2018 5月 14日

ネコ

昨年10月、ネコ不在の我が牛舎に二匹の猫を譲り受けた。


貰って来た当時のムギ(左)とコメ(右)

あれから半年。随分と大きくなりました。
が、依然と懐いてくれない(笑)


ムギの写真
カギしっぽのムギは全くダメ。エサだけ食べにやって来るけれど、ムギに近くに顔を寄せて呼んでも「シャー」ってされるだけ、全拒否。 
全くの一匹狼状態。エサだけ食べるとどこかへ雲隠れ。

コメちゃんは餌が欲しくなると、私の足元に来て、餌が欲しいと啼く。でも触らしてはくれない。
寝込みを狙って撫でると何とか1~2回は背中を撫でるところまで実現する。かなり感動です(笑) さすがにムギの様にシャーとは言わないけれどね。唯一の救いです。

このコメちゃん、ノラのオスに人気なんです。
早春から一匹の大きな♂ネコが居つくようになった。「シオ」と名前を付けた。

コメとシオ

シオは我が家に姿を見せるようになったころはかなり体調が悪い状態だったので、仔牛の抗生剤を無理矢理飲ませてたところすぐに良くなり、それからすっかり我が家を常宿とするようになった。
シオは薬を飲ませてからは懐くようになり、すり寄って来てくれるけれど、撫でてやっても「ゴロゴロ」と喉を鳴らしたりはしない。とりわけコメと仲良くしているみたい。
コメは避妊しているので安心ですが。

そして、2週間ほど前、またまた見知らぬ♂ネコを牛舎で発見。
最初は私の顔を見て逃げようとしたけれど、しゃがんで何となく呼んでみると「ウニャー」とすり寄ってきた。以来我が家の主となってしまった。

多分どこかの飼い猫なんでしょうね。すり寄って、背中に登ってゴロゴロと・・・・構ってほしいアプローチがスゴイ。
これぞ、猫!と久しぶりに猫を飼っている実感を与えてくれる猫なんです。
勿論、名前つけました。「オミキ」 御神酒のオミキです。

数日前、またまた見知らぬ♂ネコがコメちゃんの周りをウロウロ

ホント、コメちゃん♂ネコに人気のようです。
けれど、♂同志の戦いも結構激しいですわ(笑)

ともあれ、急にキャットフードの消費量が増えた。安いエサだと、これじゃない!と訴えられる始末(笑)

色々な性格の猫。結構、楽しい猫ライフ送ってます。

2018 5月 13日

繁殖検診

今月最初の繁殖検診が先日行われた。

今年になって41頭分娩。内オスはわずかに7頭。
分娩すれば、年1産出来るような次の繁殖サイクルに持っていかなくてはいけない。
順調に分娩をし、分娩後70日前後で次のお産に向けて受胎出来ればベスト。
でもなかなかそうは上手くはいかない。
分娩は病気ではないけれど、母体の妊娠ステージから産後ステージと大きな変化は、余りにも大きく、エサ・環境の変化・泌乳などの多くのストレスが掛かってくる。
ひとのように産後はしっかり養生してね・・・とはいかない。
すぐにたくさん産乳するようにとエンジン全開!でと期待がかかる。

分娩前後のトラブルは次の繁殖に大きく影響してしまう。
ひとと一緒で歳を取るとなかなか受胎しにくくなる傾向もあるけれど、生まれてから受胎、分娩、そして次の繁殖へとどれだけスムーズに移行していくかが大きなカギとなる。
このスムーズがいかに難しいことか・・・ 生まれてすぐに哺育でコケ、育成で肺炎とかでコジケ、初産で難産、 産後のケトージス・四胃変位などで繁殖があずり、危うくばそのまま廃用・・・ってなことになり得ること多し。
こんなことでは、いつまでたっても幸せな酪農人生は送れない。
牛が不幸過ぎますものね。

生きものを生涯健康で飼養するということは、本当に難しいことだと思う。
これまた一手に畜主が管理することも難しいこと。
その手助けをしてくれるのが専門職のコンサル獣医師。
繁殖管理や飼料設計を常に見てくれる。


検診前日までの分娩、授精記録、疾病記録を獣医師に報告。
すぐに検診日の繁殖で見る牛のリストが送られてくる。
当日、指定の時間に牛を係留しておく。 だいたい我が家で一回に見る頭数は20~30頭程。

