2019 8月 29日

巻き毛

8月も残り僅かですね
8月に入って、晴れた日はきっと1週間ぐらいだと思う。
それ以外はずっと曇りや雨ばかり。随分と長い雨休みが続いている。
2番草の収穫は2日と続く晴れの日がないので、全く持って進んでいない。
我が家は2番草は青田ですべて今年は売ることにしてしまったので、我が家の収穫作業はないものの、さすがに刈り遅れている草地を見るに忍びない。
一日半あった晴れ間、2番草の切り込みをしているところがありましたが、傾斜面はダンプが登れなかったり、ぬかるみにハマったりと難儀してるようでした。
草地もタイヤ痕で傷んでしまうのもあれど、止む終えず作業しなくてはならないもどかしさがありますね。
何だか、来月10日ごろからデントコーンの収穫をしたいという農家さんもいたりして、気ばかり焦りますが、どうしようもない現実。
きっと、この悪天候が抜けた後は、すっかり秋空が広がることでしょう。
何だか、虚しいわ。

さて、初産牛にとてもきれいな巻き毛のしっぽの牛がいます。

牛の尻尾の毛先も様々で、こんな風に巻き毛になっていることは多いのですが、綺麗な巻き毛になっているのは少ないです。
しかもフリーストールで長いしっぽでありながら汚さずにいる牛は珍しい(我が家ではね)きっとベットで寝るときにきちんと尻尾をお腹の下に巻いて寝ている、お行儀の良い牛なんですね。
お行儀の悪い牛は、横臥しているとき、尻尾を糞尿のある通路に落として糞尿のなかで、ぺちゃぺちゃ・・・遊び、そして振り回す。
よって、汚れた尻尾の糞尿で自分の背中が酷く汚れる。おまけにとなりで寝ている牛もいい迷惑。

ということで、毛先を切ったり、断尾したりして牛体を綺麗に保てるようにしているのですが、このお行儀の良い子は、綺麗なままでいられるので切らずに、ついそのままに。

それでも、搾乳時は邪魔くさいの。
やっぱり短い方がいい。

2019 8月 26日

献血10回記念

紋別には献血ルームがないので、数カ月おきに移動献血車が巡回してくる。
数年前から真面目に献血活動をし始めた。
一番の目的は無料で血液検査のデーターを得られる点。なかなか健康診断に行くというのも未だに足が向かず、献血ならわずか10分程度で社会貢献と自分の健康管理も出来るという手軽さがいい。

そして、今回は晴れて10回目の献血となった。
受付で今日で10回目になりますので、ささやかな記念品が献血後渡されますから。というお言葉を頂いた。
僅か10回ぐらいで記念品が頂けるなんてと驚いてしまった。

立派な箱に入った記念品
さて、なにかしら?と開けてみたら、ガラスのおちょこがひとつ
それも、素敵なおちょこ。

造形作家 多田美波さんの作品
早速調べてみたら受賞多数、全国、海外の美術館で個展開催もされていた方。
現在はすでに亡くなられていますが、そんな素晴らしい作家の作品が頂けたなんてとても嬉しい。喜んだのは、日本酒好きのしゃちょー。きっと今夜はこのおちょこで決まりですね。

その多田美波さんのプロフィールの言葉
「皆が幸せに生きていける世の中である様に少しでも人様の役に立ちたいと思うのは、誰しも同じでしょう。例え何かをしても、本当に人の為になっているという事が、はっきりしないものです。それを見ることが出来る様なものがあれば自分の心も楽しくなり、自信が湧いてくるのでは・・・・とそんなものを作って見たいとおもいました。」

と綴られていました。

自分の出来ることでひとのためになることは、どんなことでもなりうるということなんですね。今自分がしていることは、きっと誰かのためであったり、誰かに喜び、希望に繋がっている。
おちょこであっても、酒のみのしゃちょーにこのおちょこで呑むという幸せを与えてくれたことになるし、私も次の20回目を目指して希望が持てる。
果たして、20回目を迎えることは出来るのかしら?献血にも年齢のタイムリミットありますものね。行けば必ず献血出来るというものでもないし・・・
まずは健康維持です。

