2019 1月 14日

さぶっ!

いよいよ大寒が近づいて来ているだけあり、極寒の日々が続いています。
旭川の江丹別ではマイナス29.8℃だったようで今季最低気温を記録。
ココはそれほどではありませんが、15~20℃ぐらいでしょうか。
網走でも例年より早く流氷初日を迎えました。


頭が痛くなるほどの寒さ。
外仕事が辛いですね。
それでも、今のところは積雪も少なくてトータル30cm位。
住宅前の国道はアスファルトが見えていてとっても走りやすい♪
まだ一度にまとまった大雪もなく、暴風雪もなく、寒さ以外はとっても穏やかな冬が経過中。

今日は成人式ですね。
未だに成人の日は15日という固定観念が抜けません。
20歳の成人 一つの人生の大きな節目ですが、20歳を迎えた自分は何も考えていませんでした。
大人になった抱負とか大人になった将来の展望とか何も考えもしなかったし、
ただただ成人式に振袖を来て出席することだけしか考えていなかったように思う。
選挙権が貰え、飲酒が大手を振って出来る、犯罪を犯したとき少年Aから実名で報道されてしまう・・・という程度の認識しかなかったかも知れません。

自分の中で大人という重さを感じた時は、第一子が生まれた時。
この子を育てていなかくなてはならない、死なせてはならないという大きな責任を感じたのです。
以降、子供に対して大人として親としての精神的・経済的な心つもり、腹くくり・・・と自分以外のために考え行動しなくてはならない状況が次から次へと押し寄せてくる。
そんな状況に対処していけることが、大人になるという事なのかもしれません。
人生尽きるまで一生大人修業ですね。

な~んて、成人式のニュースを見て改めて思ったことでした。
もうじき3度目の成人式を迎える日も近い。どれだけ修業してきたのか自分に改めて問い直す、成人の日。
最初の成人の日には戻りたくはないですね(笑)

連日極寒の中、分娩ラッシュのスタートを切りました。
仔牛を死なせてはならないという畜主の使命感で、頑張って行こうと思う。

2019 1月 06日

牛サービス

搾乳作業が二人でやれる様になったので、搾乳中随分と時間に余裕が出来た。
という事で、ただボーっと搾乳が終わるのを待つのでは勿体ないので、、、
足洗いと乳房の毛刈りを実施中。
足洗いは毎日搾乳のたびに、乳房の毛刈りは毛の伸び具合で順次。


足洗いサービス。
温水でかけ流し洗い。搾乳を終えて退出するころには、まぁ~綺麗な御足だこと♪と思うが、次の搾乳時には、かなり汚れて入ってくる。特に発情牛がいる時は、歩き回る時間が長いのと他の牛に乗ったり乗られたりするので、酷く汚れる。
発情牛が数頭いる日は、がっかりするほど汚ない。
毎回この繰り返しだけれど、冬場は我が家ではフットバスで蹄浴が出来ないため、蹄病予防や乳房炎予防にと頑張ってみている。
初産2産グループは若いのもあって蹄も小さく、爪の表皮もツルっとしているせい?脚の毛もキューティクルが整っているのか?汚れも落ちやすい。
3産目以上のグループは、簡単に汚れが落ちない感じがする。 


冬場になると乳頭周りの毛も伸びるのが早いので、毎回搾乳時、小さなバリカンをポケットに入れておいて、伸びた牛を見つけては刈っている。
最初はミルカーを装着するために乳頭の周りだけを刈っていたけれど、最近は少しずつ乳房全体も時間の許す限り刈り始めた。
時間がないのでマダラ刈り(笑)
それでも、毛で白っぽかった乳房がピンク色に見え、健康的に見える。
乳房全体を毛刈りすると、汚れも付きにくくなるし、搾乳のモチベーションも上がる。
以前は乳頭周りは毛焼き処理していたけれど、やはりバリカンで刈る方が毛も短くなるし、毛が焼ける匂いもないしスッキリ綺麗。牛も熱い思いしなくていいわ。

