2018 10月 14日

JA農業感謝祭2018


20日土曜日、JAオホーツクはまなすの第2回の農業感謝祭が、雨天決行で開催されます。

私が所属する女性部も昨年の豚汁に加え、牛汁も作って皆さんのお越しをお待ちしています。
地元の野菜をたくさん使った具沢山の汁物なので美味しいはずです!

しゃちょーはポン菓子コーナーで、お米を加圧してポン菓子を実演販売しています。色々な味付けをするそうです。お楽しみに。

ともあれ、当日はお天気が良いことを願うばかり。

サプライズ企画もあるとか???

さて~ どんな企画なんでしょうね。

当日は10時開催です。大きな買い物袋下げて、売り切れゴメンですのでお早めにご来場くださいね。

2018 10月 12日

秋と酪農女性サミット

雨が降っても、割と暖かな秋です。
紅葉は日に日に進み、錦の羽織ものが艶やかに豪華さを増すこの頃。
ゆっくり紅葉を見に歩きたいものです。

庭の秋は「ほおづき」
ひと際、橙色が際立ち存在感を放つ。

ほおづきの皮を剥く。

そして、いたずらしたくなります。

先日、友人宛てに送った荷物の中に、ほおづきを2個いれて、秋の宅配便。

そうしたら、こんな可愛らしい画像のお礼が戻って来ました。

201810011029000

で、真似っこしたくなったのです。

友人はすべてのもを慈しむ心の持ち主。時々自分が恥ずかしくなる時があります。感性の豊かさはたくさんの視点からものを見て感じる、想像する。あらゆる体験を受け入れることが出来る、そんなところから生まれてくるのかもしれません。
そして、意外とチャレンジャー(笑)  けれど「ことば」の選択がとても柔らか。
何だか、別世界のひとのように思えるけれど、不思議な魅力を感じる方。 私と同世代なのに、この心の穏やかさはどこから来るのだろうと思う。私の心の師匠ですね。
ご主人も同様。おふたりにお会いすると、こころが清められる感じがします。
我が精神を清めに、時々お会いしたいほどです。

ひととの出会いってどこにあるかわからないけれど、ひとつ言えるのは、外に出ること。外に出ないと出会いは生まれないということです。
未知のひとに会う、ひとに声をかけるということは、かなりのエネルギーが必要。でもここにエネルギーを注がないと何も始まらないし変われないように思えます。

酪農は365日休業ナシの職業。
でも、ちゃんと外に出て人とのつながりを創っていく方はたくさんいます。そんな人は皆やはり輝いています。
今年も12月に「酪農女性サミット」が開催されます。
誰かと一緒じゃないと参加できない・・・なんて思わなくても、会場に行けば皆友達になれるし、酪農が益々面白くて魅力的な職業だというとわかり、やる気エネルギーを持って帰って来れます。
私、主催者ではありませんが、このサミットとても応援しています。
是非、時間を取って参加して欲しいです。
私、今年は都合が悪く参加できませんが、皆さん是非に!!!

詳しくは酪農女性サミットのFacebookをご覧ください。
今年も内容盛りだくさんのようですよ。昨年とはまた違う新しい企画や女性ならではの気遣いも。なーんて素晴らしいサミットなのでしょう!
私は、はやく開催報告がアップされるのが楽しみでなりません。


天高く馬肥える秋・・・
秋はやはり栗のお菓子。珈琲ロールケーキをモンブラン風に・・・
甘いものが妙に食べたい。

2018 10月 08日

穏やかに去った台風

先週の台風24号に引き続き、台風25号。
今回もここ紋別は穏やかに通り過ぎて行きました。
雨は結構降りましたが、風は無かった。
当初は強風が吹き荒れそうな予報でしたので、野菜ハウスのビニールも撤去するなど万事台風に備えたけれどさほどではなく
一足早く冬支度出来て良かったと思う。

紅葉も見頃を迎える前に葉が散ってしまうかと思ったけれど、その心配もなく今年は例年にない素敵な紅葉が望めそうです。
しかしながら、秋のイベントも週末ごとに台風の影響で延期や中止が相次ぎ、主催者泣かせでしたね。

流石に今後はもう台風が来るようなことはないでしょうが、まだ一カ月前に起きた胆振東部地震は今も余震が続いていて、冬の到来を目の前に復興はなかなか進んでいない様子。
北海道はこれからが一気に坂を下るように冬を迎えます。
せめて暖かな仮設住宅の建設を急ピッチで進めて欲しいものです。

我が家の震災後の停電による牛の乳房炎の発症もやっと鎮火。長かった治療期間でした。
十数頭いた乳房炎牛のうち1頭は完治まで1カ月もかかった牛もいて、治療のため廃棄した生乳は数トンに及んだけれど、廃用や死亡に至らなかったのは不幸中の幸いです。
廃棄した乳量は戻ってこないけれど、あと3カ月弱、牛達が健康で頑張ってくれることを願います。

昨日は初ピザ作り。
ピザ生地が分厚くて、思いっきりパンピザ状態
気持ちだけマルゲリータ♪

一枚食べたら、ムッタリするほどの満腹感で美味しさなんて、どこかへぶっ飛んでしまったわ(笑)
何事も経験と再チャレンジ大事ですね。

2018 10月 01日

カメムシ

台風24号もこの辺りは静かにスルー。
雨は降っていますが、風も弱く、台風の雨ではない様に思えるほど平和です。

上渚滑アグリチームのメンバー全戸のデントコーンの収穫が昨日の雨前に終わり、皆ニッコリ。ひと安心です。

今日から10月。
雨スタートですが、心も身体も潤う感じですね。

先日の事、荒れ果てた庭をウロウロしていたところ。
見慣れないムシ発見。


葉っぱに大きいの小さいのワッチャリ。
うわっ!と思ったけれど、よーく見ると・・・・意外に綺麗じゃない?
人生56年。初めて見るムシでしたので、、、何て言うムシなんだろう?と思った。
ムシは全く興味がないので、調べてみようなんて気にもならないのが常なんですが、今回はとても気になってしまった。

ムシ・・・・って思い浮かんだのが、虫好きのひと。
写真を撮って送ってみたところ、すぐに返信頂きました。

「キバラヘリカメムシ」だそう。

本州に生息している虫らしく、ここ数年の温暖化の影響なのでしょうか?北海道でもこの数年前から生息が確認された虫なんだそう。
よりによってこんな寒いオホーツクまで足を運んできたのね。住めば都なんでしょうか?


ツリバナ、マユミなどの花木を好むそう。
まさに 我が家のマユミの葉に。やっと今年初めて花が咲き実をつけた年だったのす。
このキバラヘリカメムシはまだ幼虫みたいです。

成虫はコレ。

この成虫で見たら、きっとこの虫は何だろう?って思わずにスルーしていたに違いないわ(笑)

まるで工事現場の黄色と黒の注意マークみたいな柄ね。

「ちょっと、気になる・・・」これが、新しい世界を広げるきっかけになるのだそう。

虫の世界への扉を開けた?

いや・・・閉めます(笑)