2018 9月 15日

酪農に近道なし

震災による停電から1週間がたった。
長く思われた一週間だったように感じる。

僅かに丸二日間の停電の影響は、牛にはあまりにも大きかった。

停電により搾乳時間が二日間の間大幅にずれた。
これにより、搾乳されないというストレスによる乳房炎の発症と体細胞の急上昇が顕著に見られた。
停電の朝は生乳の集荷日に当たっていたが、朝の搾乳が出来たのは通常の10時間遅れ、集乳車が来たのは夕方薄暗くなったころ。
その日の生乳の検査結果を見ると、さすがに10時間も遅れて搾乳しただけあって乳量は一時的に多かったけれど、体細胞は通常の2倍以上の数値だった。
こんな数値しばらく見たことがない。

翌停電二日目から2頭程、顕著な乳房炎発症。
仕方がないわ・・・・この頭数で済んでまだ良かったと思いながら2頭を治療しつつ、停電中の発電機により不定期な時間に搾乳をしていた。

停電明けの8日は再び集乳日。
この日は結局 通常なら4回分の搾乳した生乳があるはずでしたが、発電機の都合上、二日間で3回のみの搾乳での集乳となった。
出荷乳量を見て、愕然。通常のおよそ半分強。

そうです、停電中の餌が粗飼料のみでしたので、減る覚悟はしていたけれど・・・余りにも悲しすぎるほどの乳量。
でも、廃棄にならなかったから良しとしなくては、と気を取り直し、通常のサイクルで仕事に戻れたことに安堵していた。

問題はこれからでした。

8日からは停電も復旧し、餌も通常通りに混ぜての給与が始まった。

これが大問題の行動だったのです。

丸二日、粗飼料のみの低エネルギー食から、一気に乳量の復帰を望んで停電前の高エネルギー食を給与したため、牛の胃はとんでもなくビックリしたようで、
便の性状が一気に水様化してしまい、全頭四胃変位になるのではという不安と、乳房炎牛は日増しに増加。牛群の15%が乳房炎で治療する羽目に。
分娩直後の牛も一頭四胃変位で昨日手術。

停電の落ち込みを早く戻したいという一心でとってしまったこの行為。

1月からずーっと少しずつ牛の様子を見ながら、コンサル獣医師と餌を微調整しながらやっとここまで来た。
牛の胃の中はとても繊細。大きな変化を嫌う胃なのです。

そんなことわかっていたはずなのに・・・

たった二日だったから・・・・という思いが、とんでもない結果と今までの苦労が水の泡。[ふりだし」に強制送還された思いです。

今日、コンサル獣医師の定期訪問があり、現状に愕然と・・・・

獣医師との話で教訓を得た。

「酪農に近道なし!」

 

この教訓を胸に、また「ふりだし」から前へ進むことにしました。

改めて、外見とは大違いな繊細な牛であるということを肝に銘じて・・・
この問題行動の影響は、この先、繁殖へも大きく影を落とす結果になるかと・・・ 
何年、酪農やっているんだかね・・・

震災ではなく、畜主による人災だわ。

やっと昨日辺りから便の性状も回復してきた。お腹のバクテリアが変化に追いついて来たのかも。

2018 9月 13日

コーンサイレージラップ

今年のデントコーンの収穫が間近かになってきたものの、今年のデントコーンを入れるバンカーサイロが1本も空いていない。
という事で、今食べさせてる途中の、バンカーのサイレージをラップにして貰うことにした。


バンカーの2/3ぐらいが入っている。

朝からこの機械の業者さんや、ご近所の酪農家さんがタイヤショベルを持って手伝いに来てくれた。(我が家にはタイヤショベルがないの・・・)



何やら、やたらと大きな機械。



バンカーのサイレージをロールラップする機械に投入。


すると・・・機械の中で圧縮されたロールになって出てくる。

これを牧草のラップするのと同じようにフィルムで巻く。



巻き終わったロールは地面にコロンと転がり落ちると同時に立ち姿で着地。 これがなかなか見事に決まるんですね。
それをグローブ付きのショベルでお行儀よく並べていく。

牧草ラップのように重ねて積み置きすることが出来ないらしく、ひたすら平置き。結構な敷地が必要です。

それでも実質5時間ほどで作業終了。 なんてありがたいことなんでしょう。
こうしてラップされたサイレージは品質も良いとのこと。ただ給与するときはフィルムを切ったりと手間がかかり、使用済みの大量のフィルムを片付けるのは大変ですが、ともあれ安心安心。

後はカラス・ネズミ対策だね。

皆さん、ありがとうございました。

2018 9月 12日

サンゴ草

そろそろ 草木の緑に黄色味がさし始め、秋の紅葉の始まりへと進んでいます。
今日は朝から風もなく穏やかに晴れわたり、コムケ湖まで足を運んでみた。
先日、地元紙にコムケ湖のサンゴ草の事が記事になっていて、コムケ湖にもサンゴ草が見られるのだと新発見。見たくなった。

昨年春に見に行った、ワタスゲ群生地の反対側の場所。

ホタテ島木道の標識を探して。。。


コムケ湖に向かって木道が整備されていた。ちょっとワクワクします。


クロサギがたくさん(写真には写っていませんが・・・)


木道の行き止まりで行くと、色づき始めたサンゴ草が広がっていました。
オホーツクでサンゴ草の群生地で有名なのが能取湖やサロマ湖ですが、ここコムケ湖のサンゴ草は知る人ぞ知る、観光地化されていない小さな群生地らしいです。
私が行った時も、私ひとり。そこへコムケ湖を管理しているコムケの会の人がサンゴ草の様子を見に来ていただけ。


