2019 3月 09日

ドッキリ!

2月下旬、JAから連絡が入った。

2月に行われたバルクのスクリーニング検査において、「マイコプラズマが検出された!」と・・・
まさかの連絡に青くなった。
今まで一度も経験したことない事実だった。
マイコプラズマの菌種の特定にまだ時間がかかるとのことでしたが、感染性の高い菌種ではないことを祈りつつ詳細な検査結果が出るのを待った。
連絡をもらったときは、乳房炎治療をしていたのは1頭のみ。もちろんスクリーニング検査が入った時はその個体の牛乳はバルクには入っていなかった。
他の牛には顕著な乳房炎の牛はいないと思っていたので、正直驚いた。
でも、バルク乳で出たからには牛群に感染牛がいるはず?

数日後、菌種の結果が来た。
幸いにも感染力の強いボビス、カルフォニカム、ボビジェニタリウムではなく、その他の菌種という結果が出た。ホッと安堵した。
ということで、再度翌週にバルク乳の再検査。
そうしたら、今度はマイコプラズマ検出されずとの連絡が入った。
やれやれ・・・・ホントビックリさせられました。
2度目の検査で陽性と判断されたときは全頭の個乳検査の実施をし、感染牛の特定と治療、最悪の場合は淘汰をしなくてはならなかった。治療不可能な淘汰牛が多い場合は経営に大きな打撃を受けることなる。
不幸中の幸いという結果で本当に良かった。
が、今後も注視していかなくてはならない。

マイコプラズマは通常の乳房炎菌検査では発見できず、菌なしという報告がされることが多いとのこと。重度な乳房炎が続発して、乳房炎軟膏での治療も効果が表れないといきはマイコプラズマを疑ってみる方が良いとのことです。
感染力の強いマイコプラズマは早期発見と対処が必要とされてる病原菌。
牛群を守るうえでも迅速な対応が・・・・とはいえ検査結果が出るまでには結構日数がかかるので、畜主の最悪の場合を想定した対処が必要のようです。

でも、我が家には隔離する場所がないのが現実。
なかなか難しい問題ですね。