2018 8月 05日

もんべつ農業塾2018

オホーツクブルーが空一色に広がる、そんなすがすがしい晴天の中、今年もまたもんべつ農業塾が賑やかに開催された。
今年は数か所ある会場の中で一番オホーツクの海に近く、海の見える「前島牧場」さん。
5年ぶりの2度目の会場。
5年も経つと随分と新しい施設が増え、活気に満ちた牧場に一段となっていた。
どこもかしこも 綺麗に清掃され、心地よい海風が通り抜ける牧場はとても空気も良かった。

そんなか、新しい参加者も多く新鮮な雰囲気の中、農業塾が始まった。

哺乳体験。ミルクの温かさと飲む勢いの良さに驚く。

開催牧場の牧主さんの説明も、近年ない程の丁寧な説明ぶりに、長年連続参加の人も新しいお話が聴けて面白かったとの感想も♪
沢山ある牛舎を見て歩き回り、お腹も随分と空きました!
待ちに待ったバター作り

今年は気温も涼しかったせいでしょうか?バターの出来が近年最高の出来具合となり、大好評。
この顔を見ればもう何も説明はいりませんね(笑)

午後はNOSAIの獣医師による獣医体験と搾乳体験

心臓の鼓動を聴いて「生きてる!って感じがした!」っていう感想が飛び交いました。
身体の中で「生きる」という活動を担う心臓の音・・・・その強さを感じた事でしょう。 嬉しい感想でした。

ロールのラップの実演を見て、出来立てのラップに飛び乗って大喜びの子供たち。
こんなことが新鮮で楽しいんです。いい笑顔です。

あーっという間に一日が・・・
参加者の笑顔に疲れも吹っ飛ぶ!と言いたいところですが、年々、終わった後の疲労感は半端ないですね(笑)
でも、主催者メンバーは、みな元気に焼肉で打ち上げをするため、夜の街に繰り出して行ってしまいました!

私は、今日の写真の画像の選択と修正、そして一枚の思い出のアルバムとしてCDにしてメンバーに配布する作業のため残業です。

内容は毎年そんなに変わらないのに、参加者の表情が一番の楽しみで、来年へと継続の力を貰っています。
また、来年も8月の第1週の日曜日に開催予定です。

そして、毎年 この農業塾に協賛いただける企業や有志が増えていることに心より感謝いたします。
命を繋ぐ産業、そしてこの産業を将来へ継承するための、「いのちの教育」をこれからも大切に担って行きたいとスタッフ一同願って続けます。

みんな!来年も来てね~♪

あ~あ、充実感・達成感いっぱいの疲労感。
今年もやって良かった!と思うのは私だけではないです。