2018 4月 22日

春キツネ

雪が建物の日陰部分に僅かに残る程度になった。

春の蒔き付けまでもうすぐ。いよいよ今年も始まりますね。
とは言え、今年も1/3が過ぎようとしているのですから、呑気にもしていられませんね。
農繁期を目の前に、牛舎回りの片づけものだけでもキリがありません。
庭の手入れも、植物たちは待ってくれないので大急ぎで終わらせなくては、除草剤もそろそろ撒かないといけないし・・・と思うと一日へとへとで
あまり進まないうちに一日が終わってしまう。

オダマキの新芽です。何だかミニバラの花を思わせるようなきれいな葉です。
すくすくと次から次へと宿根草の芽が芽吹き始め、日に日に庭が生き返って来ていて嬉しい。

昨日、紋別はこの春一番の気温、24℃! 夏のような急な暑さと言っていい程。でも風が強くて土・砂埃に外で仕事が出来ないほどでしたが、今日は気温急降下で一桁の最高気温。
夏作業着からまたまた防寒服着用です。
今日は寒いけれど風がなく穏やか。

事務所でつかの間の休憩をしていたら、窓越しにキツネ発見。

牛舎回りを徘徊中。
窓越しに写真を撮られているとも気づかないようで、後ろ足で首のあたりを呑気に掻いています。

毛替わり時期ですね。
寒い冬を無事に超られ、頑張ったね。

牛の後産をカラスと取り合いしていることもある。ある意味、掃除屋さん。

越冬したデントコーンのスタックにネズミが付いているようで、シートの上にデントコーンが散らばっている・・・
ネズミの駆除 よろしくお願いしますよ、キツネさん。