2018 8月 23日

留守番の日の留守ごと♪

もう、数カ月も前の事・・・・
たむら家に嫁いで32年。3世代が同居の大家族。
私一人が家で一晩留守番することなんて皆無の状態だった。

この32年で初の一晩だけでしたが、お留守番の日が巡ってきた。
これが、幸せなことなのか不幸せなことなのかと聞かれると、正直、心躍る気持ちが強かったのがホ・ン・ネ

だ~れも居なくなった家での留守ごと。
小さい頃は両親や祖父母が畑に出ていくと、、、ニヤリ。
台所の戸棚を物色しておやつを探し、盗み食い。 祖父母の部屋に入ってあっちこっち引き出しを開けてみたりして探検する。
母の鏡台で化粧品をいじってみる・・・などなど・・・
留守ごとは子供のころの楽しいイベントだった(笑) ひとりぽっちが寂しいなんて思わなかった。
皆さんもそんな経験ないですか? ありますよね! 

ほら、ペットだって、ご主人が居なくなったと思ったら、良からぬことを派手にやってくれたりします。

そう、動物もひとも解放感を満喫したい衝動にかられるんです。

留守番の日、酪農ヘルパーさんと仕事をする。何故かヘルパーさんと仕事をすると格段に速く仕事が進み終了する。
留守番の前日から一人の夜は何して食べよう~♪♪♪と脳裏を駆け巡る(笑)

夜の仕事を終え、いざ!ビール片手にひとりディナー作り。
好きな音楽をかけ、友人がお裾分けしてくれたサクラマスをメイン料理に。


サクラマスのバターソース、トマトのサラダ、きゅうりの塩だれ漬け&白ワイン ワイングラスも、とっておきのダビンチクリスタルのもの使ったりして♪

これだけでは、お腹は満たされないので・・・
居酒屋風のステージ2へ

キャベツと油揚げと塩こぶの一品を肴に、ビール。 オヤジっか!って言われそうね。

お腹もいっぱいになり、次はお風呂!

たっぷりのお湯をはり、普段は使わない、とっておきの入浴剤を入れて、後に入るひとを気にせずにまったりとはいる。

なーんんて贅沢な留守ごと~♡と満喫して寝る。

こんなことが32年間夢見ていた私の贅沢な留守ごとでした(笑)

いくつになっても、留守ごとを考えるとワクワクしてしまうけれど、日常的に留守番になる日が来るのは、悲しいことです。

2018 8月 18日

初冠雪と人間愛

昨日、大雪山系の黒岳に初冠雪のニュース
例年より1か月も早い訪れ。

つい2週間前は真夏日や猛暑日があったばかりなのに、早、冬の訪れですか?
あまりにも急な季節の変化に唯々驚くばかり。

日照りが続けば長く、雨が降り出したら止まない・・・そして冬の足音が大きい。

冷たい雨が降るお盆。ストーブを付けた家庭も多かったことでしょう。

しゃちょーなんて、寒さに防寒着を着たくらい(笑)

やっと今日は雨も止み日差しが少し覗いているけれど、すっかり秋の空気です。

これから、2番草の切り込みですが、お天気予報もイマイチ。行事は多数・・・いつ出来ることやらですが、
牛は涼しくて幸せそうで何より。
夏バテ気味を今のうちに取り返して欲しいものです。

とある番組で、地元の買い物難民のひと達ために移動販売をする20代の若い独身女性のお話。
決して売り上げは自分の生活をするのにも満たない程しかないけれど、それでもその女性は「頼られることが、私にとって給料みないなもんや」と
毎日身を粉にして買い物弱者の家庭を回る。この言葉も意味はとても深く、そう言ってのける彼女の姿は、ある意味痛々しくもあり、神々しい。
彼女の強い意志と行動力は、まさに家族を支える大黒柱のよう。

山口県で2歳児が行方不明となり、九州から車でひとりボランティアで捜索しに来た70代の男性が発見したという事件。
「日本人だから、助けに行くのは当たり前」と言い切る男性は、ボランティア精神の強さや勇ましさ、潔さに賞賛してしまう。

