ。


ホットで「たんぽぽ珈琲」
タンポポの根を炒った、ノンカフェインのコーヒー風味の飲み物
以前に「チコリ珈琲」というのも飲んだことがある。これもタンポポ珈琲と同じ感じ。
どちらも充分コーヒーの代用として楽しめる飲み物。

アイス・ホットとお腹も忙しい。

 

2017 7月 21日

盛夏

先日の14℃というのは幻だったかのような
夏!夏!夏!
身体と心のやり場がありません・・・

ちょっと動けば汗。
水分補給すればまた汗。

お水・アイスコーヒー・お茶・氷菓のローテーション
血が薄くなりそう(笑)
早く夜の作業が終わってこのローテーションにビールを追加したい!

私、北海道の冬生まれ。
何だかね。人の汗の出る汗腺は生まれて3週間で決まるとか?
だから、寒い時期に生まれた赤ちゃんはそもそも汗腺が少ないそう。
ということで、寒い地方で冬生まれの人はことのほか、暑さに弱いそうなんです。

しゃちょーは8月生まれ、あっちーと言いながらも夏バレしらず。
暑いからと言って食欲もアルコールも減らない。

牛も同じなのかしらね~???

庭は雑草と背比べでワイルド化が加速してます。
いつ、やる気になれるかな・・・・草取り

ほおづき・・・もうじき色づき始める日も近い。

暑いといえ もうそこには秋が共存し始めています。

ひとは暑ければ、「暑い!」と騒ぎ 寒ければ「寒い!」と嘆くけど
自然界の動植物はしたたかに身を置き、我が営みを淡々と進めていいます。

今夜は一転 土砂降り予報。

お天道様の喜怒哀楽 ちょっと このところ激しすぎ。