2018 12月 18日

小樽夜散歩

昨晩、夕食後7時頃から、孫の面倒は休みの息子に任せて、ぶらりと夜の小樽運河へ散歩に出かけてみた。
運河までは歩いて20分ほど。 のんびりとちょっと遠回りして小樽の一番の観光所のメルヘン通りを通り抜けて運河に向かった。

午後7時ともなれば、日中あんなに観光客で賑わっている通りも、お店の殆どが灯りを消し閉店してしまっていて、なんとも寂しすぎる街並みに変わってしまっていた。
ひと通りのない通りをぶらり歩きながら、2年前とは少しお店も変わっているところもあり、あ〜このお店のキャッチフレーズがちょっと変わっているなんてことなど、発見しながら楽しんだ。
あの「オイコラ駐車場」の名前は今も健在だったわ(笑)

小樽運河は11月から夜のライトアップが始まっていて、夜10時半までブルーライトのイルミネーションが綺麗というので。
昨日は日中気温が上がって、降り積もった雪もかなり溶けた状態で、少し幻想的な印象からは遠かったけれど、散歩するには暖かくて好都合だった。


写真は携帯撮影のもで、私の一眼からは携帯にデーターを送れないのでご勘弁。

暖かいせいもあってか、夜でも夜景をバックに写真を写す観光客で賑わっていた。
私も一眼を持っていたせいで、立派な一眼を持った海外の観光客に写真を撮って欲しいと頼まれりしたわ。
一時間ほど運河で写真を撮りながらのんびり。21時の気温でもまだプラスの1・6℃と表示されていたほど、暖かった。

さて、帰るにはまだちょっと早いと思い、どこかでワインバーでも寄って、ちょこっと飲んでから帰ろうと思った。
携帯で検索して、帰宅途中にあるワインバーを検索。

「HATAKENONAKA」という、わずか10席ほどの小さなワインバーを見つけた。
小さな路地。看板も良く見えなかったけれど、ガラス越しにワインボトルが並んでいたので、ここかしら?と思い扉を開けた。
あ〜ら、誰もお客さんなし。貸し切り(笑)
いつぞや、すすきので初めてバーデビューしたときも、貸し切りだった。


でも店主はとても気さくで話やすく、笑顔が素敵な31歳 あ〜ら、息子と同じ歳! しかも 名寄出身とあって、ガリンコ号に乗ってカレイ釣りしたことありますよ!などと親近感が湧き、おしゃべりに事欠かなかった。


ワインリストを見て、せっかく小樽に来たのだから、小樽のワインでと、「OSA WINERY」のロゼから
美味しくてビックリです。
自家燻製チーズの盛り合わせを添えて・・・

二杯目、イタリアの赤ワイン。
ボトル注ぎ切りとあって、サービスしますと普段の1・5倍ぐらい量を注いでくれ、お得感いっぱい♪ラッキー♪

毎日でも通いたい居心地の良いお店でした。

お店に入る前は雪も降っていなかったのに、お店を出る頃には、大粒の雪が舞い降り、その中をまたテクテクとほろ酔い気分で、上機嫌で小樽の夜散歩を堪能して帰宅。

大人の夜散歩最高です♪

2018 12月 17日

小樽ちょこっとグルメ

今日は息子が休みで、どこか行きたいところある?と聞かれたので、「なると」の半身揚げが食べてみたいという私の願いを叶えてくれた。
2年前のお産扱いで来たときは、どこへも外食に行かなかったのもあって、今回は絶対に小樽で外食したいと思っていた私。


というわけで、今回、厳選したのは「若鶏時代 なると 本店」で若鶏の半身揚げ定食♪
なんで?若鶏時代?ってわざわざ店名に付けたのだろう?と看板を見て思ったが、特にリサーチすることもなく店内に。
めっちゃ広い店内。席数なんと240席というからすごいです。
開店まもなく入店だったので、1/4も埋まっていない状態。やはり月曜日だからかしら?なんて思っていたけれど、食べて出る頃には、席待ちの人で溢れかえっているほどの人気店。


お店一番人気の「若鶏の半身揚げ定食」¥1,000


鶏皮は薄くパリっパリっ、肉はとても熱々ジューシー、塩加減絶妙♪
そして、油っこさを感じない。
あまりお腹は空いていなかったけれど、あっという間に完食できちゃった。ただね、白米ご飯はかなりレベル低いです。が、鶏肉の美味しさに免除できちゃう。
わざわざココの半身揚げを食べるだけに遠くから来るというのも、納得できる美味しさでしたね。大満足!