サンゴ草は別名「アッケシソウ」とも言われ、絶滅危惧種なんだそう。
サンゴ草は食べられるらしいです。でも、絶滅危惧種ですから、採って食べちゃ罰せられますね(笑)
塩湿地に生息しているためミネラル豊富で、海外では「シーアスパラ」としてサラダなどに用いられているようです。ちょっと食べてみたいですね。

もう少し全体に赤く染まるのはもう少し先。
今年は7月の干ばつで背丈も低く群生の広さも小さくなっているとのこと。
また、日を改めて、見に行きたいな。

2018 9月 10日

よつ葉乳業北見工場


我が家の生乳を出荷している乳業メーカー「よつ葉乳業」
ここ紋別には、紋別だけど「よつ葉乳業北見工場」がある。オホーツク管内から毎日およそ620~630tの生乳が運ばれ、バターや脱粉・生クリームに加工されている。
中でもバターの生産量は日本一を誇る。 一日20tものバターが作られ、このうち、ココの工場にしかない「バターチャーン」という機械で作られる特別なバターの8tが含まれる。
このバターチャーンで作られたバターは本当に美味しいの。バターは「よつ葉」以外には考えられないほど、私はお気に入り。自慢の乳製品です。

今回の北海道、胆振で起こった地震による、道内全域での停電、酪農界も悲劇が起こった。

停電により酪農家は搾乳が出来ない。発電機で取り合えず搾乳が出来ても、生乳の受け入れ先の乳業メーカーの工場が停電により稼働出来ない事態に陥った。
酪農家はやむを得ず、生乳を廃棄せざるを得ない事態になった。
道内にはおよそ各乳業メーカーの工場が30箇所ほどあるのですが、震災時、発電機で稼働出来たところはわずかに2箇所。

この2箇所が「よつ葉乳業」十勝主幹工場と北見工場だったのです。

道内全部の乳業メーカーで処理出来る生乳は一日およそ1万トン。
しかし、今回の停電でよつ葉の2箇所の工場で処理できる生乳は2000t強だそう。
単純に8000t弱の生乳が路頭に迷ったというか廃棄に至ってしまった計算になる。

個々の酪農家は出荷先の乳業メーカーを選ぶことが出来ないので、それを考えると・・・十勝やオホーツクのよつ葉に出荷している酪農家は幸運だったとしか言いようがない。

北見工場の酪農担当の職員さんにお聞きしたところ、今回の停電で、道北の浜頓別にあるよつ葉に出荷している生乳をはじめ、オホーツク管内の他の乳業メーカーへ出荷している酪農家さんの生乳も工場で最大処理できる量まで受け入れたとのこと。
佐呂間町や遠くは小清水からも受け入れたそうです。
少しでも廃棄乳を減らすために・・・何て有難いこと。

よつ葉乳業は農民出資で作られた農民のための乳業メーカーです。まさにその志をしっかりと受け継がれてるから、自家発電に莫大な資金が掛かっても設備されていたのだと思わざるを得ない。
酪農家の苦労を無駄にしない。そんなよつ葉乳業の思いを痛感したところです。
益々、よつ葉乳業LOVE♡になりそうです。

今回の停電で牛も人も大変な思いをしたけれど、改めて分かったこと、これからの課題も明確になったのも事実。
酪農家も乳業メーカーも今後新たに一歩踏み出すきっかけになったはず。

災害に強いネットワークの確立。

ギュッと胸をつかまれた気がします。

2018 9月 09日

熊の宴会場

今年のデントコーンは発芽からの低温・日照不足で生育が止まり、その後、1カ月も雨が降らず干ばつ。
8月に入って雨が続き、少し生育は進んだものの収量は例年の半分~2/3ぐらいしか見込めない状態。

それでも、収穫期まであと3週間ほどと迫ってきた。

我が家の隣の酪農家さんの牛舎裏のデントコーン。
すでに熊が収穫し始めています。(デントコーンが倒されている部分が熊に食べられているところ)
この酪農家さんのデントコーンは町内で一番早くに作付けされたので、どこのデントコーンより実入りが早いのが分かっているのか?この畑に集中して熊が付いている。

写真の反対側は、一級河川の渚滑川。その川向の山から川を渡って来ては、夜な夜なこのデントコーン畑でトウモロコシを肴に宴会をしている模様。

畑の枕はかなりの面積で倒されている。 さらに畑の奥まで入っていてまたかなりの面積が倒されているのが随所に見られる。


この写真の上に左側に見えるのが、たむら牧場の牛舎。すぐ近くなんです!

近くには熊用の箱罠が設置してありました。

扉が閉まっていたので、まだ捕獲目的じゃないのかしらね?

別の場所ですが、この道は、息子たちが小学生に時、通学に毎日利用していた道。
しっかりと大きな熊の足跡。 この道も我が家から300~400mぐらいのところ。
しかも、堂々と道のど真ん中を歩いているし! この道は熊の遊歩道ですか?

本当に熊の目撃情報が多くて物騒です。
最近も紋別市内の農家さんで、箱罠で捕獲された熊の動画がFacebookに投稿されていたのを見ましたが、とんでもなく凶暴で恐ろしいです。
あの熊の爪を見たら・・・生きた心地しません。

どこだかの羊牧場では春から70匹の羊が行方不明になっているとかで、熊に食べられたのでは?という話も・・・・

家畜を襲うようになったら、それこそ大変です。

早くデントコーンを収穫して、熊を遠ざけたいものです。