2017 8月 29日

さざ波雲


昨日のドンヨリ曇った夕方。空を見上げるとシワが寄ったような雲空が広がっていた。

まるで「さざ波」みたいと思った。

こんな雲って「さざ波雲」って言うのかな?と思いすぐに調べてみた。

あら~ ホント 「さざ波雲」ってあった。
画像もたくさん。

雲の姿には色々な気象情報を含んでいる。
入道雲が出れば、短時間に激しい雷雨なるとか、うろこ雲はお天気が下り坂とか
すじ雲は今お天気でも数日後、崩れるとうことは良く耳にすること。

でも、さざ波雲は・・・地震を暗示する雲とあった。

「地震が起る方向、もしくは地震が起きた方角から流れてくる雲」と記されていた。
ビックリです。

さざ波雲の別名は「電波雲」とも言われるらしいです。

海面で起こる波と同じように、大気中でも同じ波が起こっているのだそう。
高度80~100m上空で起こる大気中の波。

地上で起こった振動(地震)が大気中に伝わって起こる現象らしいです。

丁度 前日は茨城県でマグニチュード4.6という地震が起きたばかり。その影響なんでしょうか?
それとも、これから大きな地震がどこかで起こる予兆なんでしょうか?

空で起こるダイナミックな現象。

天空で起こる(太陽・月・雲)様々な現象や関係を古代から観察し、それを生活の営みにしっかりと組み入れてきた人々の知恵は本当に素晴らしい。

ふと、見上げた空

そこに隠されている事実をひとつ知ることが出来た。

2017 8月 28日

十勝へ

急きょ、昨日帯広へ日帰り。

哺乳、育成牛の哺乳と給餌を済ませ、朝5時過ぎ帯広へ出発。
その前二日間は連日、我が家へ泊りのお客さんと食べて飲むという宴会続き。
その疲れに追い打ちをかける日帰りの帯広行きが入ってしまった。

所用を済ませて、夕方4時出発。
途中、音更の「LOW Cafe」で眠気覚ましのコーヒータイム。



牛のロゴマークに惹かれて入店
十勝なのに、なぜか、砂川の岩瀬牧場のソフトクリームを使ったアッフォガード
カップもペーパーナプキンもロゴマークが入っていていい感じ。
この他にオレンジチーズケーキにアイスコーヒー
と、カフェインと糖をたくさん摂って、長ーい帰路に立ち向かう。
帰りは日暮れも押し迫っていたけれど、久しぶりに三国峠のコースを選んだ。
行き(温根湯から芽登コース)と帰りのコースを違えるのは、少しでも眠気防止のためです。

士幌へ向かっていると・・・

あら~ 道の駅が少し移転して新しく建て替わっているのを発見。

道の駅 ピア21しほろ

キング式牛舎の肩折れ屋根風の建物。今年4月末にオープンしたばかりとか。

先日、新聞でここの道の駅オリジナルスィーツとして販売されたばかりの「じゃがいも大福」があるかしら?
と思い立ち寄ってみた。閉店10分前!

ありましたぁ♡


機械ではなく手つきのお餅に餡は、「北海こがね」という士幌産のジャガイモで作られ、つぶされていないジャガイモも混じっていて
とてもクリーミー、かつジャガイモの触感もありでスゴク美味しい。

たった二つしか買ってこなかったことを後悔してしまったほど。

是非、ここの道の駅にお立ち寄りの際は これ! おススメ!です。

 

久しぶりに通った三国峠は、白樺の葉も少し黄色みが帯びて来ていて、紅葉が始まろうとしている感じでした。
暮れかかった峠を越え、層雲峡あたりからはとっぷりと陽も暮れ眠気も・・・

 

それでも、無事に鹿とも遭遇することもなく帰宅。

帰宅後は布団に直行 バッタリ 爆睡

 

ハチャメチャなスケージュールのこの3日間。
加齢に伴い酷く堪えます。

ひとも堪えるけれど仔牛も堪えたみたい。

仔牛、観察がないがしろになっていたせいもあって、一頭 40℃の発熱の肺炎発症

何だか ホント 子供の様です。
親が遊びに行こうとすると子供が具合わるくなるのと一緒みたい。

 

2017 8月 24日

搾乳に難儀な乳房 その2

先日、PAG検査で妊娠がマイナスだった牛。

正直、良かった。

まだ2産目の若い牛だったのですが、繁殖非常に悪し、今年1月初めに分娩して以来、治療しながら授精すること5回
時すでに分娩後230日。
搾乳に問題なければ、もう1回ぐらいは授精頑張ってみようかと思うのですが、この牛ばかりはすぐに諦めた。

理由は乳房に付く乳頭の位置が非常に悪く 搾乳に難儀していた牛だったから。

 

乳房の下から見るとそんなに難儀するようには見えない3本乳。

でも・・・

真後ろから見るとこの状態。
乳房の真下に乳頭が付いているのではなくて、かなり過ぎるほどの乳房の真横!
どうして、通常の牛の様に乳房の真下に付かなかったのか?

