2017 12月 09日

Facebookの凄さ

酪農女性サミットの熱が一気に冷めてしまうかの様な、極寒の寒さが続いています。
12月中だと言うのにマイナス20℃超えの地域が多数。現実は厳しい~。
獣医師も連日、仔牛の点滴が多いと嘆いていました。

今年も長い冬になりそうです。

この度、「酪農女性サミット」のFacebookの管理者の方が、今回のサミットの我が家のブログの投稿をシェアして下さったのですが、その後の訪問者が驚きの激増で、Facebookの利用者が多いことと、その威力を痛感。
それだけ、このサミットに関心を寄せる人が、こんなにも多いことを改めて実感したところです。
因みに私はFacebookには参加していないのです。

酪農女性達の各地での小さな活動や思いが、このような全道規模に集約され、酪農女性たちが集うことで、新しい心の動きや活動が活性化されることは間違いでしょうし、若き人も熟年酪農女性もそれぞれのやる気や心強さを実感したことでしょうね。
酪農の現場は、命を扱う現場ですから女性の力は細部に及びます。
思いやり、心遣い、気配りは、人に対しても牛に対しても平等でありたいものです。

次回のこのサミットがまたどのように展開してくのか楽しみですし、
今回道外からの参加者の皆さんからの声に、「うちのところにはこんな集まりはないから北海道まで来た!」という女性もいらっしゃたので、全国各地にこのような活動が広まることを期待せずにはいられません。
道外からわざわざ飛んできてくれた行動力ある酪農女性がいることに、感謝と元気な酪農の未来を感じました。
何だか、実行委員でもないのに、イチ参加者の私ですがとても嬉しかったです。

私も、影ながら応援していきたいですし、ブログを通して酪農について発信し続けたらと思っています。