「与えた恩は水に流し、受けた恩は石に刻め」という言葉が、男性の座右の銘だそう。

こんな人間味溢れるひとがいるなんて・・・と、改めて知るとともに、これからの人生の糧に心に刻みたい、おふたりの姿だった。

初冠雪も溶かす、ひとの想い。


(友人撮影のひまわり)

まだまだ夏はここにある。

2018 8月 15日

絶品、干し柿

お盆に頂いた美味しいもの。

干し柿の中で一番好きな「市田柿」
その市田柿とクリームチーズが出会うと、こんな美味しいスィーツというか、ワインや洋酒のおつまみになってしまうのかと驚いた逸品。

市田柿の干し柿にクリームチーズがサンドされたこの商品。
先日、干し柿好きな友人からのお裾分けで頂いたもの。

早速、切ってみたところその切り口の美しさに驚き、一切れ食べてまたまた感動。
今まで食べて来た干し柿の最高峰の美味しさです。

柿が出回る季節になると食べたくなるのが、柿モッツアレラ♪

手持ちの画像がなかったので、ネットから・・・
これにオリーブオイルとワインビネガーを掛けて食べるのが大好き。
夏の桃モッツアレラバージョンより、私は好きな組み合わせ。

そう考えると、干し柿とクリームチーズが合わない訳がありませんよね。

干し柿・・・昔は好きではない食べ物でしたが、今は大好き。柔らかい干し柿は今でも好んでは食べませんが、しっかりとした果肉の市田柿は最高です。

市田柿のクリームチーズサンド。お取り寄せでしか手に入らないかも知れませんが、機会があれば皆さんも是非に。

世の中には、私のまだまだ知らない美味しいものたくさんあるのですから、巡り合えた時の喜びはひとしおです。
友人に感謝です。
ありがとうございました♪

2018 8月 14日

肉球?

どんより空、時々降雨。
大地が潤いを取り戻し、私はお盆の来客とビールの飲酒量も急上昇で、お腹も潤い過ぎてます。
お天気は今一つの一週間になりそうだけれど、少しのんびりモードな感覚。

最近、経過観察中の牛がいます。
(汚ったない画像でごめんなさい)

乳頭に出来たコブ。まるで肉球です。
最初は本当に小さかったのですが・・・・地味に段々と育っています。
真ん丸な硬いコブ。搾乳時特に痛がったりもせず、搾乳には支障は今のところないのですが、気になります。

牛の乳頭に出来るイボ(牛パピローマウィルスによる乳頭腫症)とは全く別もの。


丸くて可愛いのですが、どこまでこれから成長していくのか・・・そのうち、ライナーに入らなくなって搾乳出来ない事態になってしまうのかしら?とも思ったりして・・・・
こんな牛は初めてです。取り合えず、経過観察中。
乳頭腫も酷い症状になると触るのも抵抗を感じてしまうけれど、このコブ乳頭は毎日興味深々で見てしまう。乳頭口のすぐ側なので切除も出来ない感じです。

コブとり爺さんのお話ではないけれど、鬼が取ってくれるとありがたいわ~ (笑)

2018 8月 11日

雨休み

およそ1カ月ぶりの、待ちに待った恵みの雨
芝生は黄色く枯れ、芝を踏むとパリパリと葉が砕ける音がするほど渇ききっていた。

昨日はお湿り程度の雨でしたが、昨晩はなかなかの降り、今日はどんよりと重い曇り空。
降った雨がすぐに乾かずに、何もかもしっとりと潤う時間が嬉しい。

蜘蛛の巣に水晶玉

逆さまの風景が映り込む。もう冬の風景が見えるかしら(笑)

すっかり、あの猛暑が嘘の様な気温の下がり方。
冷蔵庫にストックしてあるかき氷・・・もう食べる機会がないのではと思うほど。

過日行われた農業塾の画像。二人で撮影した枚数は1000枚を超えた。
その画像の選択を何度も見直して、少し修正かけて、やっと400枚程に絞り画像CDを作り終えた。

私の今年の農業塾はやっと終わったぁ~!!肩凝ったぁ~、眼疲れ半端ない。
あとは、しゃちょーがスタッフや関係機関に配布するだけ。

お盆ですね。
どちら様も、ご先祖様、故人、家族を思って過ごせますように。