しかも、後ろ左右の乳房の大きさが極端に違う。

非常に搾乳に難儀な牛だったのです。

ミルカーのユニットを左右交差して装着。
右後ろ乳房が小さいためすぐにそのユニットだけ外さなくてはならないし、真横についている乳頭はエアーが入りやすく
ホント手間のかかる牛。

妊娠マイナスということで、 晴れて今日、肉廃用として出荷。

私の搾乳ストレスが軽減されて、実は嬉しい。

 

なんで、こんな乳房になっちゃったのか・・・
まだGMSを始める前の、乳器にあまり改良を考えていないころの牛だった。ただただ乳量と肢のいい牛だけを追っていたころの牛だったかもしれない。

その母牛が初産で♀を生んでいる。勿論、GMSで乳器に重点を置いて繁殖させた娘牛がもうじき分娩を迎えるころ。
この搾乳に難儀な牛からどれだけ改良された牛が出来ただろうかと分娩がたのしみです。

 

まだまだ 後ろ乳頭2本が極近の牛はいれど、こんな最悪な乳頭位置の牛はこれで最後です。

 

 

2017 8月 22日

ラズベリー

友人から先日、冷凍のラズベリーをたくさん頂いた。
友人は加工用のラズベリーをたくさん植えていて、昨年冷凍したのが残っているので使ってと。
我が家のラズベリーは野生種なので、実が小さくていくら収穫しても大した量にならず、今年は採るの辞めていたので良かった♪

早速、解凍してラズベリーソースにして保存することに。


昨年まで良く作っていたラズベリーのヨーグルトムース。

今日は、レアチーズケーキにラズベリーのソースを添えてのおやつ


本当はチーズケーキの上にたっぷりとかけて食べたいところですが、そこはフォトジェニック的に(笑)

作ったソースは絞り袋に小分けして冷凍しておくと、ソースの飾りや小さな容器に流しいれるときに便利!
これはお嫁ちゃんに教わったワザ♪

ラズベリーの赤はイチゴとも違った美しい赤。甘酸っぱさが他の甘さを抑えてくれる優れもの。

写真撮り終えたからたっぷりかけて食べようっと!

2017 8月 21日

PAG検査

乳牛の妊娠鑑定が早期にしかも精度が高く判定出来る時代になった。

「PAG検査」

牛の妊娠時にのみ、妊娠胎盤から特異的に分泌される糖タンパク(PAGs)が検出されることで妊娠判定が出来るというもの。

我が家でも2週間に一度のペースで獣医師に来てもらいエコーでの妊娠鑑定をしてもらっている。
妊娠鑑定は授精後25日以降に1回、次に40日以降で再度妊鑑してもらい、最終的な妊娠を判断している。

なかなか30日以下での妊娠鑑定は、エコーを使っても難易度が高いらしく、再認は必須。

この検査は分娩後60日以上で授精後28日目以降の牛から採取した僅かな乳汁で検査するもので、
しかも90%以上の精度らしいです。


サンプルを採取してJAに持っていき、各農家から集めた乳汁をまとめてラボに送ってくれる。4日後にはその検査結果がFAXで送られてくる。

 
今回5検体のうち、妊娠判定が出たのは2頭のみ・・・トホホホ・・・
あらっ、1720番って廃用候補の牛じゃない?
数値に-があるなんて・・・-0.004って 完全にクビ決定です。残念。

 

ということで、今まで獣医師に25日以降で1回妊娠鑑定をする手間が省けるし、牛にとっても係留されるストレスが減りしかも検査精度が高いとあれば、利用しない手はありません。
空胎牛の早期発見と再授精に向けてのアプローチが出来、最終的に分娩間隔を短縮し、乳生産量の増加に繋がることになります。
現在、我がJAでは検査料の半分を助成してくれる措置がなされていて、とてもお得です。

繁殖が改善されないといつまでたっても増産へは繋がらないので、PAG検査利用して改善策打っていかないとね。