2018 12月 25日

クリスマスイブ

3週間滞在した小樽を後にした。
小樽は晴れ間が見えたもののずーっと道中雪降り。
岩見沢辺りからは流石に雪も大降り。
けれど、浮島峠を下り始めると、急に雪が少なくなった。
予想以上に少ない雪に安堵したわ。

夕方帰宅すると、3歳の孫が大喜びで一番に出迎えてくれた。あっちにもこっちにも孫がいる幸せを感じた。
開口一番に「夜、クリスマスパーティをするから、ママとケーキ作ったよ」と報告

しかし・・・
肝心のママさんは午後から体調不良で熱が出ている中、無理してケーキを作ってくれていたらしいけれど、
10カ月になる赤ちゃんも発熱しているらしく。。。ふたりともダウンして寝込んでしまっていた。
どうやら、インフルエンザ。

というわけで、息子を牛舎作業を休ませて、孫が楽しみにしているクリスマスパーティの料理の準備してもらう。
私は息子に代わって、搾乳も哺乳も浦島太郎状態でしたが、口頭で引継ぎ急いで作業に取り掛かる。
息子の料理の腕前は凄くて、手早いのでお任せ、そうすることで何もかも順調に事が進むのです。 スゴイでしょ(笑)

しゃちょーとふたり牛舎作業を急いで終わらせ家に上がると、パーティーの準備がほぼ整っていた。

カーテンにはクリスマスの飾りつけも♪

テーブルには2時間で、こんなに準備したものだと思うほどのお料理が。



3歳の孫が生クリームをホイップしたのだとかで、本人曰く、混ぜるのに時間が掛かってしまったから固くなっちゃった!というの、びっくりね(笑)
でも、イチゴがたっぷり使われていてとっても美味しそうです。


スパークリングワインで乾杯。私は二夜連続のクリスマス料理。それもなにひとつ被っている料理ナシ。凄いわ~


しゃちょーと孫の掛け合いは実に面白い。

孫はサンタさんにプレゼントのお願いをしたそうだ。

この青い靴下に入れてもらうんだ!って
この靴下の中には、プレゼントをもらうために、サンタさんへ、お礼にお菓子を入れて置くんだって
どんなお菓子を入れて置くの?と尋ねると・・・・「おせんべい!」と張り切って教えてくれたわ。 なーんて可愛い!

楽しい、クリスマスパーティが終わり、孫は明日の朝のサンタさんが届けてくれるだろうプレゼントにワクワクしながら就寝。
就寝後、パパはプレゼントの設営に取り掛かる。

ちゃんと、サンタさんがお礼のおせんべいをあたかも食べたかのように、プレゼントの前におせんべいの空き袋も置いておくという演出も欠かさない(笑)

ふたりのいないクリスマスパーティーはとても寂しく残念だったけれど、孫は楽しめたみたい。

翌朝、サンタさんが持ってきてくれたプレゼントを見せてくれた。
サンタさん お菓子食べてくれたみたい?って尋ねると、目をキラキラさせながら、ちゃんと食べてくれたよ!おせんべいの袋があったもん♪って

ずーっと、サンタさん信じて欲しいなぁ~。