2018 8月 08日

ブルーベリー狩り

今年初めての日帰りのお出かけかもしれない。
やっと、時間を作ってしかも友人を誘って、名寄まで(車で一時間半)ブルーベリー狩りに出かけた。

3年ほど前にも一度行ったところ。

「サンベリーむらおか」
午前9時半現着。朝6時頃から開園しているとのことですが、私たちの他にだーれも居ません♪
広ーい園内は貸し切り。
オバちゃんふたりは、「さぁ~採るぞぉ~!!」テンション上がり気味(笑)
日焼け・防虫対策、お腹の整腸対策も(笑)万全。

入園料¥700。時間無制限の食べ放題。摘み取り持ち帰りは100g250円。

何と、当日は1キロ以上の摘み取りのお買い上げだと、入園料が全額キャッシュバックのキャンペーン中とのこと。
私たち、1キロなんてそんな少量の摘み取りではないので、またまたテンション上がります。

ひと籠、1キロちょっと入るそう。
こんなちっちゃな籠・・・・と思っていましたが、結構ひと籠摘み取るのに時間が掛かること。
園内には20種類ほどの品種があり、味見をしながら、出来るだけ大きな粒のものを。。。と、最初はそう思って摘み始めたのですが、性格ですね、段々とどうでも良くなってきてしまう私。
取り合えず、気温もどんどん上がっていくので、時短で合理的に摘み取る。

あまり摘み取られていない樹は、まるでブドウの房のように鈴なりになっている。
品種によって、甘さも酸味も食感も大きさも様々。同じ樹でも粒の大きさの違いによっても味は異なるし、同じ品種でも樹が違うとまた味も違ったりと、食べ比べの贅沢さを満喫。
ブルーベリー自体は日本で200種類ぐらいあるのだとか。

ここの園主、70歳代ぐらい。結構毒舌なんです。
園主にどこから来たのさ?って、聞かれ、紋別からはるばると答える。
そうしたら、一番お得なこと教えてあげる!っていうの。
「今、1キロの摘み取りで買い取ると700円戻ってくるから、この籠、1杯だけ摘み取って帰るのが一番お得で、このキャンペーン中、毎日来るのがさらにお得さ!」と、ニヤリ顔の園主。
「なるほどね~ でも、毎日このひと籠のために来られないから、私たちがおじさんにたくさん儲けさせてあげるから、大丈夫!」と私も、どや顔で答える。

せっせと、私たち、なん籠も摘み取っては会計に持っていくと、園主さんに、もう紋別さんは摘み取るの辞めてください!って言われちゃった。
だから、儲けさせてあげるって言ったでしょ!とニヤリ顔で言い返す私(笑)

と、こんな嫌みのない会話を出来る園主のおっちゃんとのやり取りも楽しいのです。 オバサンになるとホント口が減らなくなりますね。

摘み取ったブルーベリーをその場で、孫たちに地方発送してもらって、残り3キロほど、持ち帰ってきました。
そのまま生で食べたり、冷凍保存、ジャムにして満喫。

こんなに一度にたくさんのブルーベリーを普段買うことも出来ないし、もちろん食べることもないので、贅沢なブルーベリー狩りでした。
友人も大満足。およそ二人で10キロ近く摘み取った感じでした。凄い。そりゃ、園主も驚くわね。

それでも、最後に園主、「また来年も来てよ~」と手を振って見送ってくれたわ。

帰るごろには、駐車場は満杯になるほどの来園者で賑わいに。滞在時間1時間半。楽しかったブルーベリー狩り、9月中旬ごろまで開園しているそうなので、是非にみなさんも楽しんでみてください。

2018 8月 05日

もんべつ農業塾2018

オホーツクブルーが空一色に広がる、そんなすがすがしい晴天の中、今年もまたもんべつ農業塾が賑やかに開催された。
今年は数か所ある会場の中で一番オホーツクの海に近く、海の見える「前島牧場」さん。
5年ぶりの2度目の会場。
5年も経つと随分と新しい施設が増え、活気に満ちた牧場に一段となっていた。
どこもかしこも 綺麗に清掃され、心地よい海風が通り抜ける牧場はとても空気も良かった。

そんなか、新しい参加者も多く新鮮な雰囲気の中、農業塾が始まった。

哺乳体験。ミルクの温かさと飲む勢いの良さに驚く。

開催牧場の牧主さんの説明も、近年ない程の丁寧な説明ぶりに、長年連続参加の人も新しいお話が聴けて面白かったとの感想も♪
沢山ある牛舎を見て歩き回り、お腹も随分と空きました!
待ちに待ったバター作り