獣医師がエコーで卵巣の状態や妊娠鑑定を行っていく、それをしゃちょーがリストに記入していく

直腸内にエコーを差し込んで、その画像が眼鏡に映るんだそう。私たちにはどの様に見えているのか全く分からない(笑)
NOSAIの獣医師が使用しているモニター画像より、かなり鮮明に見えるんだとか。お値段も高いらしい。

その時、必ずボディーコンデションスコアも見る。

個体の検診は30分から1時間弱で終了。その後、事務所にて繁殖結果についての状況やこれからの改善点などを話し合う。
獣医師は毎回のデーターを細かく蓄積していて、グラフ化し、私たちに繁殖状況を一目でわかりやすくして見せて報告してくれるので、乳検データーで見るよりもわかりやすい。
繁殖に大きく影響する飼料設計はなかりシビアに対応。
今の大きな問題点は餌のメインである1番牧草サイレージの品質がかなり悪くなってきているとのこと。できれば使いたくないと・・・・この悲しい現実
これから暑くなる季節を迎え、このサイレージを使い続けるのは危険すぎる状態らしい。
しゃちょー、廃棄に前向き。これも牛を健康に飼養するための苦渋の決断ですね。

お金かけてエサ作って、出来た餌が悪しで廃棄・・・ はぁ~ガッカリするわ。

でも、そんなこともはっきりアドバイスしていただけるのはありがたいです。

そのほかにも、どんな質問も明朗に答えてくれる。お頭の悪い私たちにでも理解できるようにわかりやすく。
はやり、NOSAIの獣医師として現場で働いてきているせいで、酪農家のことをよくわかっていらっしゃる。

専門の研究者や技術者たちの話は、難しい言葉が多くて理解に苦しむことが多いけれど、この先生のお話は本当に体に染み込むように理解できる。
毎回検診後のこのミーティングが楽しみなんです。

ということで、最近この先生の話を聞きたくて、エサ屋の営業マンさんや普及員さんまで検診に立ち会うことが多くなった。
イイことです!

次回は月末。
デントコーン播種終わっているかな・・・・

2018 5月 12日

イドバタイチバ

久しぶりの好天気
気温20℃ 日差しが暖かく眩しい。

今日は午前中の仕事を特急並みに済ませて、隣町の滝上町に走った。

連休からのお天気崩れと寒さで、畑仕事もすっかりゴールデンウィークだったけれど、一斉にデントコーン播種作業が始まっています。
しゃちょーも今朝からプランターで播種作業に出ている。
チームのコーンの作付け面積は140haもあるそうで、プランター一台で何日掛かるのでしょうね。
どこもかしこも土煙が上がっています。
機械のトラブルもなくお天気崩れもなく順調に終わってほしいものです。

そんな忙しさを横目に、私はお知り合いの女性が企画している「イドバタイチバ」という催しものに出かけたのです。

滝上町は芝桜で有名。
現在は5分咲きぐらいでしょうか? かなりピンク色に染まりつつあります。

まだ観光客もそんなに多くは無いようですね。


滝上町文化センターで1日限りの「イドバタイチバ」
近隣町村から手作り雑貨や飲食店などの小さなお店が多数出店。文化センターのエントランスホールにはたくさんのお客さんで賑わっていた。


我が家がお世話になっているステキな姉妹のお店「カソショップ」


豆で作られているピアス。なかなか素敵なんだけど、私、ピアスの穴がないので断念。


なので、食べられる豆購入。
黒豆茶、とバラエティに富んだ豆セット。この黒豆茶、ほんと香ばしくて美味しい。お団子のお供に最高です。

イドバタイチバで買い込んだものでランチタイム。豪華版♪

メインのランチボックスとデザートボックスは名寄の「食工房~おると」さんのもの。
ランチもデザートのどちらも沢山の種類の食材やスィーツがびっしり。そして、美味しい!身体が元気になるわ~。

パンは白滝のパン工房「fu-sora」さん

コーヒーは士別のカフェnidoさんのグァテマラ

ナッツのケーキは紋別市のカフェほの香さん

コーヒー豆柄のコースターは滝上町のハンドメイド作家の「Pleiades」さん

この他にもリゾレッタさんのキッチン雑貨やton-to-tonさんの消しゴムハンコも購入♪

顔見知りのお店もあり、再会に嬉しさいっぱい。

久しぶりに僅かな時間でしたが、美味しいものお気に入りのものを手にし、リフレッシュ。
イチバはイイね。
遠くのお店まで足を運ばなくても、たくさんのお店が集まっているから行って楽しく、買って楽しく、人と出会って楽しくて元気になる。
やっぱり、外に出て人に会うと新鮮だし、色々なひとの取り組みに触れるということは刺激になり自己活性にも繋がる。

