2018 3月 07日

春の嵐の後

3月1日全道的に荒れ、4日は10℃という気温急上昇。
まるで4月下旬を思わせるような温かさ。
しかし、その後気温急降下。当たり前の寒さに戻ってしまった。

当然、雪は溶けて表面はツルツル 
その上に夜には、ふんわり、サラリと雪のベール。
6日の朝の事。
その状態が危険だという事を、寝起きとあって全く頭に入っていなかった。
早朝、牛舎に出勤時。
裏玄関を開けると少し下り坂になっている。
ふんわり、サラリの雪のベールが私の危険感知を狂わせた。

思いっきり、派手にすっころんだ。
激しい尻もちと後頭部強打。
しばし雪の上?アイスバーンの上であまりの痛さに立ち上がれずもがいた。
やっと気を取り直して、立ち上がり牛舎へ出勤。

後頭部を触ると大きなたんこぶ。
とりあえず頭痛やめまい、吐き気がないので大丈夫と思ったけれど、如何せん尻もちをついたお尻が痛い。
パーラーで良かったと実感。立ち仕事は普通にこなせるけれど、しゃがんだり、かがんだりが痛くて出来ない。
きっと尾てい骨にヒビでも入ったのでは?と思うほど。
転倒初日はホント辛かったですが、二日目の今日は随分と楽になりました。
大事には至っていなかったようです。
3週間も家を空け、帰宅早々今度は骨折とかで牛舎作業出来ないだなんて、許されないですから(笑)

皆さんもお気をつけてください。
これから、寒暖差が激しい季節ですので要注意です。

加えて、怪しい葉書が一通、私宛に届きました。

詐欺まがいの架空請求です。
こちらも、皆さん、お気をつけてくださいね。