今年は気温も涼しかったせいでしょうか?バターの出来が近年最高の出来具合となり、大好評。
この顔を見ればもう何も説明はいりませんね(笑)

午後はNOSAIの獣医師による獣医体験と搾乳体験

心臓の鼓動を聴いて「生きてる!って感じがした!」っていう感想が飛び交いました。
身体の中で「生きる」という活動を担う心臓の音・・・・その強さを感じた事でしょう。 嬉しい感想でした。

ロールのラップの実演を見て、出来立てのラップに飛び乗って大喜びの子供たち。
こんなことが新鮮で楽しいんです。いい笑顔です。

あーっという間に一日が・・・
参加者の笑顔に疲れも吹っ飛ぶ!と言いたいところですが、年々、終わった後の疲労感は半端ないですね(笑)
でも、主催者メンバーは、みな元気に焼肉で打ち上げをするため、夜の街に繰り出して行ってしまいました!

私は、今日の写真の画像の選択と修正、そして一枚の思い出のアルバムとしてCDにしてメンバーに配布する作業のため残業です。

内容は毎年そんなに変わらないのに、参加者の表情が一番の楽しみで、来年へと継続の力を貰っています。
また、来年も8月の第1週の日曜日に開催予定です。

そして、毎年 この農業塾に協賛いただける企業や有志が増えていることに心より感謝いたします。
命を繋ぐ産業、そしてこの産業を将来へ継承するための、「いのちの教育」をこれからも大切に担って行きたいとスタッフ一同願って続けます。

みんな!来年も来てね~♪

あ~あ、充実感・達成感いっぱいの疲労感。
今年もやって良かった!と思うのは私だけではないです。

2018 8月 04日

カメラ準備


明日は、恒例の「もんべつ農業塾」が開催されます。
今年の会場は紋別市元紋の前島牧場さん。ここでの開催は5年ぶり?2度目になります。
前回から牧場も随分と様変わりした様子が見られることでしょう。

明日のお天気は、暑さも和らぎ好天気の模様。
誰だかが言ってましたね。オホーツククーラーが壊れているから、連日真夏日や猛暑日が続くのだと・・・
で、今日からはオホーツククーラーも治ったようで、実にオホーツクらしいカラッとした爽やかな夏空と気温が戻ってきました。
明日も心地よいお天気だそうです。
しゃちょーは午後より開催牧場へ、明日の準備に行っています。
今年も、たくさんの参加者が名簿を連ねていました。楽しみですね。

私も、カメラ担当者としてカメラやレンズのお手入れなど(笑)して、準備しています。

毎年私の他にも数名カメラ担当者がいるのですが、今年は私ひとり・・・トホホ・・・・
誰か~助っ人お願いします! 
網走のU会長さん!カメラ好きの方などなど、是非にいらして~

と・・・・最後に喘いでみました。

ともあれ、明日はとても楽しみな一日です。

皆の笑顔を一日追ってみます。 

2018 8月 03日

デントコーン

6月中旬からずっとお天気が悪く、雨ばかり気温も低く日照時間はほとんど無いに近かったほど、太陽の出る日は無かった。
積算温度が高くないとデントコーンは成長しない作物。
日照不足により、葉は黄色くなり成長も止まってしまうほどだった。

しかし、7月下旬あたりからやっと北海道に夏がやってきた。
いきなりの真夏日が連日の様に!
もう2週間以上雨が降っていない。 ひたすら本州並みに暑い!

ひとも牛もいきなりの暑さ続きに げんなり、ドンヨリ・・・ 病気になる・・・

そんな暑さに弱い生き物をよそに、めちゃめちゃ元気なデントコーン
今までの寒さを挽回するかのように、毎日目を見張る成長ぶり。

やっと本気を出してきた感じ。
今年は圃場の雑草対策の土壌処理も完璧なほど雑草も生えていなくて、綺麗な畑にスックと立ち並んでいるデントコーンはとても美しい。

しっかりと茎を支えてる根も頑丈そう。

それでも、例年よりまだ草丈は低め。でも時期なのでチラホラ穂が出始めて来ています。

燦々と降り注ぐ太陽のエネルギーを葉にいっぱい受けて、どんどん大きく成長をしていって欲しい。
後は台風に見舞われないように祈るだけです。