2019 8月 25日

乳房炎ワクチン

昨年9月から使用を始めた乳房炎予防ワクチン「スタートバック」
黄色ブドウ球菌や大腸菌による臨床型乳房炎の症状を軽減できるというワクチン。
使用前は随分と大腸菌の乳房炎で廃用に至ってしまった牛がいたことから、ワクチンの実施に踏み切った。
全く乳房炎にならないというのではなく、乳房炎になっても症状が軽く、死廃に至らずに済むということで、一頭に一乳期に3回接種しなくてはならないという、コストも一頭一頭で接種プログラムを組まなくてはならない面もあってかなり手間と面倒くささがあるのですが、1頭でも乳房炎による死廃がなくなれば、その経済効果はものすごく大きいとあって、気合を入れて接種し始めた。

ワクチンプログラムは分娩50日程前に1回目接種(我が家では乾乳時に接種)
分娩前10~14日前に2回目接種
そして分娩後50日に3回目接種
全頭いっぺんに接種出来ないというのが難ですが、仕方がないですね。
初回は私が担当、残り2回はしゃちょーが担当しています。

1年接種を続けた結果、確かに分娩後の乳房炎は激減、大腸菌も減ったものの、この夏はさすがに暑かったせいもあって、餌の品質も低下しその結果牛の体調も思わしくなく、乳房炎多発、しかも治りにくい。。。と搾乳作業はかなり気持ちが滅入る日が続きましたが、やっと治まりつつあります。

費用も掛かりますが、大きな保険とあってもはや使用をやめられないワクチンです。

2019 8月 21日

ステキなことば

ネット上で素敵な言葉を目にしました。
思わず、たくさんの人に知らせたくなりました。

笑えるのは、楽しんでる証拠。
怒るのは、真剣だった証拠。

喧嘩するのは、一緒だった証拠。
つまずくのは、進んでいる証拠。

裏切られるのは、信じていた証拠。
失恋は愛していた証拠。

「疲れた」は、頑張った証拠。
「失敗した」は、挑戦した証拠。

「もう止めようかな」は、
まだ希望を捨てずにいた証拠。

「素直になれない」は、
それだけ愛している証拠。

もう良いは、全然よくない証拠。
大丈夫は、全然大丈夫じゃない証拠。

いつもヘラヘラしてる人は、
過去に何かあった人

よく笑う人は、よく泣いた人
よく大丈夫と言う人は、よく無理をする人

よく強がる人は、よく我慢する人

幸せな人は、幸せを知っているから
優しくなれる。強くなれる。

努力する人は希望を語り、
怠ける人は不満を語る。

泣きたかったら泣けばいい
辛かったら頼ればいい

我慢できなくなったら我慢しなくていい
笑うのが疲れたら無理しなくていい

「明日笑えるかな」
って思うより
「明日少し笑ってみよう」
って思う方が辛くない。

立ち止まることは、
悪いことなんかじゃない。

辛いとき。苦しいとき。

少し休憩して
またもう一度歩きだせばいい。

今、生きていることに少し肩の荷が降りたり、人の歩んできた人生を垣間見ることができ、これからの人との接し方のヒントが秘められているように思えた。

ねっ、アジ。
(長男の飼い猫)

2019 8月 14日

お盆

令和、初のお盆の時期を迎えました。
超大型台風10号の影響が、帰省中の人々を不安の渦に巻き込んでいる様子。
一年に一度、久しぶりに故郷の故郷へ向うことを楽しみにしている家族や親せきの人々の気持ちを台無しにしてしまいそうな、台風。
今回の台風は勢力も強く、しかも速度が遅い。いったいどれほどの被害が襲ってくるのか想像もつきません。
そんな台風の前の穏やかなお盆入りの北海道。
久しぶりの日差しがこんなにも暑かったのか?と思う程、夏の太陽を感じた今日。

午前中にお墓参りを新しい家族と共に済ませ、夏の穏やかな日差しの中、孫の笑顔がはじけた。

お気に入りのラジコンカーを満面の笑みで操作する。
夏の日差しの笑顔にばぁーばも最上の幸せ感じる。

これから台風が来るなんて想像も出来ない一日。
速度が遅いだけに雨量も多く、自然災害は免れないという予測が強い。人々の笑顔を失う事態だけは避けて欲しいと願わずにはいられない。

お盆ですから、ご先祖様、お守り下さい。