2018 10月 12日

秋と酪農女性サミット

雨が降っても、割と暖かな秋です。
紅葉は日に日に進み、錦の羽織ものが艶やかに豪華さを増すこの頃。
ゆっくり紅葉を見に歩きたいものです。

庭の秋は「ほおづき」
ひと際、橙色が際立ち存在感を放つ。

ほおづきの皮を剥く。

そして、いたずらしたくなります。

先日、友人宛てに送った荷物の中に、ほおづきを2個いれて、秋の宅配便。

そうしたら、こんな可愛らしい画像のお礼が戻って来ました。

201810011029000

で、真似っこしたくなったのです。

友人はすべてのもを慈しむ心の持ち主。時々自分が恥ずかしくなる時があります。感性の豊かさはたくさんの視点からものを見て感じる、想像する。あらゆる体験を受け入れることが出来る、そんなところから生まれてくるのかもしれません。
そして、意外とチャレンジャー(笑)  けれど「ことば」の選択がとても柔らか。
何だか、別世界のひとのように思えるけれど、不思議な魅力を感じる方。 私と同世代なのに、この心の穏やかさはどこから来るのだろうと思う。私の心の師匠ですね。
ご主人も同様。おふたりにお会いすると、こころが清められる感じがします。
我が精神を清めに、時々お会いしたいほどです。

ひととの出会いってどこにあるかわからないけれど、ひとつ言えるのは、外に出ること。外に出ないと出会いは生まれないということです。
未知のひとに会う、ひとに声をかけるということは、かなりのエネルギーが必要。でもここにエネルギーを注がないと何も始まらないし変われないように思えます。

酪農は365日休業ナシの職業。
でも、ちゃんと外に出て人とのつながりを創っていく方はたくさんいます。そんな人は皆やはり輝いています。
今年も12月に「酪農女性サミット」が開催されます。
誰かと一緒じゃないと参加できない・・・なんて思わなくても、会場に行けば皆友達になれるし、酪農が益々面白くて魅力的な職業だというとわかり、やる気エネルギーを持って帰って来れます。
私、主催者ではありませんが、このサミットとても応援しています。
是非、時間を取って参加して欲しいです。
私、今年は都合が悪く参加できませんが、皆さん是非に!!!

詳しくは酪農女性サミットのFacebookをご覧ください。
今年も内容盛りだくさんのようですよ。昨年とはまた違う新しい企画や女性ならではの気遣いも。なーんて素晴らしいサミットなのでしょう!
私は、はやく開催報告がアップされるのが楽しみでなりません。


天高く馬肥える秋・・・
秋はやはり栗のお菓子。珈琲ロールケーキをモンブラン風に・・・
甘いものが妙に食べたい。