2017 11月 12日

10日、日々の積み重ね、皆さんの訪問、お陰さまで150000人。
ありがとうございました。
そして、ご連絡ありがとうございました。
記念すべき15万人目の訪問者の方、遠く広島県の方でした。
「毎日、訪問しています」とのメッセージにとても嬉しさと感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

昨日、休みを取って、友人と共に稚内の友自宅へ脚を運びました。
早朝、お天気も割と良く出発。

予報は低気圧の通過に伴い 暴風が吹くとか吹かないとか・・・

なんだか、何時ぞやの状況と似ている。
いつも、今回一緒の友人と出かけるときは、不思議とお天気大崩れ、そして何かしらアクシデントが起こりがち。
以前は、暴風雪予報の中出かけ、帰宅で出来なくなってしまったことがある。
そして、今回も稚内は暴風雨警報が・・・
まぁ~雪もないことだし・・・・と軽い気持ちで出かけた。

途中、まるで台風か?と思うような天候だったり、晴れて日差しが出て、虹が海に美しく掛かっていたりと、本当に北へ進む中で短時間に目まぐるしいお天気の変化に
ちょっと面白ささえ感じながら走った。

あっちこっちお茶しながら稚内の友人宅に付いたのは午後4時過ぎ。
暴風雨状態。さすがにこの頃は警報が出ていたそう。

それでも、久しぶりに再会する友人ご夫妻
素敵なディナーと美味しいワインを用意して待っていてくれた。

カブとカブの葉のソース
蒸したカブが甘くって、葉のソースの青さに目を奪われる美味しいソース シンプルこの上ない美味しさ。

お部屋の北欧風の重厚感溢れる薪ストーブの中でじっくり焼かれたチキン
姿焼きなんて写真や絵本でしか見たことがない。
4人で切り分けながら頂く夕食は、まるでクリスマスディナーです。

一緒に食べながらもおしゃべりしながらも、手早くお料理を作り出されるお食事はどれも美味しい♪
私の車で行ったのにも関わらず、もう一人の友人が私が運転してあげるからと、そこのご主人とふたりでワインもご一緒させてもらい
お互いの近況や世間話、身の上話は最高に楽しくて、外の暴風雨なんてまるで別世界の事のように思えた。

お腹もいっぱい、楽しい時間も過ぎ、友人夫妻の家を後にした。
相変わらず風も雨も強かった。

ワインでご機嫌になっていた私、友人に運転を任せ助手席で携帯のメールを確認したところ、しゃちょーから「報告!」とのメールが届いていた。
なんだろ?開けてみると・・・・

暴風で処理室のドアの窓が割れた!
カーフハッチのビニールが外れ5基壊れた!
バンカーサイロのシートがめくれた!
仔牛が2頭 生まれた!
町内会で不幸あり!
一部地域で停電状態!  と・・・・・

酔いも一気にさめた。

が、私 お酒飲んでしまっているし今夜はすぐには帰れないので、そのまま運転手役の友人宅で一泊。
早朝、豊富からすっとんで帰った。


早朝のオホーツクの海も荒れ模様。
荒れている海を見ることは余りないので、オホーツクラインを飽きもせず南下。

帰宅して確認しに牛舎に行ってみると、割れたガラスは既に入れ替えられ、バンカーのシートもさほど酷くなかった。

仔牛のハッチはビニール張りになっているところだけ剥がれていたものの、骨自体は無事でした。
取り合えず思っていたより軽症で良かった。

それにしても、10月も2度台風接近、そして11月の台風並みかと思う低気圧
振り回されます。

真冬もこんな状況なら目眩しますね。

2017 11月 10日

私の酪農Life

本日、網走農業改良普及センター紋別支所が主催する「農村ゼミナール」に出席して来た。
本来は、若い酪農後継者や若い酪農女性、酪農従業員さんを対象としているゼミ。
私の様なオバサンは対象外なのですが、今回は私の大好きな酪農女性が講演するというので、隅っこで聴かせて貰えるように無理やり?お願いしちゃったわけ。

紋別、滝上、興部、雄武から若い酪農青年・女性達が十数名、関係機関合わせると30名程。

今回の講師は湧別町の酪農家「安藤 千穂」さん(福岡県出身)
全く知らない酪農界に結婚を機にデビュー  まだ酪農歴9年目の37歳

僅か9年の間に快進撃を果たし、さらに高みを目指している。
のほほんと長年酪農家をやっている私は一体、今日まで何をして来たのだろう?と振り返えっても、何を目的にして酪農してきた?と問われても多分、多額の借金を返すため・・・としかそんなネガティブな即答しか出来ない。
けれど、彼女は全く違う。牛の事を知らないから、地域の人たちの事も知らないからと結婚後半年で、「牛好きの会」を彼女が立ち上げ、男女問わず、酪農家のみならず関係業種も巻き込み、さらに地域を超えて同志を募り活動している。
そのコンセプトが実にイイ。
お酒を飲みながら、牛の事について語る!勉強する!交流する! 会にバック組織は無し、何のしがらみもない。
そんな大らかな会の会員はすでに60名にも上るそう。

そんなアクティブな彼女ですが、嫁ぎ先の牧場は経営も牛も困窮を呈していたそう。
そんなどん底から夫婦で僅か9年で急成長。今やトップレベルの経営をされている。お見事としか言いようがない。

それは、牛好きの会を作ることで、夫婦ともに牛について仲間と一緒に「一から」勉強し、年一度のご褒美を叶えるために、牛の改善から経営立て直しまでするという、一貫した目的があるのです。

