2019 7月 31日

花火

暑さが続いている。もはや本州も北海道も大差はないほど。
そもそも、北国の人々は汗腺が少ないので、暑さに弱いのです。
北国は北国の生活とそれに似合う身体が備わっているのに、連日真夏日を更新するような暑さは、ちょっと辛すぎますね。

そんな中、夏祭りも各地で、盛大に行われている。
夏祭りと言えば、花火大会。
夏の夜空を彩る花火は、年々豪華さを増し煌びやか。
もう、何年も花火大会を目にすることがないですが、長岡の花火は一度見てみたいと思う。

夜空に上がる花火はほんの一瞬の華やかさと儚さ・・・瞳に映る光はいつまでも 身体の奥にまで響く太く深い打ち上げの振動共に、思い出に残りますね。 

野に咲く花火見つけました。

北海道の道を走ると、どこにでも目にする巨大な植物。「エゾニュウ」
その存在感は突出している。
遠目には決して美しいとは言い難いけれど、実はとても綺麗。まるで花火の様なのです。

とっても綺麗。草姿とはかけ離れた小さな可憐な小花の毬が、放射線状に広がって咲くその様は、まさに花火。

そして、エゾニュウの他にも花火のような植物、「ノラニンジン」
丁度今頃が見頃。群をなして咲く様子はとても可憐。

打ち上げ花火みたいね。

花が終わると、広がった花の茎が真ん中に集まる姿も、素敵。

名も判らない道端に咲いていた、小さな花火。
まるで、線香花火みたいでしょ。

野に咲く花火も、心豊かにしてくれます。

暑さを忘れて、小さな花の美しさに魅了される時間も夏の楽しみのひとつです。

2019 7月 28日

たけのこ

雨不足が続いていた。
やっとまとまった雨が先週降り、気温も上昇。

すると、それまで足踏みしていたデントコーンの成長が一気に進み
日に日に草丈が伸びているのがわかるほど。
まるで筍のごとく。

すっかり例年並みの生育になった!穂も出そろい、これで収穫量が決まった感じ。まずまずですね。一番草の収量が少なかった分カバー出来そうです。

後は、台風などで倒伏しなければ、ばんばんざーい!

ですが、今年は熊の出没が半端ないそうで、我が地域の小さい街中にも熊の出没が頻繁で、警察の巡回が慌ただしいです。
小学校の向かいに我が家のデントコーン畑があるのですが、そこに熊の捕獲檻を設置したとか?全く物騒な話です。ひとに被害が及ばないうちに捕獲されるといいのですが。
熊もこれからが、たくわえに忙しい時期。
住民を守るためにも市街地近くの圃場にデントコーンを植えれなくなってしまうかも。共存は難しいですね。

それにしても、高温多湿でひとも牛もつらい。

2019 7月 25日

オホーツク網走より酪農女性

昨日、網走・東藻琴から酪農女性、JA、普及センターの方々が視察に来られた。
今年2月、網走で普及センターが企画する「次世代を担う女性農業者の活躍サポート事業」として酪農女性を対象とした酪農基礎講座があり、その中で私がお話させて頂く機会があった。その時に視察に行ってみたいという声が上がってはいたのですが、本当に来ちゃったわ。
百聞は一見に如かず、実際に見てもらえば、その時話した内容が少しでも理解して頂ければと思った。

日ごろから熱心な酪農女性ばかりとあって、視察準備も一層念入りに?進めてきた。初めて大勢の視察を受け入れる体験をした息子は、私からの準備の要望の多さに困惑ぎみ?だったような・・・でも、これがたむら牧場スタイル!

質問はもとより、写真やメモを取ったりと本当に皆さん熱心。
に比べ、しゃちょーのラフ過ぎる格好が少々気になりすが。。。(笑)

夕方の作業時間までに帰らなくてはならないというので、滞在時間はわずかに2時間。一時間を施設見学、残り1時間でランチタイム。
15人分とあって、バタバタと慌ただしくゆっくり話も出来なかったけれど、その分お話好きのしゃちょーがカバーしてくれたはず。

ほとんどの女性が酪農が好きで嫁いで来たわけではないなか、こうして一生懸命に勉強して、見て体験して自分のスキルアップと経営向上を目指す姿はなんて素晴らしいんだろうって思う。みんなエライわ! 殿方、奥さん大事にしてね!ってつくづく思う!
私は何か後押し出来ただろうか?などとちょっと年寄りめいた思いが募った。

お花も満開
それ以上のみんなのいい笑顔♪

楽しかったね、また 頑張れるね!

たくさんのお土産ありがとー♪♪♪

2019 7月 19日

乳頭コブ

昨年8月のブログに乳頭に出来たコブの話題を記載した。
あれからおよそ一年が経過。
もう、乳頭コブの牛は乾乳になっていて、そもそもそんな牛がいたことも記憶に残っていなかった。

ところが、乾乳期間が終え分娩。搾乳再開となりパーラーに入ってきて、あのコブ牛だという事が一目瞭然確認出来た。
正直、これ・・・搾れるのか?という印象だった。

昨年ブログに記載したころのコブは

こんな感じのまだ可愛いものだった。

けれど、徐々に成長していっているのを感じていて、乾乳になるころには結構、育だったなぁ~という印象だった。

ところが、分娩後の乳頭を見ると・・・

コブはさらに成長して酷く硬くなり、しかも表面に数個の孫コブまで増殖!
矢印の先に乳頭口があるのですが、ミルカーをかけてもコブが邪魔をして4本同時には終わらず、結局、搾乳が終わるまで1本だけで搾らなくてはならない状態。とっても厄介。でも、まだ2産目始まったばかり。コブを切除するにもちょっと無理そうだし・・・・参ったわ。

乳頭イボ牛は結構見るけれど、こんな乳頭コブは過去には一頭も見たことがなかった。

さてさて、どこまで成長を続けるのでしょう。取り合えずミルカーで搾れるうちは搾るしかないかな。。。。

2019 7月 18日

ガーデン2019

今年は相変わらずの雨不足が続いています。
まとまった雨がない。けれど、日差しが強い夏本番という日照りもなく、ある意味とても快適な夏が経過中。
雨水頼りのガーデンはちょっと厳しい状態にあるけれど、日差しが強くない分、まだ元気に咲いている、でも開花期間はちょっと短い感じがする。

コンテナガーデンは、雨が降らない分、花弁が痛まないのもあって、例年以上に綺麗に咲いています(プランターはマメに散水しているので)花姿もまとまり、今が一番綺麗な時期かも知れません。

今日もドンヨリ雲が広がっていますが、気温は結構高くて蒸し暑くさえ感じるけれど、燦々と照り付ける日差しがないのは、庭の管理作業するには楽ちん。

2番草の切り込み作業も、はや来週から始まりそうとかで、一息ついたのもつかの間の気分です。

新米息子は2番草から自走ハーベスターのオペレーターとしてデビューするらしく、今日はベテラン教官?に操作特訓を受けていたみたいですが。
どうなるやらね~。