テーブルで使うテッシュもお店バージョン!

美味しかった!ご馳走様でした♪


なるとのすぐ近くにあるお寿司店 「伊勢鮨」
ココはミシュランガイドで星ひとつを獲得したお店らしいです。
なんことなく、ただお店の前を通っただけです。ハイ!

次、小樽中央市場
小樽には市場がたくさんあります。10件近くあるのではないでしょうか?
中央市場は小樽駅近くの古〜い市場。
ここに息子の知り合いのフルーツティーが飲めるお店があると連れて行ってくれた。
市場にそんな不釣り合いな?と思ったが、あった!

お魚屋、花屋、惣菜屋、八百屋さんが連なる市場の中に「ティースリー」という紅茶の販売もかなている、ちょこっと足休め的な雰囲気のお店。


大好きなフルーティーのフレスカを飲み、孫は温めのホットミルク。

いつも飲む牛乳は低脂肪の牛乳なので、美味しい!美味しい!って言いながら飲んでいたわ。
お店の方が優しい方で、いろいろとおもちゃを持ってきたりしてくれ、孫はすっかりお気に入りの様子。

この市場には、ところどころにイートインスペース、休憩スペース、子供が退屈しないように塗り絵やちょっとしたおもちゃが用意されているキッズスペースなどがあり、なんとも至れりつくせりで、どのお店の方々も優しいんです。市場全体がなんとなくファミリー的な雰囲気が感じられたのでした。大手スーパーでは味わえない、ほんわかした感じがいいですね〜。

このお店の横に、立ち寄らずにはいられないお店あり。

ショーケースを見ると・・・
「草べこもち」ってあるじゃないですか!
べこもちって大概は黒糖ですから、これは珍しい♪とばかりに買い求めた。

ほんと!純よもぎ!の香りと食感が懐かしさアップ。少々固めでしたが、これまた美味しかったです。

ということで、小樽ちょこっとグルメ終了です!

2018 12月 14日

小樽の雪道事情

ここのところ、毎日雪が降る。
息子の住んでいるところは、全く除雪車が来ない。というか、入れないのかも。
家をはさんで両側に住宅地の道路があるけれど、どちらも住民が手分けして除雪しなくてはならない。

住宅の前の駐車スペースは共同スペースで、若者は息子夫婦だけとあって、やはり若者が率先して除雪しなくてはね。
息子が仕事にでかけている間は、私の仕事。

孫のお昼寝を10分で寝かせつけ、寝ている間に除雪に精を出す。
僅かな積雪でも雪が重く、すぐにひと汗かいてしまう。3食昼寝付きではないけれど、雪かきぐらいしないと体が訛って、帰宅後の牛舎作業が堪えそうなのでマメに除雪。


自宅近くの下り坂、全く除雪車が走った形跡がなく、圧雪された路面は日が射せばツルツル路面で恐ろしく、しかも踏切もある。歩くのにも一苦労する嫌な道なのです。FF・FR車は小樽の冬は走れませんね。
右側画像。近くの病院に繋がる車の往来の多い道路でさえ、路肩に雪山がないことから、多分除雪車が走っていないと思う。

小樽は除雪事情が非常に悪いとのこと。紋別なら僅かな積雪でもマメに除雪車が走り、道がいつもキレイだということを改めて実感した次第。

まだまだ本格的な雪はこれから。。。。ドカ雪の日にはお手上げしそうです。
これからの長い冬を想像すると、こんなところには、住みたくないわとつくづく思ったのでした。

2018 12月 09日

女児誕生


12月5日午前2時半 女の子誕生です。
ずーっと田村家は男系だったので、次男夫婦に次、二人目の女の子の誕生とあって、さらに嬉しく明るい♪

名前は「梓」
上の子の「樹」の木へんと一字に合わせてとのこと。

生まれたときは上の子そっくり!と思ったけれど、日に日に女の子らしい顔つきに変わってきたように思う。

入院中、初の妹との対面。
可愛い♪と言いながら、顔を覗き込み、妹に触る仕草がお加減なし(笑)

