2017 11月 12日

10日、日々の積み重ね、皆さんの訪問、お陰さまで150000人。
ありがとうございました。
そして、ご連絡ありがとうございました。
記念すべき15万人目の訪問者の方、遠く広島県の方でした。
「毎日、訪問しています」とのメッセージにとても嬉しさと感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

昨日、休みを取って、友人と共に稚内の友自宅へ脚を運びました。
早朝、お天気も割と良く出発。

予報は低気圧の通過に伴い 暴風が吹くとか吹かないとか・・・

なんだか、何時ぞやの状況と似ている。
いつも、今回一緒の友人と出かけるときは、不思議とお天気大崩れ、そして何かしらアクシデントが起こりがち。
以前は、暴風雪予報の中出かけ、帰宅で出来なくなってしまったことがある。
そして、今回も稚内は暴風雨警報が・・・
まぁ~雪もないことだし・・・・と軽い気持ちで出かけた。

途中、まるで台風か?と思うような天候だったり、晴れて日差しが出て、虹が海に美しく掛かっていたりと、本当に北へ進む中で短時間に目まぐるしいお天気の変化に
ちょっと面白ささえ感じながら走った。

あっちこっちお茶しながら稚内の友人宅に付いたのは午後4時過ぎ。
暴風雨状態。さすがにこの頃は警報が出ていたそう。

それでも、久しぶりに再会する友人ご夫妻
素敵なディナーと美味しいワインを用意して待っていてくれた。

カブとカブの葉のソース
蒸したカブが甘くって、葉のソースの青さに目を奪われる美味しいソース シンプルこの上ない美味しさ。

お部屋の北欧風の重厚感溢れる薪ストーブの中でじっくり焼かれたチキン
姿焼きなんて写真や絵本でしか見たことがない。
4人で切り分けながら頂く夕食は、まるでクリスマスディナーです。

一緒に食べながらもおしゃべりしながらも、手早くお料理を作り出されるお食事はどれも美味しい♪
私の車で行ったのにも関わらず、もう一人の友人が私が運転してあげるからと、そこのご主人とふたりでワインもご一緒させてもらい
お互いの近況や世間話、身の上話は最高に楽しくて、外の暴風雨なんてまるで別世界の事のように思えた。

お腹もいっぱい、楽しい時間も過ぎ、友人夫妻の家を後にした。
相変わらず風も雨も強かった。

ワインでご機嫌になっていた私、友人に運転を任せ助手席で携帯のメールを確認したところ、しゃちょーから「報告!」とのメールが届いていた。
なんだろ?開けてみると・・・・

暴風で処理室のドアの窓が割れた!
カーフハッチのビニールが外れ5基壊れた!
バンカーサイロのシートがめくれた!
仔牛が2頭 生まれた!
町内会で不幸あり!
一部地域で停電状態!  と・・・・・

酔いも一気にさめた。

が、私 お酒飲んでしまっているし今夜はすぐには帰れないので、そのまま運転手役の友人宅で一泊。
早朝、豊富からすっとんで帰った。


早朝のオホーツクの海も荒れ模様。
荒れている海を見ることは余りないので、オホーツクラインを飽きもせず南下。

帰宅して確認しに牛舎に行ってみると、割れたガラスは既に入れ替えられ、バンカーのシートもさほど酷くなかった。

仔牛のハッチはビニール張りになっているところだけ剥がれていたものの、骨自体は無事でした。
取り合えず思っていたより軽症で良かった。

それにしても、10月も2度台風接近、そして11月の台風並みかと思う低気圧
振り回されます。

真冬もこんな状況なら目眩しますね。