2019 1月 06日

牛サービス

搾乳作業が二人でやれる様になったので、搾乳中随分と時間に余裕が出来た。
という事で、ただボーっと搾乳が終わるのを待つのでは勿体ないので、、、
足洗いと乳房の毛刈りを実施中。
足洗いは毎日搾乳のたびに、乳房の毛刈りは毛の伸び具合で順次。


足洗いサービス。
温水でかけ流し洗い。搾乳を終えて退出するころには、まぁ~綺麗な御足だこと♪と思うが、次の搾乳時には、かなり汚れて入ってくる。特に発情牛がいる時は、歩き回る時間が長いのと他の牛に乗ったり乗られたりするので、酷く汚れる。
発情牛が数頭いる日は、がっかりするほど汚ない。
毎回この繰り返しだけれど、冬場は我が家ではフットバスで蹄浴が出来ないため、蹄病予防や乳房炎予防にと頑張ってみている。
初産2産グループは若いのもあって蹄も小さく、爪の表皮もツルっとしているせい?脚の毛もキューティクルが整っているのか?汚れも落ちやすい。
3産目以上のグループは、簡単に汚れが落ちない感じがする。 


冬場になると乳頭周りの毛も伸びるのが早いので、毎回搾乳時、小さなバリカンをポケットに入れておいて、伸びた牛を見つけては刈っている。
最初はミルカーを装着するために乳頭の周りだけを刈っていたけれど、最近は少しずつ乳房全体も時間の許す限り刈り始めた。
時間がないのでマダラ刈り(笑)
それでも、毛で白っぽかった乳房がピンク色に見え、健康的に見える。
乳房全体を毛刈りすると、汚れも付きにくくなるし、搾乳のモチベーションも上がる。
以前は乳頭周りは毛焼き処理していたけれど、やはりバリカンで刈る方が毛も短くなるし、毛が焼ける匂いもないしスッキリ綺麗。牛も熱い思いしなくていいわ。

僅か100頭弱の牛を二人で搾乳するなんて勿体ないと思っていたけれど、牛にとっては良いことずくしかも知れない。