2019 6月 04日

cafe karsui

滝上町に小さなカフェが4月からオープンしてます。
「KARSUI」
毎週火曜日と水曜日のみの営業 だから「かーすい」なんですって
実にわかりやすい♪

このお店のオーナーは、滝上町「井上牧場」さんの二女・三女さんの姉妹。
そうです、以前にブログにも記載したことがある、過疎地をどう盛り上げていくか?を考えて、色々なイベントの企画をし、過疎地の魅力を発信している素敵な姉妹なんです。そんな彼女たちが次に起こしたのが、閉店した喫茶店でカフェ営業。

店内は窓側のカウンター3席とテーブルも椅子もすべて様々な10席ほどのユニークなアンティーク調の小さなお店。

ランチメニューは週替わりのワンメニュー。他にドリンク類とスコーンなどの焼き菓子がある。井上牧場さんの牛乳もあるんです。

今週はきのことベーコンのバター醤油パスタ。
具だくさんのミルクスープ付き。
今日はお客さんも少なくて、ゆっくり姉妹とお話しながら楽しめた♪
ほどなく、私と同じ町内の友人もひょっこり現れ、益々楽しいランチタイム。

ふたりで背伸びしない感じの雰囲気がとってもいいの。

姉(二女)のみなみちゃん、8月に出産を控えながらも、スケジュールがいっぱいだそう。

妹(三女)のあみちゃん、イラストレーター?ほのぼのとした画風がほっこりします。新しい事業の名刺も彼女にお願いして作ってもらったの。

このカフェの目指すところは、このお店を色々な人とシェアしながら営業して行きたいとのこと。週2日しか営業していないので、空きの日に色々な形でこのお店を使ってくれたら、人とのつながりも広がり面白くなるのでは?と。何だかそんなお話を聞くと、私までワクワクする気分になります。
そんな一つのお店を日にちや時間でシェアするお店が新しい営業スタイルとして、増えて来ていますよね。
出来ることなら、私も便乗したい気持ちでいっぱいだわ。

お店で出されるお菓子も、彼女たちが作ったものではなくて、お菓子作りが好きなひとや小さなお店を営業しているひとのお菓子にひと手間添えて提供しているし、コーヒー豆も自分たちで焙煎するのではなくて、ひととのつながりから見つけた美味しい豆を提供。
ここの水出しアイスコーヒーは、一見、薄く見えるのだけど、飲んでビックリ。
しっかりとした味で実に美味しいの。濃いだけがアイスコーヒーじゃないって思い知らさせたわ。

久しぶりに、新しい刺激を得たランチタイムとなった。

ひとの色々な思いを聴くって、ホント、刺激になり新しい想像が生まれます。

これからも、ひょっこり、お邪魔します。
美味しかったぁ~ ごちそう様でした。 ありがとう♪

KARSUIの詳しい情報は、ココで確認してくださいね。

2019 6月 03日

運動会

四男の中学校の運動会以来、もう10年以上ぶりに運動会というものを見に行ってきた。孫が保育所に入所し初めての運動会。
ココの地域は保育所の園児も小学校の児童も少ないため、合同で行われる。
少々風が強いものの暖かく絶好の運動会日和に恵まれた。

保育所の園児たちは皆、黄色のお揃いTシャツに帽子。広いグランドに良く映えて可愛らしい♪

ダンスが好きな孫は「もりもりロックンロール」というダンスを毎日の様に家で練習していた。練習中もばぁーばに一緒に踊ろう!って強制練習させられる(笑)

ミニオンに扮して、カート競争。真剣そのもの。

プログラムを見ると、祖父母の団体競技がひとつ。私たちの出番です!
が。。。。。「ご長寿玉入れ」とある。ご長寿????
この単語に酷くひっかる。確かにね、孫から見ればおじいちゃん、おばあちゃんですが、50代半ばにして、「ご長寿」と言われちゃ~かなり憤慨しちゃう(笑)

ご長寿の年代層も幅広いなか、しゃちょーと紅白に分かれて頑張りました!
結果、見た目ご長寿層が上の方が多いとみられるしゃちょーチームが勝っちゃった!何故なんだろう???と若干若めの私たちチームの女性陣はブツブツ呟きながらも、勝っても負けても同じ商品(テッシュひと箱)抱えてニンマリと席に戻った。楽しかった♪

親子競技。車に乗せた我が子を引っ張り爆走!土煙が立ち上り、子供は大変そうです。途中、札を引いて借り物をしてゴールに向かうのですが、息子が引いたカードは「赤い服を着ているひと」とあり、しゃちょーが、まさかのマッチング。

のんびりと下の孫を抱いて観戦していたのに、急きょ出動!
たむら家、大いに盛り上がる(笑)

競技は午前中で終了。お弁当を囲む時間がないのは寂しいけれど、久しぶりに楽しい運動会だった。