2019 1月 03日

イノシシ顔?

昨年、最終の分娩があったのは12月24日の早朝 初産牛で生まれてきたのは♀。
クリスマスイブに生まれて来た仔牛は、白っくって可愛い。
しかも、個体識別番号の拡大4桁が「2224」
「1224」ならピッタリだったのにとちょっと惜しいと思いながらも、そこそこピッタリな数字にちょっと嬉しい偶然性を感じた。


もちろん、名前も「イブ」ちゃんと付けてみた。
因みに「1224」番の牛を探して見たら、H21年8月4日に生まれた♂だった。もうとっくにこの世には存在していなくて、H23年3月には屠畜され、たくさんの人の胃袋に納まったことでしょう。

イブちゃんが気に入って、数枚写真を撮った中に・・・・

今年の干支のイノシシ顔に写っていたものがあった。
ちょっと不機嫌そうな表情なのですが、イノシシ顔に見えるのは、私のよく目でしょうかね。

今年の年末年始は分娩もなく、従って産後のトラブルの診療もなく気楽な時間を過ごさせてもらっている。しかもお天気も穏やかで除雪もしなくていいなんて、本当に嬉しい。
31年最初の分娩予定日が10日。まだ1週間お正月休みです。
10日・・・新年会が夜にあるので、出かけ間際は避けて欲しいと願うばかりです。
10日以降2月いっぱいまでは、我が家にとっては分娩ラッシュ。寒さの厳しい時期に分娩ラッシュが重なり、今から顔が青くなりそうですが、ゆっくりさせてもらった分、頑張らなければならないと気合入れて行きます。

それにしても、今のところ雪が少ないです。
そのうち ドカンと降って、結局は例年並みの積雪量になるのでしょうが、それでも、雪が少ないことを期待せずにはいられませんね。