今日、お昼には母子ともに退院。
留守中は結構お利口さんにしていたけれど、お母さんが帰ってきたことで一気に赤ちゃん帰り?
ベビーベッドを占領、お母さんに甘え放題(致し方がないけれど)、産後なのに、なかなかゆっくり横になることもままならない。
何と言っても赤ちゃんのベビーベッドには、スキあらば、上がり込むわ、赤ちゃんへの加減がわからないので、危険極まりなく、目が離せない。
お母さんも私も、警戒心ビリビリです。
それは、上の子のストレスにも繋がり、悩ましいところです。
ふたり一緒に泣き出すと、お母さんは寝てられなくて可愛そう。


ともあれ、そんな状況の中でも、たくましくふたりともこれから育っていくことを願いながら、あと2週間の滞在を楽しんでいこうと思う。

どの子を見ても、子供は天使ね。

仔牛もこれぐらい愛情をもって育てれば、もっといい牛になるのかしらね(笑)
仔牛はひと月に何頭も生まれるので、なんだか愛情とか言う前に、流れ作業の一環でしかないところが多分にあるわ〜。
牛舎を留守にしてはや一週間。哺乳仔牛は元気にしているかしら?と脳裏をかすめるけれど、とりあえず生きていてと思うしかない。

数日前、一気に小樽も雪が積もり、真冬に景色が変わってしまった。
道路が狭いうえ、坂道が多い小樽。車移動は難儀する。
それ以上に、手作業の除雪が大変。
家では重機で除雪、手かき作業なんて、ほんと建物のでは入り口をかく程度なので、ママさんダンプで数時間も雪かきしなくてはならないなんて重労働ですわ。 滞在中、雪降らないで欲しいと思うものの、オホーツク海側よりは、日本海側の方が積雪量は多いのは確実。諦めるしかないわね。

2018 12月 06日

小樽へ

長男夫婦に第2子が産まれるため、3日午後より小樽に上の子の面倒を見に走った。
予定日は9日ですが、二人目とあって早く産まれる可能性と、ほとんど接したことがない孫との関係を築くためにめと一週間の余裕を持っての日程だった。

夕方到着。お嫁ちゃんのご実家のお父さんも見えて、一緒に夕食を囲んだけれど、孫は流石に「誰?この人?」みたいに私の後ろを遠巻きにスルー。(笑)
まっ、最初はこんなものだわね~と。

翌日お昼過ぎ、お印が、、、と急きょ病院へ、そしてそのまま入院。
助産師さん曰く、産まれるのは明日になりますからと言われ、孫を連れて帰宅。
いきなり、孫と二人きりの現実。息子は仕事のため深夜まで帰ってこない状況。
どんなことになるやらと思っていたけれど、私の心配をよそに、母親を探してぐずることもなく、お風呂も私との初体験も見事クリア♪
問題は、寝かしつけだわと思っていたけれど、多少泣かれたけど想定内の範囲。無事に一日目終了でホッと一息ついてた。

夜中に息子が帰宅し、深夜2時過ぎ産まれそうだと病院から連絡が入る。
孫が寝ているので私は自宅待機。間もなく無事女児誕生の連絡が入った♪
まぁ~なんて、良いタイミングでお産扱いに来たわ!と思った。
お産の翌日は母子の体調を管理するため、面会は出来ないとの事で、自宅周りを散歩。
ところが、暫く歩くと、、、

突然、歩道の真ん中でしゃがみこみ、自力歩行のストライキモード全開!

いくら先に歩き始めてもピクリともしない。
根負け(笑)抱っこして散歩続行。
体重12キロは流石に重い。結局、散歩コースの2/3は抱っこ。ばぁばは疲れました。

母親の姿が見えない丸一日をなんとか過ごした。
夜の寝かしつけは父親!と思っていたのに、父親と寝るのを全否定。孫が私の手を引っ張り一緒に寝ようと誘ったのには、驚いた。その甲斐あってあっさり寝付いてしまった♪

孫はたった一日で父親よりもばぁばを選択したのかと思うと、素直に喜ぶべきかちょっと戸惑うけど、取り敢えず、「よっしゃー」だわ。ばぁば冥利に尽きますね!

食欲旺盛なので、食べさすことは問題なし。

日曜日の午前中には退院予定。何とか乗り越えられそう。

小樽は時々雪が舞いますが、積雪は無し。

留守を守っているしゃちょーと息子からは、何のトラブルの報告もないので、順調なのかも。