僅か100頭弱の牛を二人で搾乳するなんて勿体ないと思っていたけれど、牛にとっては良いことずくしかも知れない。

2019 1月 04日

初スィーツ

何となくお正月気分が、気力をなくしてしまう。
のんびりという気持ちが怠惰に移行してしまって、気持ちも身体も怠さが襲う。
こんなことでは、時間が勿体ないと思い立ち、来週の来客のために新しいお菓子を用意しようとレシピを探していると
面白いお菓子が目に入った。
家に常備されている材料ばかりだったので、早速、取り掛かることに。

「蜂蜜かすてらプリンケーキ」
文字通り、プリンの上にカステラがのっているの。
別々に作るのではなくていっぺんに焼くのです。


プリン液の上にカステラの生地を浮かべて、湯煎焼きすること30分。
簡単、見栄え良し♪
お味は。。。特別美味しいってこともなく、想像の範疇ですね。
プリンの味を変えたり、トッピングしたりすると楽しいかも。

若夫婦たちは、今、ふんだんにある牛乳でヨーグルト作りに試行錯誤しています。
牛乳を低温殺菌する手間も厭わないところが、私とは大違いだわ(笑)
低温殺菌するというところで私は挫折する。
どんどん何にでも挑戦して欲しいわ。
チーズ作りまで発展していくといいなぁ。

2019 1月 03日

イノシシ顔?

昨年、最終の分娩があったのは12月24日の早朝 初産牛で生まれてきたのは♀。
クリスマスイブに生まれて来た仔牛は、白っくって可愛い。
しかも、個体識別番号の拡大4桁が「2224」
「1224」ならピッタリだったのにとちょっと惜しいと思いながらも、そこそこピッタリな数字にちょっと嬉しい偶然性を感じた。


もちろん、名前も「イブ」ちゃんと付けてみた。
因みに「1224」番の牛を探して見たら、H21年8月4日に生まれた♂だった。もうとっくにこの世には存在していなくて、H23年3月には屠畜され、たくさんの人の胃袋に納まったことでしょう。

イブちゃんが気に入って、数枚写真を撮った中に・・・・

今年の干支のイノシシ顔に写っていたものがあった。
ちょっと不機嫌そうな表情なのですが、イノシシ顔に見えるのは、私のよく目でしょうかね。

今年の年末年始は分娩もなく、従って産後のトラブルの診療もなく気楽な時間を過ごさせてもらっている。しかもお天気も穏やかで除雪もしなくていいなんて、本当に嬉しい。
31年最初の分娩予定日が10日。まだ1週間お正月休みです。
10日・・・新年会が夜にあるので、出かけ間際は避けて欲しいと願うばかりです。
10日以降2月いっぱいまでは、我が家にとっては分娩ラッシュ。寒さの厳しい時期に分娩ラッシュが重なり、今から顔が青くなりそうですが、ゆっくりさせてもらった分、頑張らなければならないと気合入れて行きます。

それにしても、今のところ雪が少ないです。
そのうち ドカンと降って、結局は例年並みの積雪量になるのでしょうが、それでも、雪が少ないことを期待せずにはいられませんね。

2019 1月 01日

平成31年元日


新年あけましておめでとうございます
平成最後のお正月
「平成」の名にふさわしくとても暖かく穏やかな天候のなか、新年を迎えられました。

何事もなく初仕事を済ませ、おせち料理をテーブルに並べ、囲むテーブルに家族が増えていることの幸せを感じた朝。
新しく年号が変わる年とあって、何か平成の内に佳きことがひとつでもたくさんあるようにと神棚、仏壇に手を合わせました。

また、一年起こりくる色々な荒波を賢く乗りこなし、知恵と経験を積み重ねていきたいと思います。

今年もたくさんの皆様にお世話になりますが、どうぞ宜しくお願いします。

皆々様も 平成に残す良き思い出が出来ますように。。。

年末に頂いた、和紙で出来た招き猫
とても可愛らしくて縁起が良さそうです。
二匹の猫がしっかりタッグを組んで、それぞれの猫が右手(金運)と左手(人を招く)を挙げているの。
招き猫の日は9月29日 9は来る、29は福を意味するそう。
29は福なんだ!私の誕生日は29日しかも自称「福社長」 ちょっと縁起良すぎかしら?と元旦から幸せ気分いっぱいのスタートとなりました。めでたいひとです(笑)