年一度のご褒美・・・それは彼女にとって 一年間前向きに仕事が出来るというご褒美なのだそう。
年一度、1週間の海外旅行(主にハワイ)に行く!という目的。 このご褒美があるから、1年間全力で酪農に打ち込めるモチベーションが得られると言うの。
ご主人は別行動で同じ時期に遊ぶそうです。 まるっと1週間夫婦で牛舎を空けることになり、その間全面的に酪農ヘルパーに預けるというから、その考えも驚く。
その代わり、358日はしっかり牛を観察し、ロスを無くす努力を惜しまないということです。
毎日、少しずつロスを繰り返し蓄積するよりは、夫婦二人で仕事をしている以上、一年のうちの1週間は、いた仕方がないという、思い切りの良さは納得のいくところです。

安藤さんはご主人のことを「王子」って呼ぶの(笑)
とっても「王子」っていう風貌じゃないのだけど(失礼!)、とっても彼女のことを認めているし、何よりも牛のことで夫婦良く話し合っている。
理想の酪農夫婦です。(何度か飲み会などでご一緒させてもらったことがあるので、良く知っているのです)

ひとつ、とっても面白い話をお聞きした。
「黄金ライン」
これは、夫婦がこれから極めていきたい牧場テーマだそう。
黄金ラインとは牛が健康で生産性が高く、しかもご夫婦の労働力もラク出来るボーダーラインを見つけ、それをキープすること。
牛の生産性を上げるために、身を粉にして働くのではなく、ラクして高い生産性を上げる究極のライン♪
なんて、面白い発想なんでしょう!
安藤夫婦ならではオリジナルラインの設定です。 

彼女の瞳はキラキラ輝いていた。
安藤牧場、これからも楽しみな牧場です。
きっと これから視察者増えること間違いなし! 
とても刺激的で元気とやる気を貰える牧場です。何といってもこのご夫婦のキャラクターがイイの。
とある有名なコンサルが言っていました、彼らは「ニュータイプの酪農家」だと絶賛していたっけ♪
黄金ラインと言いい、本当にそう思います。

夫婦共に黄金スマイルで目的が明確な酪農人生。 拍手です。
これからも、若い酪農家をけん引していく存在になっていくことでしょう。

会場には、以前我が家に視察に来てくれた隣町の女性がいたり、いつか我が家に来たいと願っている女性と出会ったりして、とてもフレンドリーに私とも接しているくれ、思わぬ楽しいゼミ参加となりました。

今日は、改めてお話が聴けて良かったです。
ありがとうございました。

2017 11月 09日

もうすぐ


気が付けば、カウンター1500000 まであと100を切りましたね。
明日達成になるでしょう。 必ずアクセスしたときはカウンター確認して下さいね。
150000・150015 の方 ご連絡お待ちしております♪

先日、積もった雪も昨日までの二桁の気温ですっかり溶けて消えてしまいました。
晩秋に戻り、ちょっと安心。
今週末はお天気愚図つき気味の予報。寒くなりそうです。

事務所の前に気が早くもクリスマスツリーが数年ぶりにお目見え。

背丈180cmあり、存在感抜群です。

これからの季節、寒さの中にもほんのり夢感じたいものです。
毎日変わらない作業の中に、ちょっとした心の保養です。

クリスマスだからと言って 特別なことは何もないですが、雰囲気が好きだから。

今年も後50日です。

良い〆が迎えられるように。 

明日は、普及センター主催の「農村ゼミナール」に参加
若く可愛い酪農女子が「私の酪農ライフ」と題して講演してくれます。

2017 11月 04日

初積雪

今朝、外が真っ白に。

気温高めのせいで、湿った重い雪。7~8cmほど積もった感じです。

お決まりで「雪だるま」作っちゃった (笑)
冬のご挨拶です。

まだ、この雪 根雪にはならなさそうです。

2017 11月 02日

晩秋

10月末の台風22号の影響で雨風が強く、とうとう木々の葉は落ちてしまい、
カラマツだけが黄金色に残っているだけ。
いよいよこれが最後です。

我が家の庭も、紅葉の遅いアメリカ楓だけが、今 紅葉の盛り・・・
と、言っても2m程の木が1本あるだけ。

本来、成木になると円錐形の見事な樹形になる木なのですが、寒さで成長点が枯れ、とても不格好な樹形になっています。が紅葉は綺麗です。

例年になく温かな11月。
日中2桁になるほどの、小春日和。
ありがたいです。

お陰で冬支度に今ひとつ力が入らず、のほほんと一日が流れてしまう。

忙しかった10月だけに、何ともまったりとしたこの数日。

風で飛んでしまう落ち葉を数枚拾い集め、秋の面影を残したくて・・・

いつ根雪の日が来るのでしょう?

あまり考えたくもないですが。。。

今年もあと60日を残すのみ、計画的にしなくてはならないことはたくさん!
どんどん、急ぎ足で片づけて行きましょう。

ちょっと楽しみなことが・・・・
いつもお世話になっている方が、今年から趣味?副業?としてコメ作りを始めたそう。

そして、稲の収穫も終わり、、、、この見事な稲架がけ!!!と量にびっくり!
とても農業初心者とは思えない出来栄え。 というよりいきなりスケールが大きいことに驚きます。
稲架掛けの効果が出て、追熟して更に美味しくなっているとイイですね~

今月、初収穫のお米をご馳走してくれるという。

「ななつぼし」なんだって♪ とっても 楽しみでなりません。

初新米のお味はいかに・・・・「新米」というだけでほっこりします。

楽しみに待ってます♪