2019 11月 30日

折り紙講習会

昨日は、JA女性部上渚滑支部の講習会が開かれた。
何と、「折り紙講習会」
折り紙なんて・・・・もう何年も真剣に向き合ったことがない。折ツルぐらいは、本を見なくても折れるけれどね。
今回の講習会はどんなものを折るのか楽しみに参加。

折り紙講師はね、NOSAIの若手獣医師。我がNOSAIに新卒で勤務して6年。
新任当時から知っている息子的な獣医師なんです。その獣医師さんの趣味が「折り紙」だと言うから、びっくりです(笑)

昨日は、さすがに獣医としての勤務の一環としてではなく、私たちのために有休をとって講師を務めてくれたのだと思う。

折り紙にハマったのは小学校4年生の時だそうで、さすがに折り紙では食べて行けないと悟り、獣医師になったそうです。
写真は四羽のツルが円状に繋がっているツルを折って披露してくれている様子。

さて、まず手ならし的な簡単な折り紙から講習スタート
もうじき、お正月。お年玉のポチ袋から


両面に模様が入っている折り紙で折る。これは説明書を見ても簡単に出来て、なかなか可愛い。
皆、お年玉をあげる分だけ、ス、ス、、スィーと折り上げていた。
左が表、右が裏側になります。


次は18枚で同じパーツを折り、クリスマスリースに仕上げる。
これも、単純な折り方なのでらくちんに作業が進む。ここまでは、みんな賑やかに雑談しながら作業を進めて行ったけれど、次の組込みの箱を折る時は、ほぼ無言状態で必死。パーツの折り方も複雑、組み合わせかたもコツがいるようで、なかなか上手く組みあげるのに必死。


ほら、素敵な8角形の組箱の出来上がり。折り紙の組み合わせで表情も様々。

そして、最後!折鶴の箸袋です。お正月のおもてなしにぴったりな作品。
コレを一枚の折り紙から切れ目も入れずに折りあげるのですが、折り方の説明書を見ても行程が、おば様達には全く理解できない。
山折り、谷折りぐらいはわかる!でも何を言わんとしている矢印なのか?図なのか?先生の説明なしには途中で挫折してしまう。
何度も教えてもらいながら、やっと出来た作品。出来た時には、我ながらの達成感に喜びいっぱいなったわ。
講習会場でも3回折って、また帰宅してから復習数回、今までに講習会にいっても復習することなんて全くなかったけれど、今回ばかりは習得したくて努力した。
お陰で、工程表を見なくても折れるまでになったわ。お正月には素敵な折り紙の箸袋で、おせち料理に華を添えたいと思う。

Origamiは既に世界共通語であり、折り紙という日本の伝統合芸技術は今や産業的に広く応用され、その取り組みが世界に広まっているという。
宇宙開発やファッション、人工血管に至るまでと、その展開に驚かされる。
例えば、人工衛星では太陽電池パネルの折りたたみに使われた「ミウラ折り」というのが有名。缶酎ハイのアルミ缶の表面に施されたダイヤカット缶は身近なミウラ折の技術らしいです。ファッション界では三宅一生とのコラボによる折りたたみドレスがデザインされたり。医療分野においても「まなこ折」を応用した人工血管、建築現場でも様々な折り紙の技術が応用され私たちの生活に深く関わっていることなど、合わせて今回の講習会で学びました。

折り紙という日本の伝統工芸、ただ美しいだけではなかったんですね。

折り紙に使われている、和模様の美しさも再発見。

折り紙先生、一日ありがとうございました。

楽しかった!!!