今日あった人や会話を振り返りながら頂くひとりランチは、かなり贅沢気分。

さっ。午後から仕事に戻り 頑張るわ。

2018 5月 09日

アイスクリームの日

車にその日最初に乗ると、カーナビがその日の記念日を必ず教えてくれるのです。

今日は「アイスクリームの日」だと教えてくれた。
何故に今日はアイスの日なんだろう?って調べてみると・・・
昭和39年、東京オリンピック開催の年、当時の東京アイスクリーム協会が消費拡大を狙って、ゴールデンウィーク明けの5月9日に各施設にアイスクリームを贈ったそう。
それ以来この日がアイスクリームの日になったようです。

アイスクリーム 乳製品のスィーツの中でやはりダントツ最上位に君臨するのはアイスクリームじゃないかしら?
毎日でも食べたい。食後のアイス・・・常習化してしまう。
我が家の冷蔵庫にも当然常備。

ネットのアイスレシピを探していたら。気になるレシピ発見。

レシピの謳い文句に「まさか!の美味しさ、大人のアイスクリーム」なーんて書かれてあると、居ても立っても居られません(笑)

「ほうじ茶と塩こぶのアイスクリーム」♪

何だか、美味しいの間違いない!って感じました。
乳製品と塩こぶはとてもイイ相性。
モッツアレラと塩こぶのカプレーゼはとても美味しいの。
なので、間違いない。加えて、ほうじ茶と塩こぶのマッチングにそそられる。
で、早速 レシピ通り作る。

イイ感じに仕上がりました。

実食。

・・・・・・・・、多分、アイス自体の甘さと塩こぶのバランスが悪い感じ。 今一つ。
改良の余地あり。

謳い文句の「まさかの美味しさ」にはちょっとほど遠かったわ。

でもこの組み合わせ、何とかしたい! きっとイイバランスがあるはず。

それにしても、昨日も今日も最高気温3~4℃という寒さ。

4月下旬の夏日はどこへやらです。お陰で4月末日に開花した桜、まだ綺麗に咲いています。こんなにロングランで綺麗に桜が見られるのは本当に珍しい。
週末から気温上がりそうです。いよいよ新緑の季節の突入に伴い、デントコーン播種も始まりますね。

2018 5月 06日

さくら 2018

長ーいブログ休暇でした。ごめんなさい。

4月後半は好天気続き、しかも風が強い毎日。渇き切った感じの大地。
そんな中、余りにもお天気が続くので、雨休みなしに牛舎作業以外の雑作業に明け暮れる毎日からゴールデンウィーク突入
来客もチラホラありの、しゃちょーはスラリー散布やら肥料散布と畑仕事に追われ、ひとり牛舎切り盛り。
まさに、ゴールデンワーク!

ゴールデンウィーク半ばからお天気崩れた時には、疲れがドッと出て何もやる気が起きなくて、精神的体力的疲労回復のため
最低限の作業だけに徹し休息してました(笑)

流石に好天気が続いた4月下旬。ここ紋別でも4月中に桜が開花という異例の早さ。

やっと今日、長らくGWだったカメラを持ち出して、桜を撮ってきました。
どうやら今夜からまたまた雨、それもまとまった強い雨が降る予報とのこと。ということで今日写しに出かけないともうアウトという状況でしたので、重い腰を上げて。

車で5分。上渚滑神社の境内の桜が満開。

生憎の曇り空でしたが。

ここの桜が好きなんです。
色も淡目。
何本もある桜の大木。その中に1本だけ普通の桜とは違った桜の木があるの。
枝が細くてうねっている桜。しかも毬玉のような花の咲き方がとても美しい桜

毎年、ここの桜だけは見たいと思う。
だーれもいない境内。 周りが松に囲まれているので風当たりも少なくて撮影には最高。
首が痛くなるほど見上げてきました。
桜をまじかで見るのは今年これが最初で最後になりそう。 

誰かが言ってた。「桜が咲いた、それだけで嬉しい」と・・・

本当にそうです。

また一年幸せな気持ちで頑張れそうです。

重い腰上げて、さくら見に行って良かった!

ゴールデンウィークも今日が最終日ですね。
お疲れさまの方も多いでしょうが、明日から気持ち切り替えて頑張りましょ!

私もブログ更新再開します。