2018 3月 15日

春、勇み足

10℃を超える気温の日もあったかと思うと、
今日は昨晩から雪降り。

一歩、春に近づいたかと思うと2歩後退。
雪解けは進んでいません。まだまだ雪深い紋別。
なかなか春まっしぐらとはなりませんが、最低気温が一桁だったり、日が随分と長くなりました。これはとても嬉しい春への変化です。

ハッチの前カーテンも取り去り、パーラーの寒さ除けのビニールカーテンも撤去。
どんどん春仕様に変わりつつあります。

牛達はどうこの季節の変化を感じているのでしょうね。
少しは暖かいと感じ喜んでいるのでしょうか?
牛群再編成から1か月。やっと落ち着き乳量もじんわり上がってきているみたい。
でも、餌混ぜは一回多い分ちょっと午前中は忙しさアップになってしまっているけれど、心なしか楽しい。

愛知から戻って、はや半月。搾乳従業員もいない作業サイクルにも慣れ、今日はのんびりとマーブルチョコパンを焼く時間が取れた。

冷凍庫の保存パンがなくなり、大問題。
午前中、なかなか朝食に上がれないので、一時の空腹を満たすパンは必需品ですから。

勇み足の春も、そのうち駆け足になるのはもうすぐ。

毎年の様にひとの異動も慌ただしい時期です。
移動の無縁な私たち。遠のく人たちの背中を見つつ、この地に巡ってくる人たちに希望を感じながら春を待ちます。