2019 10月 22日

即位礼正殿の儀

歴史的行事、令和の天皇即位の儀。
朝から皇居近くで車の炎上事故があったりと騒がしい一日の始まりとなりましたが、粛々と儀式は執り行われたそうですね。
東京は生憎の悪天候の雨。パレード延期して正解でした。
晴天に越したことはないけれど、雨もまた縁起の良いお天気として言い伝えられていることが多いものです。

令和天皇は私たちと年齢が近いことから、とても親しみを感じます。
どんな令和の時代になることでしょう?すべては国民ひとりひとりの気持ちの持ちようが、新しい令和の時代を築いていく要になるのは間違いないです。
諸外国から日本の文化を愛してやまない人たちがたくさんいることに、日本国民が改めて誇りをもって次世代に受け継いでいくことが、大切なのかもしれませんね。


オホーツクは、とっても穏やかな晩秋を迎えています。
牧場の裏山は紅葉が盛りを少し過ぎ、日に日に茶色が色濃くなり始めています。

相次ぐ台風の被害に、心痛みます。
それに比べ、オホーツクは本当に災害の極めて低い地域と言えます。
決して便利とは言えないけれど、充分です。
収穫の秋の北海道後はビートの収穫を残すぐらいでしょうか?

紅葉も野菜も秋の花も、秋色があたたかい。