2018 9月 08日

平常へ

昨晩12時頃、紋別市内で電力の復旧が最後となった、我が地域の上渚滑に明かりが戻ってきました。
停電生活まる二日間。
当初は1週間はかかるのでは・・・と言われていただけに早い復旧に安堵。
北電さんをはじめ、JA職員・電気設備屋さん・各種業者さんは搾乳の復旧に深夜まで、携帯も繋がらない状況の中対応していただき
何とか生乳廃棄にも至らず、復旧に至ったことに深く感謝いたします。ありがとうございました。

当初の発電機ではミルカーと生乳を冷やす冷却器を同時に動かす能力がなかったため、搾乳後にバルククーラーの動力に切り替えて、生乳を冷やさなければならなかった。
ましてや牛舎の照明も無理でした。

昨日は、徐々に紋別も電力の復旧により、発電機に余裕が出来て、昨晩の搾乳は発電機2台で牛舎の照明とミルカー、冷却器がすべて同時に出来る様になり
通常の搾乳体制が取れて時間も短縮。有難かった。


この発電機も今朝の搾乳を最後に撤去されて行きました。

この3日間、震源地の被災状況の把握もままならず、牛舎の対応に追われていましたが、今朝、改めて震災の状況をテレビで知り、その甚大な被害に驚きました。
厚真町の地滑りの現状は目を疑うほどです。
紋別は停電のみでしたので、地震直接の被害はないので、電力が復旧すればすぐに平常な日常に戻れますが、震源地周辺では停電や断水、さらに地盤沈下、家屋倒壊と復旧までにはかなりの時間が掛かりそうです。
まだ夏で良かったものの、冬はすぐ目の前。 一日も早い復興と被災された方々の生活支援を願うばかりです。
「ブラックアウト」という言葉も初めて知りました。
しゃちょーとふたり、北海道は「ホワイトアウト」も「ブラックアウト」も現状起こることを痛感したところです。
地震が極端に少ないこのオホーツクに発電所の必要性も有りかと。

生乳を出荷している酪農家は本当に苦慮しました。
まだ生乳を出荷出来た酪農家は良いのですが、搾乳が出来ない、牛乳が冷やせないなどの理由で廃棄処分せざるを得ない農家さんも多かったようです。

牛達もやっと飼料タンクの配合が入った美味しいエサを給与され満足気。

普段とガッツきさが俄然違う(笑)
食べるピッチがスゴイ。やっぱり。。。美味しいんだね。

でも、心配事も。
二日間、粗飼料のみの精進料理だったのに、いきなり高エネルギー食が給与されお腹のバクテリアがバランスを崩して、ケトージスや四胃変位などにならなきゃいいけれど・・・
このがっつき様子がある意味怖い。 注視していかなくては。

粗飼料のみのエサと不定期な搾乳とで乳量は激減。
乳房炎も2頭発症。
今後、震災前の乳量に戻るまでどのくらいの日数がかかるのかしら?

ともあれ、意外と早く平常に戻れたことに感謝です。

あっ!冷凍庫の一掃処分しなくっちゃ!
停電初日はストックのアイスクリーム類の大放出!来るひと来る人に強制的に食べて貰ったわ。