2018 2月 27日

古民家レストラン

帰宅前、岐阜に住まわれているお嫁ちゃんのご両親が揃ってみえた。
ご両親は岐阜でフレンチのレストランを営業しているため、今回は私がお産扱いに呼ばれたこともあり、お礼に夕食を一緒にと来てくれたのです。
歩いて数分のところに、とても大きな古民家で気になっていたイタリア料理のレストラン「ラ・フォンテ」があった。そのお店で孫と4人で。

門をくぐると立派な中庭があり、大きな踏み石を渡りながらお店に入る。
大きな古民家の良さを十二分に生かされた店内。小さな孫が同席とあって個室が用意され、周りへの配慮も必要としない分、ゆったりとした気持ちでお食事が出来た。
この時ばかりは、お嫁ちゃんのお母さんが孫を付きっ切りで食事させてくれ、私とお父さんはゆっくりとお話をしながらコース料理を楽しませて頂いた。


白ニンジンのソースに、何と北海道産のタチが添えられたスープ。
愛知に来て、北海道産♪とちょっと誇りに思えたりして(笑)

前菜の4種盛り合わせ。

今まで食べたことないカラスミが使われている魚介パスタ。
カラスミってボラの卵なんですってね。ボラ自体食べたこともないわ。


メインのアンガス牛のロースト
柔らかくて美味しい♪

お父さんはシェフなので、お話もお料理がメイン。
私も食べることが大好きなのもあって、今回はオリーブオイルについて色々聴いて見たかったので、オリーブの収穫時期や抽出方法、ティスティングの仕方、種類や使い方などなどたくさん聴けて良かったわ。
日本のトマトとイタリア産のトマトは全然違うらしい。日本のトマトは瑞々し過ぎるらしいので生サラダ用で、煮込みやソースには向かないとのこと。そんな日本のトマトをイタリア産のトマトに近づける料理方法なんてことも教えて頂いた。
私、ほぉ~!の連続♪
お父さんのレストランで使われているホタテは、何と雄武産のものが多いとのこと!
北海道産がこんなに色々な地域の素敵なお店で使われているなんて嬉しい限りです。

孫も2時間の間、おとなしく私たちに付き合ってくれお利口さん。
お利口さんで居られるように対応していたお母さんにも関心してしまう。さすが、4人の孫がいるだけあって経験値が俄然ちがう。

思いがけない素敵な夕食をご馳走になり、対価に値することをしてあげられただろうか?とちょっと不安にもなった。

ともあれ、素敵なお店での美味しい料理、本当にお気遣いありがとうございました。
なーんて幸せなことでしょう♪