2018 2月 10日

愛知へ

7日より極寒の北海道から、愛知へ来ています。
旭川から僅かに二時間のフライト。
そこは晩秋の小春日和の北海道みたいな気候。

息子一家とは一年以上ぶりの再会。
お兄ちゃんになった孫は、2才8ヶ月、私を最初に見ても知らないひと?みたいな雰囲気を醸し出す。

私が行く二週間前からお嫁ちゃんのお姉さんが3歳と1才の子供たちを連れて身の回りのお世話をしに泊まりがけで来ていてくれ、2日間程、大人4人、乳幼児4人が同居。
それは、もう笑うしかないと言う、程賑やかな戦場といった感じでしたね(笑)
自分が経験してきた男の子ばかりの懐かしい光景とはかなりハイテンションな賑やかさ。
女の子が入るとこんな感じになるのね!って、新しい体験でした。
今更ながらに、子供たちのやり取りを間近に見て、面白さ再発見です。

昨日の午後、お姉さん一家が帰宅してしまった後は、あまりにも静か過ぎて寂しささえ感じ、さて~これからは上の孫と一対一で向き合っての生活が始まるので、何もかも初体験。

昨日、右も左もわからない道を散歩。
複雑な狭い道。すぐ自分が何処を歩いているのかわからなくなってしまうわ。携帯ナビ必須!

とりあえず、「ばぁば」って呼んで、泣きもせずふたりで散歩もお風呂も入ってくれるので、ひと安心スタート。